年末調整しないとダメなの?

税金を支払い過ぎないため

サラリーマンやアルバイトは会社から給料をもらうときに同時に税金を徴収されます。なぜかというと、会社はあらかじめ従業員の給料から税金を差し引かないといけない決まりになっているためです。
※これを源泉徴収といいます。源泉徴収については学生がお金を稼いだら?ページ5で説明しています。

また、税金を差し引くときにはおおざっぱな金額が引かれることになります。
※1年間にどれだけ稼ぐか正確にはわからないため、おおざっぱな目安の税金額が引かれることになる。

そして従業員から「おおざっぱ」に引いていた税金については、年末最後の給料をわたすときに正しい税金額を会社が計算して、余計に引いていたぶんを返してくれることになっています(これを年末調整といいます)。
※逆に少ない場合には徴収されることもあります。

以上のように、正しい金額の税金を納めるために年末調整が必要になるんです。
←前のページ

年末調整ってなに?

次のページ→

年末調整をやらないとどうなる?

2 / 11ページ中

■保険や年金などのテキスト一覧■