育児や介護をしながら仕事をつづける方を支援!両立支援制度とは?

2021.10.11 更新
仕事と家庭の両立を支援してくれる
育児や介護をしながら仕事をつづけるのは簡単ではありません。仕事をやめてしまう方も多くいます。しかし、国は何も対応していないわけではなく、仕事と家庭の両立を支援する制度をつくっています。この記事では「両立支援制度」について簡単に説明していきます。
両立支援制度とは?

両立支援制度とは育児や介護をしながら働く方を支援する制度です。

仕事と家庭を両立できる社会の実現に向けて、育休や産休を利用しやすい環境づくりの推進や仕事をする妊婦さんを法律でまもってくれたりしています。

仕事と家庭の両立支援対策
妊娠中・出産後の働く女性を法律でまもっている

妊娠・出産・育児を経ながらも続けて働けるように産休の取得や時間外労働の制限など、妊娠中・出産後の働くお母さんを法律でまもってくれているんです。

法律で決められているため、これから職に就く女性も安心して働くことができるようになっています
※産休の取得等を理由に解雇や減給等をすることを法律で禁止しています。

はたらく女性と子どもをまもる
育児や介護をしながら働ける環境づくり

さらに、国は育児や介護をしながら働く方を支援する法律や育児・介護休業法をつくっていくれています。

育休や介護休業をとれるようにしたり、働く時間を短くしてくれたりなどのルールを定めることで育児や介護でやむをえず仕事をやめたりせずに、続けて働くことができる環境をつくっているんです。

育児や介護をしながら働く方を支援

ここまで説明したように、両立支援制度とは育児や介護をしながら働くひとを支援してくれる制度です。

多くの人がこの制度を知ってくれればもっと改良される部分も今後出てくるかもしれません。

また、税金や保険について何も知らないという方は下記のリンク先で生活に必要な知識について説明しているのでチェックしておきましょう。