国民年金を免除する?わかりやすく解説。所得要件は?

2019.03.21 更新
この記事の目次
日本では20歳から60歳未満の方はみんな国民年金に加入して保険料を支払うことになります。ですが、お金がなくて払えないという方もいると思います。この記事では国民年金の免除制度について簡単に説明していきます。
▶こんなページも見られています

国民年金を払っていないとどうなる?

老後の年金は65歳になると受け取ることができます。ほかにも、病気やケガで障害を負ったり死亡したときには年金を受け取ることができます。

しかし、国民年金を払っていなければ年金はもらえません。「でも、お金がなくて払えない…」という方は国民年金の免除制度を利用すると、この問題を解決できるのです。

国民年金の免除制度とは?

国民年金の免除制度には全額免除や納付猶予があります。

いずれも申請が必要です。

国民年金の免除制度

全額免除制度
保険料が全額免除され、年金の受給資格と1/2の年金額が保障されます。

一部免除制度
保険料の一部納付で、年金の受給資格とそれに応じた年金額が保障されます。

若年者納付猶予制度
50歳未満(学生以外)で所得が一定以下の場合、年金の受給資格が保障されます。

学生納付特例制度
学生で所得が一定以下の場合、年金の受給資格が保障されます。

退職特例制度
失業を理由として、「免除制度」「納付猶予制度」の申請ができます。
全額免除でも年金を受けとれる!

お金がなくて年金を払うのがむずかしいときには、ぜひこの制度を利用してください。未納にしておくと受給資格は得られませんが、この制度を利用すれば年金が受けとれないといったことを防げるのです。
注 意
※いずれも一定以下の所得である必要があります。くわしい所得要件については次のページを参照。

今回のコラムはここまでです。国民年金の免除制度についてわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
くわしい免除制度については、こちらを参照。
年金制度については、年金制度とは?を参照。
国民年金については、国民年金とは?を参照。
厚生年金については、厚生年金とは?を参照。

国民年金を免除する?わかりやすく解説。所得要件は?

この記事の目次
日本では20歳から60歳未満の方はみんな国民年金に加入して保険料を支払うことになります。ですが、お金がなくて払えないという方もいると思います。この記事では国民年金の免除制度について簡単に説明していきます。
▶こんなページも見られています

国民年金を払っていないとどうなる?

老後の年金は65歳になると受け取ることができます。ほかにも、病気やケガで障害を負ったり死亡したときには年金を受け取ることができます。

しかし、国民年金を払っていなければ年金はもらえません。「でも、お金がなくて払えない…」という方は国民年金の免除制度を利用すると、この問題を解決できるのです。

国民年金の免除制度とは?

国民年金の免除制度には全額免除や納付猶予があります。

いずれも申請が必要です。

国民年金の免除制度

全額免除制度
保険料が全額免除され、年金の受給資格と1/2の年金額が保障されます。

一部免除制度
保険料の一部納付で、年金の受給資格とそれに応じた年金額が保障されます。

若年者納付猶予制度
50歳未満(学生以外)で所得が一定以下の場合、年金の受給資格が保障されます。

学生納付特例制度
学生で所得が一定以下の場合、年金の受給資格が保障されます。

退職特例制度
失業を理由として、「免除制度」「納付猶予制度」の申請ができます。
全額免除でも年金を受けとれる!

お金がなくて年金を払うのがむずかしいときには、ぜひこの制度を利用してください。未納にしておくと受給資格は得られませんが、この制度を利用すれば年金が受けとれないといったことを防げるのです。
注 意
※いずれも一定以下の所得である必要があります。くわしい所得要件については次のページを参照。

今回のコラムはここまでです。国民年金の免除制度についてわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
くわしい免除制度については、こちらを参照。
年金制度については、年金制度とは?を参照。
国民年金については、国民年金とは?を参照。
厚生年金については、厚生年金とは?を参照。