アルバイトやフリーターの年収103万円・130万円の壁?超えたらどうなる?

2020.10.20 更新
フリーターや学生アルバイトは収入によって自分にかかってくる税金が変わったり、扶養から外れたりするのをご存知でしょうか。この記事ではアルバイトをするひとの年収103・106・130万円の壁(ボーダーライン)について説明していきます。
この記事の目次
アルバイトやフリーターの年収103万円の壁とは?

フリーターや学生アルバイトの年収103万円の壁とは、➊所得税がかかるボーダーラインおよび➋親族の税金の負担が増すボーダーラインのことです。

簡単に説明すると、1年間の稼ぎが103万円を超えると所得税がかかり始めることになります。

また、親族(たとえばあなたの親)に扶養されている場合、1年間の稼ぎが103万円を超えると親族が支払う税金が高くなってしまいます。

アルバイトをしている学生などは103万円の壁を覚えておきましょう。

年収103万円の壁➊
所得税がかかるボーダーライン
あなたの1年間の給与収入が103万円を超えると所得税がかかることになります。
※なぜ103万円なのかについてはこちらの計算過程を参照。ちなみに、100万円を超えると住民税がかかることになります。
年収103万円の壁➋
親族の税金の負担が増すボーダーライン
あなたの1年間の給与収入が103万円を超えると、あなたを扶養している親族が扶養控除を利用できなくなります。扶養控除とは「養う親族がいると税金が安くなる」という制度であり、この制度を利用できなくなることによって親族の税金の負担が増えてしまいます。
※あなたの親の年収が250万円~900万円だとすると、支払う税金が約5~17万円高くなります。
※あなたが親族に扶養されていない場合は関係ありません。


年収106万円の壁とは?

フリーターやアルバイトの年収106万円の壁とは、社会保険の加入条件の1つを満たすボーダーラインのことです。以下の5つの条件をすべて満たすと社会保険に加入することになります。

勤務先の社会保険に加入すれば自分で社会保険料を支払わなければいけなくなるので注意しましょう。
※年収106万円で勤務先の社会保険に加入したとすると、あなたが支払う保険料は年間約15万円になります。

社会保険の加入要件1~5

  1. 週の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 雇用期間が継続して1年以上見込まれること
  3. 月額賃金が8.8万円以上であること(年収約106万円)
    ※深夜割増分は含みません。
  4. 学生でないこと
  5. 特定適用事業所(常時500人を超える被保険者を使用する企業)に勤めていること
  6. ただし、次の①または②にあてはまる、被保険者が常時500人以下の事業所については適用対象となります。
    ①.労使合意(働いている方々の2分の1以上と事業主が社会保険に加入することについて合意すること)に基づき申出をする法人・個人の事業所
    ②.地方公共団体に属する事業所

※くわしい社会保険の加入条件ついてはアルバイトでも加入する?社会保険に加入する条件は?を参照。

年収130万円の壁とは?

フリーターやアルバイトの年収130万円の壁とは社会保険の扶養から外れるボーダーラインのことです。

たとえば1年間の稼ぎが130万円以上になると、親族(たとえばあなたの親)の社会保険の扶養に入っている方は強制的に扶養から外され、自分で保険料を支払うことになります。
※ただし、働く時間などの社会保険の加入条件を満たしていれば勤務先の社会保険に自ら加入することになるので、年収130万円未満でも扶養から外れることになります。

親族に扶養されており、年収が130万円を超えそうな方はチェックしておきましょう。

年収130万円の壁とは
年収130万円以上になると、強制的に社会保険の扶養から外れることになります※。社会保険の扶養に入っているときは健康保険料は0円となりますが、年収130万円以上になると社会保険の扶養から外れて、自分で勤務先の社会保険に加入することになります。社会保険に加入すれば自分で保険料を支払わなければなりません。
※たとえば年収130万円だと、1年間に支払う保険料は約19万円になります。
※あなたを扶養する親族が勤務先の社会保険に加入している場合に限ります。
国民年金については国民年金とは?を参照。

今回のコラムはここまでです。フリーターやアルバイトの年収別の壁についてわかっていただけましたか?

アルバイトやフリーターの年収103万円・130万円の壁?超えたらどうなる?

フリーターや学生アルバイトは収入によって自分にかかってくる税金が変わったり、扶養から外れたりするのをご存知でしょうか。この記事ではアルバイトをするひとの年収103・106・130万円の壁(ボーダーライン)について説明していきます。
この記事の目次
アルバイトやフリーターの年収103万円の壁とは?

フリーターや学生アルバイトの年収103万円の壁とは、➊所得税がかかるボーダーラインおよび➋親族の税金の負担が増すボーダーラインのことです。

簡単に説明すると、1年間の稼ぎが103万円を超えると所得税がかかり始めることになります。

また、親族(たとえばあなたの親)に扶養されている場合、1年間の稼ぎが103万円を超えると親族が支払う税金が高くなってしまいます。

アルバイトをしている学生などは103万円の壁を覚えておきましょう。

年収103万円の壁➊
所得税がかかるボーダーライン
あなたの1年間の給与収入が103万円を超えると所得税がかかることになります。
※なぜ103万円なのかについてはこちらの計算過程を参照。ちなみに、100万円を超えると住民税がかかることになります。
年収103万円の壁➋
親族の税金の負担が増すボーダーライン
あなたの1年間の給与収入が103万円を超えると、あなたを扶養している親族が扶養控除を利用できなくなります。扶養控除とは「養う親族がいると税金が安くなる」という制度であり、この制度を利用できなくなることによって親族の税金の負担が増えてしまいます。
※あなたの親の年収が250万円~900万円だとすると、支払う税金が約5~17万円高くなります。
※あなたが親族に扶養されていない場合は関係ありません。


年収106万円の壁とは?

フリーターやアルバイトの年収106万円の壁とは、社会保険の加入条件の1つを満たすボーダーラインのことです。以下の5つの条件をすべて満たすと社会保険に加入することになります。

勤務先の社会保険に加入すれば自分で社会保険料を支払わなければいけなくなるので注意しましょう。
※年収106万円で勤務先の社会保険に加入したとすると、あなたが支払う保険料は年間約15万円になります。

社会保険の加入要件1~5

  1. 週の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 雇用期間が継続して1年以上見込まれること
  3. 月額賃金が8.8万円以上であること(年収約106万円)
    ※深夜割増分は含みません。
  4. 学生でないこと
  5. 特定適用事業所(常時500人を超える被保険者を使用する企業)に勤めていること
  6. ただし、次の①または②にあてはまる、被保険者が常時500人以下の事業所については適用対象となります。
    ①.労使合意(働いている方々の2分の1以上と事業主が社会保険に加入することについて合意すること)に基づき申出をする法人・個人の事業所
    ②.地方公共団体に属する事業所

※くわしい社会保険の加入条件ついてはアルバイトでも加入する?社会保険に加入する条件は?を参照。

年収130万円の壁とは?

フリーターやアルバイトの年収130万円の壁とは社会保険の扶養から外れるボーダーラインのことです。

たとえば1年間の稼ぎが130万円以上になると、親族(たとえばあなたの親)の社会保険の扶養に入っている方は強制的に扶養から外され、自分で保険料を支払うことになります。
※ただし、働く時間などの社会保険の加入条件を満たしていれば勤務先の社会保険に自ら加入することになるので、年収130万円未満でも扶養から外れることになります。

親族に扶養されており、年収が130万円を超えそうな方はチェックしておきましょう。

年収130万円の壁とは
年収130万円以上になると、強制的に社会保険の扶養から外れることになります※。社会保険の扶養に入っているときは健康保険料は0円となりますが、年収130万円以上になると社会保険の扶養から外れて、自分で勤務先の社会保険に加入することになります。社会保険に加入すれば自分で保険料を支払わなければなりません。
※たとえば年収130万円だと、1年間に支払う保険料は約19万円になります。
※あなたを扶養する親族が勤務先の社会保険に加入している場合に限ります。
国民年金については国民年金とは?を参照。

今回のコラムはここまでです。フリーターやアルバイトの年収別の壁についてわかっていただけましたか?