社会保険はサラリーマンやアルバイトのもの?社保と国保はどっちが高給取り?

2019.12.04 更新
サラリーマンやアルバイトなどの方は馴染みがある社会保険ですが、「なぜ加入しているのか」や「国民健康保険(国保)との違い」についてはよくわかっていないという方が多いです。そんな方のためにこの記事では社会保険などについて簡単に説明していきます。
この記事の目次
社会保険はサラリーマンやアルバイトのもの?

サラリーマンやアルバイトの方が勤務先でよく耳にする「社会保険」。

勤務先における「社会保険」とは、サラリーマンやアルバイトといった会社に雇われている方が加入する健康保険厚生年金保険の総称のことをいいます。
※ここで説明する社会保険は国民すべてが関わる広い意味での社会保険とは異なります。

決められた時間や日数を超えると勝手に加入?
会社は決められた日数(時間)を超えて働く従業員を社会保険に加入させる義務があります。したがって、「知らないうちに勝手に加入している!なにこれ」となる新入社員の方もいると思いますが、これは国のルールであり仕方のないことなのです。
※加入する条件については社会保険に加入する条件は?で説明しています。
社会保険に加入すると保険料はどれくらい払うことになるの?

今まで社会保険に加入していなかった方が勤務先で社会保険に加入すると保険料はどれくらいになるのでしょうか。以下に例を示します。パートやアルバイトなどの方は参考にしてみてください。

社会保険に加入した場合に支払う保険料は?
1年間の収入が106万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約15万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

1年間の収入が115万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約17万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

1年間の収入が130万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約19万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

学生の方は特に注意
ほかにも給与収入が103万円を超えると扶養控除ふようこうじょから外れてしまうなどあるので、とくに学生の方は注意したほうがいいかもしれませんね。くわしくはバイトしすぎると親の税金がどうなるの?を参照。
こんなページもみられています
社会保険と国民健康保険はどっちが高給取り?社保と国保はどう違う?
社会保険に加入しているってことはバイトと同じで雇われでしょ?ということは年収1,500万とかほとんどいないってことでしょ。全然稼いでないじゃん。」

と考えるひとがいる一方で、次のように考えるひともいます。

国民健康保険(国保)に加入しているってことはあんまり稼いでないってことでしょ?社会保険に入っている人のほうが高給取りで優れているじゃん。」

上記のように加入している医療保険で他人をさげすむ意味で区別するような人がいますが、その考えは正しくありません。

加入している医療保険は以下のようにその人の職業などで区別しているだけであって、どれが優れているというわけではありませんし、どれが一番稼いでいるという判別ができるものでもありません。
※社長でも自分の会社から給料が与えられる仕組みにすれば社会保険に加入することになりますし、国保に加入している人でもアーティストや自営業などでものすごい金額を稼ぐ人もいます。

医療保険は以下のように職業などで分けられています
医療保険はそれぞれ職業等で4種類に区分されており、病院代を安くしてくれるなどの給付の内容も一緒でほとんど変わりません。
 


健康保険
サラリーマンまたはその家族などが加入する

共済組合
公務員またはその家族などが加入する

後期高齢者医療制度
75歳以上の方が加入する

国民健康保険
フリーランス・スポーツ選手・アーティスト・タレント・無業者・個人事業主など上記3つ以外の方が加入する

「社保に加入しているから優れている」または「国保に加入しているから優れている」なんて言っていたら「社会人なのにちゃんとわかっていない人なんだ」と逆にバカにされてしまうので注意してください。
※社保と国保の違い(保険料や加入条件など)については健康保険とは?で説明しています。

今回のコラムはここまでです。社会保険についてなんとなくわかっていただけましたか?

社会保険はサラリーマンやアルバイトのもの?社保と国保はどっちが高給取り?

サラリーマンやアルバイトなどの方は馴染みがある社会保険ですが、「なぜ加入しているのか」や「国民健康保険(国保)との違い」についてはよくわかっていないという方が多いです。そんな方のためにこの記事では社会保険などについて簡単に説明していきます。
この記事の目次
社会保険はサラリーマンやアルバイトのもの?

サラリーマンやアルバイトの方が勤務先でよく耳にする「社会保険」。

勤務先における「社会保険」とは、サラリーマンやアルバイトといった会社に雇われている方が加入する健康保険厚生年金保険の総称のことをいいます。
※ここで説明する社会保険は国民すべてが関わる広い意味での社会保険とは異なります。

決められた時間や日数を超えると勝手に加入?
会社は決められた日数(時間)を超えて働く従業員を社会保険に加入させる義務があります。したがって、「知らないうちに勝手に加入している!なにこれ」となる新入社員の方もいると思いますが、これは国のルールであり仕方のないことなのです。
※加入する条件については社会保険に加入する条件は?で説明しています。
社会保険に加入すると保険料はどれくらい払うことになるの?

今まで社会保険に加入していなかった方が勤務先で社会保険に加入すると保険料はどれくらいになるのでしょうか。以下に例を示します。パートやアルバイトなどの方は参考にしてみてください。

社会保険に加入した場合に支払う保険料は?
1年間の収入が106万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約15万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

1年間の収入が115万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約17万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

1年間の収入が130万円のとき

 
勤務先の社会保険に加入した場合の保険料は年間で合計約19万円になります。
※保険料はこちらのページでシミュレーションを行いました。

学生の方は特に注意
ほかにも給与収入が103万円を超えると扶養控除ふようこうじょから外れてしまうなどあるので、とくに学生の方は注意したほうがいいかもしれませんね。くわしくはバイトしすぎると親の税金がどうなるの?を参照。
こんなページもみられています
社会保険と国民健康保険はどっちが高給取り?社保と国保はどう違う?
社会保険に加入しているってことはバイトと同じで雇われでしょ?ということは年収1,500万とかほとんどいないってことでしょ。全然稼いでないじゃん。」

と考えるひとがいる一方で、次のように考えるひともいます。

国民健康保険(国保)に加入しているってことはあんまり稼いでないってことでしょ?社会保険に入っている人のほうが高給取りで優れているじゃん。」

上記のように加入している医療保険で他人をさげすむ意味で区別するような人がいますが、その考えは正しくありません。

加入している医療保険は以下のようにその人の職業などで区別しているだけであって、どれが優れているというわけではありませんし、どれが一番稼いでいるという判別ができるものでもありません。
※社長でも自分の会社から給料が与えられる仕組みにすれば社会保険に加入することになりますし、国保に加入している人でもアーティストや自営業などでものすごい金額を稼ぐ人もいます。

医療保険は以下のように職業などで分けられています
医療保険はそれぞれ職業等で4種類に区分されており、病院代を安くしてくれるなどの給付の内容も一緒でほとんど変わりません。
 


健康保険
サラリーマンまたはその家族などが加入する

共済組合
公務員またはその家族などが加入する

後期高齢者医療制度
75歳以上の方が加入する

国民健康保険
フリーランス・スポーツ選手・アーティスト・タレント・無業者・個人事業主など上記3つ以外の方が加入する

「社保に加入しているから優れている」または「国保に加入しているから優れている」なんて言っていたら「社会人なのにちゃんとわかっていない人なんだ」と逆にバカにされてしまうので注意してください。
※社保と国保の違い(保険料や加入条件など)については健康保険とは?で説明しています。

今回のコラムはここまでです。社会保険についてなんとなくわかっていただけましたか?