傷病手当金とは?仕事を休むとお金がいくらもらえる?期間や条件は?

2019.08.18 更新
病気やケガで仕事を休んだけど、お金が心配…

「病気やケガでしばらく仕事を休みたいけど、そのあいだの生活費が心配。」このような不安をやわらげてくれる制度があります。それが傷病手当金しょうびょうてあてきんです。この記事では傷病手当金についてわかりやすく説明していきます。
※仕事が原因の病気などで会社を休む場合は休業補償給付を参照。

傷病手当金しょうびょうてあてきんとは?お金がもらえる?

傷病手当金とは簡単に説明すると、病気やケガで仕事を休んでいるあいだお金を支給してくれる制度です。

では、どれくらいの金額を支給してくれるのでしょうか。次で見ていきましょう。

傷病手当金の金額は?

傷病手当金は会社を休んでいる間にもらうことができます。支給される金額はどのくらいかというと、

1日につきおおよそ( 月の給料 ÷ 30 ) × 3分の2の金額が傷病手当金として支給されます。

傷病手当金の計算

※くわしい傷病手当金については、こちらを参照。
※標準報酬日額とは簡単に説明すると、おおよそ(月の給料 ÷ 30)のこと。

どれくらいもらえる?【支給金額の例】

▶月収が約18万円の場合
支給額は1日あたり4,000円となります。

▶月収が約36万円の場合
支給額は1日あたり8,000円となります。

※仕事上の病気などで会社を休む場合は休業補償給付を参照。

傷病手当金はサラリーマンや公務員などが加入する健康保険共済組合から支給されます。

この制度をあらかじめ知っていれば病気やケガで長い間休むことがあっても必要以上に不安にならずに済みそうですよね。

こんな制度があるんだということを覚えておきましょう。今回のコラムはここまでです。傷病手当金についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい傷病手当金についてはこちら

【役に立つページ】
くわしい傷病手当金については、こちらを参照。
医療保険については、医療保険とは?みんな加入するの?を参照。

傷病手当金とは?仕事を休むとお金がいくらもらえる?期間や条件は?

病気やケガで仕事を休んだけど、お金が心配…

「病気やケガでしばらく仕事を休みたいけど、そのあいだの生活費が心配。」このような不安をやわらげてくれる制度があります。それが傷病手当金しょうびょうてあてきんです。この記事では傷病手当金についてわかりやすく説明していきます。
※仕事が原因の病気などで会社を休む場合は休業補償給付を参照。

傷病手当金しょうびょうてあてきんとは?お金がもらえる?

傷病手当金とは簡単に説明すると、病気やケガで仕事を休んでいるあいだお金を支給してくれる制度です。

では、どれくらいの金額を支給してくれるのでしょうか。次で見ていきましょう。

傷病手当金の金額は?

傷病手当金は会社を休んでいる間にもらうことができます。支給される金額はどのくらいかというと、

1日につきおおよそ( 月の給料 ÷ 30 ) × 3分の2の金額が傷病手当金として支給されます。

傷病手当金の計算

※くわしい傷病手当金については、こちらを参照。
※標準報酬日額とは簡単に説明すると、おおよそ(月の給料 ÷ 30)のこと。

どれくらいもらえる?【支給金額の例】

▶月収が約18万円の場合
支給額は1日あたり4,000円となります。

▶月収が約36万円の場合
支給額は1日あたり8,000円となります。

※仕事上の病気などで会社を休む場合は休業補償給付を参照。

傷病手当金はサラリーマンや公務員などが加入する健康保険共済組合から支給されます。

この制度をあらかじめ知っていれば病気やケガで長い間休むことがあっても必要以上に不安にならずに済みそうですよね。

こんな制度があるんだということを覚えておきましょう。今回のコラムはここまでです。傷病手当金についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい傷病手当金についてはこちら

【役に立つページ】
くわしい傷病手当金については、こちらを参照。
医療保険については、医療保険とは?みんな加入するの?を参照。