アルバイトで稼ぎ過ぎると親の税金が高くなる?どれくらい?

2020.09.09 更新
アルバイトをし過ぎて1年間の収入が多くなると親の税金が高くなると聞いて不安になる方もいると思います。この記事ではアルバイトの稼ぎによって変わる親の税金について説明していきます。
この記事の目次
アルバイトをやりすぎると親の税金が高くなる?

アルバイトをして遊ぶお金をたくさん稼ぎたいと考えている方は多くいると思います。

ですが、1年間にお金をたくさん稼いでしまうと扶養から外れてしまい、扶養親族の対象じゃなくなるのをご存知でしょうか。扶養親族じゃなくなると親の税金が高くなってしまうので、1年間に稼ぐ金額に注意してアルバイトをしましょう。
※扶養親族の対象から外れると、今まであなたを扶養していた親の税金が高くなってしまいます。

103万円を超えると扶養親族じゃなくなる?

アルバイトをして1年間の収入が103万円を超えてしまうと扶養親族ではいられなくなってしまいます。

扶養親族とは「扶養されている親族」のことで、以下の要件にすべて当てはまる方をいいます。

扶養親族の条件は?

  • 配偶者以外の親族であること
    配偶者とは:妻から見た夫、夫から見た妻のこと。
  • 納税者(たとえば親など)と生計を一にしていること
  • 年間の合計所得金額が48万円以下であること
    合計所得金額48万円については以下で説明。
合計所得金額48万円とは?

例えば、あなたの収入がアルバイトの給与収入のみで年間103万円のとき、給与所得は48万円となります。それ以外に所得がないので合計所得金額は48万円となります。

103万円給与収入55万円給与所得控除 = 48万円給与所得(合計所得金額)
給与所得控除については給与所得とはを参照。

この場合、年間の合計所得が48万円以下なので、あなたは扶養親族の対象となります。
合計所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

103万円を超えると親の税金はどれくらい高くなる?

あなたの1年間の収入が103万円を超えてしまうと、あなたを扶養している親などは扶養控除を利用できなくなってしまいます。
※扶養控除とは:16歳以上の扶養親族がいると税金が安くなる制度。

たとえば、あなたの親が扶養控除を利用できなくなると、親の年収にもよりますが税金の負担は約5~17万円増す場合が多いでしょう。

以下に年収別に税金額のシミュレーションをしているのでどれくらい高くなるのかチェックしてみてください。
※親の年収を250万円~950万円とした場合。

親の税金はどれくらい高くなる?
 
16歳~18歳の学生が扶養から外れた場合
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~400万円のとき 親族が支払う税金は約52,000円高くなります。
※所得税は19,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収500~600万円のとき 親族が支払う税金は約71,000円高くなります。
※所得税は38,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収700~900万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は76,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり
※上記の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。





19歳以上22歳以下の学生が扶養から外れた場合
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~430万円のとき 親族が支払う税金は約77,000円高くなります。
※所得税は31,500円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収540~640万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は63,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収740~940万円のとき 親族が支払う税金は約170,000円高くなります。
※所得税は126,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり
※上記の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。

さらに130万円以上稼ぐと社会保険の扶養からも外れる?

「103万円を超えてもいいからもっと稼ぎたい!」と考える方もいると思いますが、その際にはさらに気をつけないといけないことがあります。それは130万円の壁です。

1年間の収入が130万円以上になると社会保険の扶養からも外れてしまいます。そうなれば自分で社会保険の保険料を支払うことになるので、1年間に稼ぐ金額によっては手取りが少なくなってしまいます。
※ちなみに、1年間に収入が130万円だとするとあなたが支払う年間の保険料は約19万円となります。

くわしく知りたい場合は以下のページで説明しているのでチェックしてみてください。

以上のことから、それほどお金に困っていないなら1年間の収入を103万円以内に抑えておくことをオススメします。

今回のコラムはここまでです。アルバイトで稼ぎ過ぎると親の税金どうなるかについてわかっていただけましたか?

アルバイトで稼ぎ過ぎると親の税金が高くなる?どれくらい?

アルバイトをし過ぎて1年間の収入が多くなると親の税金が高くなると聞いて不安になる方もいると思います。この記事ではアルバイトの稼ぎによって変わる親の税金について説明していきます。
この記事の目次
アルバイトをやりすぎると親の税金が高くなる?

アルバイトをして遊ぶお金をたくさん稼ぎたいと考えている方は多くいると思います。

ですが、1年間にお金をたくさん稼いでしまうと扶養から外れてしまい、扶養親族の対象じゃなくなるのをご存知でしょうか。扶養親族じゃなくなると親の税金が高くなってしまうので、1年間に稼ぐ金額に注意してアルバイトをしましょう。
※扶養親族の対象から外れると、今まであなたを扶養していた親の税金が高くなってしまいます。

103万円を超えると扶養親族じゃなくなる?

アルバイトをして1年間の収入が103万円を超えてしまうと扶養親族ではいられなくなってしまいます。

扶養親族とは「扶養されている親族」のことで、以下の要件にすべて当てはまる方をいいます。

扶養親族の条件は?

  • 配偶者以外の親族であること
    配偶者とは:妻から見た夫、夫から見た妻のこと。
  • 納税者(たとえば親など)と生計を一にしていること
  • 年間の合計所得金額が48万円以下であること
    合計所得金額48万円については以下で説明。
合計所得金額48万円とは?

例えば、あなたの収入がアルバイトの給与収入のみで年間103万円のとき、給与所得は48万円となります。それ以外に所得がないので合計所得金額は48万円となります。

103万円給与収入55万円給与所得控除 = 48万円給与所得(合計所得金額)
給与所得控除については給与所得とはを参照。

この場合、年間の合計所得が48万円以下なので、あなたは扶養親族の対象となります。
合計所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

103万円を超えると親の税金はどれくらい高くなる?

あなたの1年間の収入が103万円を超えてしまうと、あなたを扶養している親などは扶養控除を利用できなくなってしまいます。
※扶養控除とは:16歳以上の扶養親族がいると税金が安くなる制度。

たとえば、あなたの親が扶養控除を利用できなくなると、親の年収にもよりますが税金の負担は約5~17万円増す場合が多いでしょう。

以下に年収別に税金額のシミュレーションをしているのでどれくらい高くなるのかチェックしてみてください。
※親の年収を250万円~950万円とした場合。

親の税金はどれくらい高くなる?
 
16歳~18歳の学生が扶養から外れた場合
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~400万円のとき 親族が支払う税金は約52,000円高くなります。
※所得税は19,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収500~600万円のとき 親族が支払う税金は約71,000円高くなります。
※所得税は38,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収700~900万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は76,000円、住民税は33,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり
※上記の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。





19歳以上22歳以下の学生が扶養から外れた場合
 

親族の年収 親族が支払う税金
年収250~430万円のとき 親族が支払う税金は約77,000円高くなります。
※所得税は31,500円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収540~640万円のとき 親族が支払う税金は約110,000円高くなります。
※所得税は63,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算
年収740~940万円のとき 親族が支払う税金は約170,000円高くなります。
※所得税は126,000円、住民税は45,000円

※所得税と住民税はこちらで計算

※扶養控除の対象となる家族1人あたり
※上記の表は親族(40歳以下・社会保険加入のサラリーマン)が扶養控除を利用できなくなった場合のシミュレーション。

さらに130万円以上稼ぐと社会保険の扶養からも外れる?

「103万円を超えてもいいからもっと稼ぎたい!」と考える方もいると思いますが、その際にはさらに気をつけないといけないことがあります。それは130万円の壁です。

1年間の収入が130万円以上になると社会保険の扶養からも外れてしまいます。そうなれば自分で社会保険の保険料を支払うことになるので、1年間に稼ぐ金額によっては手取りが少なくなってしまいます。
※ちなみに、1年間に収入が130万円だとするとあなたが支払う年間の保険料は約19万円となります。

くわしく知りたい場合は以下のページで説明しているのでチェックしてみてください。

以上のことから、それほどお金に困っていないなら1年間の収入を103万円以内に抑えておくことをオススメします。

今回のコラムはここまでです。アルバイトで稼ぎ過ぎると親の税金どうなるかについてわかっていただけましたか?