年末調整ってなに?やらないと損する?わかりやすく解説

2021.11.26 更新
10月~11月になると勤務先から配布される年末調整の書類。しかし、大人になっても「年末調整ってなんなの?よくわからない…」という方は結構いると思います。この記事では年末調整について簡単に説明していきます。
この記事の目次

年末調整とは?何も知らない方はチェックしておきましょう

年末調整とは、1年間(1月~12月まで)の税金額の過不足を調整してくれる制度です。

税金が多すぎたり少なかったりしたときに、給料等の支払者(会社など)が正確な金額になるように調整してくれます。
※年末調整は給料を支払う側(会社など)がやってくれるので、自分でいちいち税金の精算をしなくて済むようになっているんです。


年末調整について何も知らない方は「年末調整の対象者」や「年末調整をしないとどうなるのか」等についてチェックしておくことをオススメします。

この記事の要点

  • 年末調整は正しい税金額に調整してくれる制度。

  • 退職していないひとが年末調整の対象。

  • 期限までに年末調整の書類を提出しないとやってくれない。

  • 年末調整をしないと税金を支払い過ぎたままになってしまう。

  • 年収103万円以下でも年末調整をしたほうがいい。

では次に、年末調整のながれについて下記で説明していきます。「年末調整ってなんなの?」という方はチェックしておきましょう。


年末調整のながれは?わかりやすく解説

年末調整は1年間の税金を調整してくれる制度です。年末調整があるおかげで正確な税金額を納めることができます。

ですが、そもそもなぜ正確な税金額を給料から徴収しないのか。なぜ徴収する税金額に過不足がでてしまうのか。

なぜ年末調整が行われるのか何もわからない人のために下記で説明していきます。

年末調整のながれはこんな感じ

STEP①サラリーマンやアルバイトの方は給料から税金が引かれる

サラリーマンやアルバイトは会社から給料をもらうときに同時に税金を徴収されます。なぜかというと、会社はあらかじめ従業員の給料から税金を差し引かないといけない決まりになっているためです。
※これを源泉徴収といいます。

また、税金を差し引くときにはおおざっぱな金額が引かれることになります。
なぜかというと、1年間にどれだけ稼ぐか正確にはわからないからです。したがって、国税庁の源泉徴収税額表を参考にして、おおざっぱな税金額が引かれることになります。



STEP②年末調整をすると払い過ぎた税金が返ってくる

従業員から税金を「おおざっぱ」に引いていましたが、年末最後の給料をわたすときに1年間の正確な税金を計算して、余計に引いていた税金を返してくれることになっています(これを年末調整といいます)。
※逆に少ない場合には徴収されることもあります。

年末調整の概要図

では次に、年末調整の対象者について説明していきます。給与所得者でも年末調整の対象にならない場合もあるのでチェックしておきましょう。

年末調整の対象者は?

年末調整の対象となる人は以下のとおりです。

かんたんに説明すると、年末まで退職してないひとは年末調整の対象になります。
※パートやアルバイトだとしても、年末までアルバイトをやめなければ年末調整の対象になります。

ただし、以下で説明するように退職したひとでも年末調整の対象になる場合があります。退職予定の方はチェックしておきましょう。
※参照:国税庁の年末調整の対象となる人

年末調整の対象者

  • 1年を通じて勤務している人
  • 中途で就職し、年末まで勤務している人
こんなときは年末調整の対象にならない
下記のような場合には年末調整の対象から外れます。



※ただし、下記のような場合には年の中途でも年末調整の対象となります。

  • 海外支店等に転勤したことにより非居住者となった人
  • 死亡によって退職した人
  • 著しい心身の障害のために退職した人(退職後に再就職をして給与等の支払が見込まれる人は除く。)
  • 12月に支給されるべき給与等の支払を受けた後に退職した人
  • いわゆるパートタイマーとして働いている人などが退職した場合で、本年中に支払を受ける給与の総額が103万円以下である人(退職後その年に他の勤務先から給与の支払を受ける見込みのある人は除きます。)

では次に、年末調整を会社にやってもらうにはどうすればいいのか下記で説明していきます。サラリーマンやアルバイトなどの方はチェックしておきましょう。


年末調整をやってもらうには?いつやってくれるの?

年末調整が行われる時期は年末(12月)、その年の最後の給与が支払われるときです。
※年末調整関係書類を税務署等へ提出する期限は翌年1月31日なので、それまでに支払者(会社など)は年末調整を終わらせなければなりません。したがって、12月に年末調整が行われることが多いのです。


また、年末調整を受けるには「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しなければなりません。
※年の途中で退職した方などは年末調整の対象外となります。くわしくは上記を参照。


「給与所得者の扶養控除等申告書」は年末までに勤務先から配布されるので氏名等を記入したら提出しましょう。提出しないと年末調整をしてくれないので注意してください。


勤務先に提出する年末調整の書き方は?

勤務先に提出する年末調整の書類(給与所得者の扶養控除等申告書)を初めて見るひとにとっては何が書いてあるかよくわからないと思います。


年末調整の書き方については年末調整の書き方ページで説明しているので、「難しくて書き方が全然わからない…」という方は参考にしてみてください。


勤務先から年末調整の書類を渡されたら下記のページを参考にしてなるべく早めに(会社で決められた期限までに)提出しましょう。

では次に、年末調整をしていないひとはどうすればいいのか下記で説明していきます。提出を忘れたりして年末調整をやっていないひとはチェックしておきましょう。


年末調整をしないとどうなる?アルバイトやサラリーマンの場合

年末調整の書類を渡されたけど、何もわからなくて提出していない方もいると思います。年末調整をしなくても罰則はありません。

ですが、年末調整をしないとどうなるかというと、「税金を支払い過ぎている状態」または「支払う税金が足りていない状態」になってしまいます。
※多くの方は余分に税金を源泉徴収されているので、年末調整をしていないと税金を支払い過ぎている状態になってしまいます。


あとから年末調整をしてほしいとお願いしても、年末調整をしてもらう時期は決まっているので受け付けてもらえません。なので、支払い過ぎた税金を返してもらいたい場合は確定申告をすることになります。

確定申告をすれば税金がキャッシュバックされます。アルバイト先に年末調整を提出していないひとは下記のページを参考にしてみてください。

サラリーマンの場合
今はネットでかんたんに確定申告書が作成でき、サラリーマンやアルバイトは源泉徴収票があればかんたんに確定申告書が作成できます。サラリーマンは下記のページで確定申告のやりかたを説明しています。

確定申告のながれ
STEP➊源泉徴収票など必要なものを用意する
STEP➋確定申告書を作成する
STEP➌確定申告書を郵送する(支払いすぎた税金が振り込まれる)


※税金を返してもらう場合は翌年1月1日以降ならいつでも受け付けています。たとえば、2020年1月~12月までの収入における税金を返金してもらう場合は2021年の1月以降に確定申告をすればOKです(5年以内までなら返金を受け付けてくれます)。

では次に、年収103万円以下のアルバイトの年末調整について下記で説明していきます。アルバイトをしている学生などは知っておくことをオススメします。

年収103万円以下のアルバイトも年末調整するの?

アルバイトをしている学生は「年末調整ってなに?全然わからない」という方がほとんどだと思います。

給料がおこづかい程度の金額なら税金もかからないし、「年末調整なんてしなくても関係ない!」と考えている方もいると思います。
※未成年の場合、年収103万円以下なら税金が0円になります。

結論から言うと、年末調整をしなくても問題ありませんが、給料から税金が引かれたままになってしまう場合があります。

年収103万円以下のアルバイトだとしても、給料から税金が引かれている場合があります。この場合、年末調整をしなければ税金が返ってきません。

したがって、学生アルバイトだとしても年末調整することをおすすめします。年末調整の書き方については上記でわかりやすく説明しています。

年収103万円以下の方なら記入する項目も少ないので安心してください。

また、年末調整の書類を提出していない人でも確定申告をすれば税金がキャッシュバックされます。これについてはアルバイト先に年末調整を出し忘れた…どうすればいい?で解説しているのでチェックしておきましょう。

では次に、確定申告と年末調整の違いについて下記で説明していきます。サラリーマンやアルバイトの方も確定申告が何なのか知っておくことをオススメします。

確定申告と年末調整の違いはなに?

「確定申告と年末調整がごちゃごちゃになる…」という方もいると思います。

かんたんに説明すると、確定申告は「納税する税金額を自分で精算する手続き」のこと。

年末調整は「納税する税金額を支払者(会社など)に精算してもらう手続き」のことです。


上記でも説明したように、年末調整の書類を提出すれば勤務先が税金の過不足を調整してくれるので、サラリーマンやアルバイトの方は確定申告をする必要はありません。

ですが、年末調整だけでは正確な税金額を精算できない場合があるので、そのようなときに確定申告をすることになります。

それぞれの違いを簡単に下記にまとめました。

それぞれどんな違いがある?

年末調整 確定申告
会社に税金の精算をしてもらう。 自分で税金の精算をする。
12月最後の給料が支払われるときに会社がやってくれる。 翌年の2月16日~3月15日までの間に確定申告書を税務署に提出する。
精算してくれるのは今年(1月~12月まで)の税金についてだけ。 過去の税金についても精算できる。
医療費控除や雑損控除などは申請できない。 年末調整で申請できないことがあれば確定申告をする。

サラリーマンやアルバイトの方は確定申告をする機会は少ないと思いますが、確定申告がどんなことなのかザッと理解しておくことをオススメします。

今はネットでかんたんに確定申告書を作成できるようになっているので、確定申告をするのはそれほど難しくありません。

ここまでのまとめ

ここまで説明したように、年末調整は給料等の支払者が税金の過不足を調整してくれる制度です。

年末調整をしてほしいひとは勤務先から配布された年末調整の書類に必要事項を記入して早めに提出しましょう。

以下はここまでのまとめです。

まとめ

  • 年末調整は正しい税金額に調整してくれる制度。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • 退職していないひとが年末調整の対象。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • 期限までに年末調整の書類を提出しないとやってくれない。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • 年末調整をしてもらっていないひとは確定申告をすると税金がキャッシュバックされる場合がある。
    ※くわしくは上記で説明しています。

勤務先から給料をもらう人は年末調整に関わることになります。

はじめて会社で働くひとやアルバイトをする学生などは年末調整がどんなことをしてくれるものなのかザッと理解しておきましょう。

また、年末調整をしてもらうためには年末調整の書類を提出しなければいけないので、勤務先から書類をもらったら早めに提出するようにしましょう。