所得税・住民税関連
更新日:2019年2月4日
目次
勤務先が1ヶ所のみの人の確定申告は?
サラリーマンなどで勤務先が1ヶ所のみの方が確定申告をするときは申告書を提出後①所得税を納めるまたは②払い過ぎた所得税を返してもらうことになります。それぞれ必要なものや手順を見ていきましょう。

※ここでは勤務先が1ヶ所のみ(源泉徴収票が1枚)の方の確定申告について記述しています。
確定申告が必要なひとは?
サラリーマンなどで確定申告が必要な場合は以下の通りです。

こんな方は確定申告が必要

  • 多額の医療費を支出しており、税金が納め過ぎになっているとき(医療費控除)
  • 給与収入が2,000万円を超える場合
  • 給与を1ヶ所から受けており、そのほかの各種所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える場合
    など。

税金を払い過ぎているときは確定申告をすることで税金を返してもらうことができます(還付申告)。還付申告の時期などについては還付申告とは?ページを参照。

確定申告をするのに必要なものは?
確定申告に必要なものは以下のとおりです。

必要なものは?

  • 銀行口座
  • 印鑑
  • マイナンバーカード(マイナンバーカードがない方はマイナンバー通知カードや身分証明書)
  • 源泉徴収票(原本)

そのほか医療費控除社会保険料控除などを利用する方は金額がわかる領収書や証明書

確定申告のやり方・手順は?
確定申告書への記入は簡単で、以下のようにナビに従って入力するだけです。

ネットで入力した申告書を印刷・郵送する

【※最初の確認】給料のほかに所得がある方は以下のリンクを参照。無ければ以下の➊に進んでください。

ギャンブル等で所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
仮想通貨や広告収入などで雑所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
国税庁の確定申告書等作成コーナーにアクセス
作成開始をクリック

印刷して書面提出をクリック

同意して次へをクリック

所得税の欄をクリック

青枠をクリック

次へをクリック

生年月日を入力して次へをクリック

給与のみを選択して次へをクリック

給与1ヶ所のみを選択する。年末調整の有無を選択する。次に、年末調整の有無によって以下の2つから進むページを選んでください。

年末調整をしている方は年末調整済みの手順ページへ。
年末調整をしていない方は年末調整していないの手順ページへ。