月収30・40・50万円などの税金と手取りは?年齢別の平均年収は?

2020.11.14 更新
収入によって自分にかかる税金や保険料がどのくらい変化するのか。この記事ではそれぞれの月収における税金や手取りなどがいくらになるかついて説明していきます。
この記事の目次
20代~50代の平均年収は?

20代~50代の平均年収を以下にまとめているので気になる人はチェックしておきましょう。

ちなみに、最も高い平均給与の職業は「電気・ガス・水道業」の759万円、最も低いのは「宿泊業、サービス業」の251万円となっています。

20代~50代の平均年収まとめ
国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査を参考に編集しています。

年齢 平均年収
20~24歳 267万円
男性は284万円、女性は249万円
25~29歳 370万円
男性は404万円、女性は326万円
30~34歳 410万円
男性は470万円、女性は315万円
35~39歳 448万円
男性は528万円、女性は314万円
40~44歳 476万円
男性は581万円、女性は319万円
45~49歳 502万円
男性は635万円、女性は313万円
50~54歳 529万円
男性は682万円、女性は322万円
55~59歳 520万円
男性は686万円、女性は298万円
月収30万円の税金と手取りは?

月収30万円(年収360万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収30万円(年収360万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約226,000円です。
所得税約72,000円、住民税が約154,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約500,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約329,000円、健康保険が約178,000円。
あなたの手取りは? 月収30万円(年収360万円)の場合、1年間の手取りは約2,860,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収35万円の税金と手取りは?

月収35万円(年収420万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収35万円(年収420万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約283,000円です。
所得税約91,000円、住民税が約192,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約610,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約395,000円、健康保険が約214,000円。
あなたの手取りは? 月収35万円(年収420万円)の場合、1年間の手取りは約3,300,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収40万円の税金と手取りは?

月収40万円(年収480万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収40万円(年収480万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約355,000円です。
所得税約124,000円、住民税が約231,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約694,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約450,000円、健康保険が約244,000円。
あなたの手取りは? 月収40万円(年収480万円)の場合、1年間の手取りは約3,740,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収45万円の税金と手取りは?

月収45万円(年収540万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収45万円(年収540万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約440,000円です。
所得税約166,000円、住民税が約274,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約744,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約483,000円、健康保険が約261,000円。
あなたの手取りは? 月収45万円(年収540万円)の場合、1年間の手取りは約4,200,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収50万円の税金と手取りは?

月収50万円(年収600万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収50万円(年収600万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約516,000円です。
所得税約204,000円、住民税が約312,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約846,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約549,000円、健康保険が約297,000円。
あなたの手取りは? 月収50万円(年収600万円)の場合、1年間の手取りは約4,620,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収55万円の税金と手取りは?

月収55万円(年収660万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収55万円(年収660万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約600,000円です。
所得税約251,000円、住民税が約349,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約948,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約615,000円、健康保険が約333,000円。
あなたの手取りは? 月収55万円(年収660万円)の場合、1年間の手取りは約5,030,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

月収60万円の税金と手取りは?

月収60万円(年収720万円)の税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや税金・保険料がどれくらいになるかチェックしておきましょう。

月収60万円(年収720万円)だったときのシミュレーション

 

あなたの税金は? 1年間にかかる税金は約747,000円です。
所得税約349,000円、住民税が約398,000円。
あなたの保険料は? 1年間に支払う保険料は約998,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合。
厚生年金が約648,000円、健康保険が約350,000円。
あなたの手取りは? 月収60万円(年収720万円)の場合、1年間の手取りは約5,430,000円です。
※勤務先の社会保険に加入している場合。金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※シミュレーション結果はおおよその金額です。
※独身・40歳未満・勤務先の社会保険に加入している場合。

今回のコラムはここまでです。月収と税金の関係についてわかっていただけましたか?

関連記事