個人事業主の税金と手取りは?年収400・500・600・700・800万円の方

2020.04.29 更新
この記事ではそれぞれの年収における個人事業主(自営業やフリーランスなど)の所得税・住民税・年金保険料・医療保険料についてまとめたもの掲載しています。
この記事の目次
年収400万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が400万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が200万円)
所得税 1年間で26,100円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で62,200円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で148,985円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で1,564,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が300万円)
所得税 1年間で71,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で152,800円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で243,285円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で2,334,035円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収500万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が500万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が300万円)
所得税 1年間で71,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で152,800円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で243,285円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で2,334,035円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収600万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が600万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収700万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が700万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が700万円)
所得税 1年間で582,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で515,100円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で620,485円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,083,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収800万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が800万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が700万円)
所得税 1年間で582,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で515,100円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で620,485円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,083,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が800万円)
所得税 1年間で763,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で605,600円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で714,785円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,717,435円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収1000万円以上の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が1000万円以上の場合について知りたい人は以下のシミュレーションをしてみましょう。配偶者や扶養する家族・子どもがいる場合などもシミュレーションできます。

今回のコラムはここまでです。個人事業主の税金と手取りについてわかっていただけましたか?

個人事業主の税金と手取りは?年収400・500・600・700・800万円の方

この記事ではそれぞれの年収における個人事業主(自営業やフリーランスなど)の所得税・住民税・年金保険料・医療保険料についてまとめたもの掲載しています。
この記事の目次
年収400万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が400万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が200万円)
所得税 1年間で26,100円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で62,200円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で148,985円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で1,564,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が300万円)
所得税 1年間で71,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で152,800円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で243,285円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で2,334,035円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収500万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が500万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が300万円)
所得税 1年間で71,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で152,800円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で243,285円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で2,334,035円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収600万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が600万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が400万円)
所得税 1年間で135,800円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で243,300円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で337,585円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,084,835円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収700万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が700万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が500万円)
所得税 1年間で226,400円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で333,900円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で431,885円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で3,809,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が700万円)
所得税 1年間で582,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で515,100円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で620,485円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,083,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収800万円の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が800万円のとき、所得税・住民税・社会保険料・手取りは以下のようになります。
青色申告特別控除は有り・20~39歳・独身である場合でシミュレーション。

経費が200万円のときは?(所得が600万円)
所得税 1年間で401,500円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で424,500円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で526,185円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で4,449,335円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が100万円のときは?(所得が700万円)
所得税 1年間で582,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で515,100円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で620,485円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,083,235円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

経費が0円のときは?(所得が800万円)
所得税 1年間で763,700円です。
所得税については所得税とは?を参照
住民税 1年間で605,600円です。
住民税については住民税とは?を参照
国民年金保険料 1年間で198,480円です。
国民年金については国民年金とは?を参照
国民健康保険料 1年間で714,785円です。
国民健康保険については国民健康保険とは?を参照
※国民健康保険料は市区町村によって金額が異なります。
手取り 1年間で5,717,435円です。

こちらのページで手取り・税金・保険料のシミュレーションができます。

年収1000万円以上の税金・保険料・手取りはいくら?

自営業やフリーランスなどの個人事業主の年収が1000万円以上の場合について知りたい人は以下のシミュレーションをしてみましょう。配偶者や扶養する家族・子どもがいる場合などもシミュレーションできます。

今回のコラムはここまでです。個人事業主の税金と手取りについてわかっていただけましたか?