所得税・住民税関連
更新日:2021年1月26日
ここでは勤務先が2か所以上あるアルバイトやサラリーマンなどの確定申告の手順などについて説明しています。
この記事の目次



勤務先が2ヶ所以上ある人の確定申告は?
サラリーマンまたはパート・アルバイトで勤務先が2ヶ所以上ある方は確定申告で1年間の稼ぎを申告して①所得税を納めるまたは②払い過ぎた所得税を返してもらうことになります。それぞれ必要なものや手順を見ていきましょう。

※ここでは勤務先が2ヶ所以上(源泉徴収票が2枚以上)の方の確定申告について記述しています。

ギャンブル等で所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
仮想通貨や広告収入などで所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。

確定申告をする期間はいつ?
今年1月1日~12月31日までの稼ぎについての確定申告の期間は翌年2月16日~3月15日までの間です(コロナの影響により、2021年に行う確定申告については4月15日まで延長)。
※たとえば2020年1月~12月までの稼ぎを申告する場合は2021年の2月16日からになります。


税金を返してもらう場合は?
払い過ぎた税金を返してもらう場合の確定申告については特に期間はなく、翌年1月1日からいつでも申告することができます。
※たとえば、2020年1月~12月までの収入における税金を返金してもらう場合は2021年の1月以降に確定申告をすればOKです(5年以内までなら返金を受け付けてくれます)。
確定申告をするのに必要なものは?
確定申告に必要なものは以下のとおりです。

必要なものは?

  • 銀行口座
  • 印鑑
  • マイナンバーカード(マイナンバーカードがない方はマイナンバー通知カードや身分証明書)
  • 源泉徴収票
    ※源泉徴収票と照らし合わせて入力するため。

確定申告のやり方・手順は?ネットで入力した申告書を印刷・郵送しよう
確定申告書への記入はネットで簡単にできます。以下のようにナビに従って入力するだけです。申告書を作成したら印刷して郵送しましょう。

作成した申告書を郵送すれば確定申告は完了です(納税する場合は税金を支払うのを忘れないようにしましょう)。

※最初の確認
給料のほかに所得がある方は以下のリンクを参照。無ければ以下の➊に進んでください。

ギャンブル等で所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
仮想通貨や広告収入などで雑所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
国税庁の確定申告書等作成コーナーにアクセス


※※スマホで入力するひとはスマホで確定申告のやり方・手順は?を見ながらすすめてください。
作成開始をクリック
※※スマホで入力するひとはスマホで確定申告のやり方・手順は?を見ながらすすめてください。

印刷して書面提出をクリック

同意して次へをクリック

所得税の欄をクリック

作成開始をクリック

生年月日を入力

該当する箇所を選択して次へをクリック

給与所得を入力するをクリック

それぞれの源泉徴収票と照らし合わせながら給与収入を入力するをクリック

源泉徴収票と照らし合わせながら各項目を入力する。入力したら入力内容の確認をクリック

すべての勤務先の給与収入を入力したら次へ進むをクリック

次へをクリック

源泉徴収票と照らし合わせて入力する項目がなければ次へをクリック

所得控除の入力をする方は以下のリンクを参照。
配偶者控除の入力の手順はこちら。
扶養控除の入力の手順はこちら。
社会保険料控除の入力の手順はこちら。
障害者控除の入力の手順はこちら。
寡婦控除の入力の手順はこちら。
配偶者控除とは:条件にあてはまる妻または夫がいると税金が安くなる
扶養控除とは:条件にあてはまる親族がいると税金が安くなる
社会保険料控除とは:社会保険料を支払っていると税金が安くなる
障害者控除とは:本人または親族が障害をもっている場合税金が安くなる
寡婦控除とは:条件にあてはまる寡婦は税金が安くなる
小規模企業共済等掛金控除とは:iDeCoなどを支払っていると税金が安くなる
生命保険料控除とは:生命保険料を支払っていると税金が安くなる
地震保険料控除とは:地震保険料を支払っていると税金が安くなる

源泉徴収票と照らし合わせて入力する項目がなければ次へをクリック

納付する金額が表示された方は以下のに進んでください。還付される金額が表示された方はに進んでください。

 
ここからは税金を納付する場合の方

納付する金額を確認したら次へをクリック

16歳未満の子供がいる等、住民税に関する事項で入力する項目がなければ次へをクリック

納税額が30万円以内であり、コンビニでQRコード納税をする人は納付方法にチェックを入れてください。
※QRコードによる納税についてはこちらで説明しています。

住所等を入力したら次へをクリック。

マイナンバーを入力して次へをクリック。わからない方は空欄で次へを入力後、表示されたメッセージのキャンセルを押す。

入力が終わったら保存して印刷。印刷した申告書を決められた税務署に郵送で提出しましょう。提出後、確定申告の期限である3月15日までに所得税の納付をしましょう。納付方法についてはこちら
※提出する際に必要な方は源泉徴収票や社会保険料控除の証明書などの添付を忘れないようにしましょう。

プリンターが無い方はこちら。ネットプリントサービスを利用しましょう。

書類のダウンロード・保存が済んだら次へをクリック。

これで申告書の作成は終わりです。注意書きを読んだら終了をクリック。

 
 
ここからは税金が返ってくる場合の方

帰ってくるお金(還付金)を確認して次へをクリック

次へをクリック

還付金を受けとる口座、住所等を入力したら次へをクリック

マイナンバーを入力して次へをクリック。わからない方は空欄で次へを入力後、表示されたメッセージのキャンセルを押す。

入力が終わったら保存して印刷。印刷した申告書を決められた税務署に郵送で提出しましょう。払い過ぎた所得税の還付を受ける方は提出後に指定した口座にお金が振り込まれます。
※提出する際に必要な方は源泉徴収票や社会保険料控除の証明書などの添付を忘れないようにしましょう。

プリンターが無い方はこちら。ネットプリントサービスを利用しましょう。

書類のダウンロード・保存が済んだら次へをクリック。

これで申告書の作成は終わりです。注意書きを読んだら終了をクリック。

プリンターが無い方は?
プリンターが無い方はプリントサービスを利用して作成した確定申告書をコンビニで印刷しましょう。

プリントサービスを利用して印刷しましょう。

セブンイレブンが近くにある方はネットプリント®のページ
スマホの場合はこちら

ほかのコンビニが近くにある方(セブンイレブンが近くに無い場合)はこちらのページ
あとは指示通りに進めていきましょう。印刷したら決められた税務署に申告書を提出しましょう。
確定申告書を提出したあと所得税を納めるには?
所得税の納付をする方は確定申告書を提出後に確定申告の期限である3月15日までに以下の方法で支払う必要があります(3月15日が土日の場合は翌月曜日)。

銀行または税務署の窓口で支払い

税務署や最寄りの銀行・信用金庫などに用意されている納付書に納税額を記載して窓口で支払います。
納付書の記載例pdf
コンビニでQRコードによる納税

30万円以内の納税額の場合はQRコードを用いてコンビニで支払いできます。確定申告書の作成時に納税方法をQRコードにすればQRコード用紙が印刷されます。


※QRコードによる納税を選択し忘れた方は国税庁のページコンビニ納付(QRコード)(別ページに移動します)からQRコードだけ作成することもできます。
クレジットカードで支払い

国税のクレジットカード納付専用のサイトから支払います。クレジットカードがある方は以下のページから手続できます。
国税クレジットカードお支払サイト(別ページに移動します)
e-Taxで支払い

e-Taxで確定申告をした方ができる納税方法です。e-taxでそのまま納税することができます。納税する約1ヵ月前までに「国税ダイレクト方式電子納税依頼書兼国税ダイレクト方式電子納税届出書」を決められた税務署に提出する必要があります。
国税ダイレクト方式電子納税依頼書兼国税ダイレクト方式電子納税届出書pdf
記載例(個人用)pdf
ゆうちょ銀行を使う方の注意pdf