給与所得控除とは?わかりやすく解説。給与所得や計算方法まで

2019.05.02 更新
この記事の目次
サラリーマンやアルバイトなどの税金の負担を軽くしてくれる給与所得控除。給与の額によって控除額も変わるのですが、「なにそれ?よくわかんない…」という方もいると思います。この記事では給与所得控除の計算の仕方について給与所得を計算していきながら説明していきます。
所得控除についてはこちら

給与所得とは?サラリーマンやアルバイトの所得

サラリーマンやアルバイトなどのように雇われて働くことでもらう給料は給与収入といいます。そしてこの給与収入をもとに給与所得を計算することになります。
所得の種類:所得は10種類に分けられています。

給与所得の計算は以下のように行います。

給与所得の計算

給与所得控除は給料の額によって変わります(以下で説明)
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

このように、もらった給料から給与所得控除額を差し引いた金額が給与所得になるんです。では次に給与所得控除についてみていきましょう。

給与所得控除きゅうよしょとくこうじょとは?税金を安くしてくれる?

給与所得控除とは、給料を貰っている方の税金の負担を軽くしてくれるものです。給与所得控除は給料の額によって次の表のように変わります。

給与所得控除の計算表(2019年)

計算例)収入100万円のときの給与所得は?
たとえば、年間の給与収入が100万円のとき、上記の表と照らし合わせると給与所得控除額は65万円となります。したがって、給与所得は、

100万円給与収入65万円給与所得控除 = 35万円給与所得
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

となります。

控除がなければ給与収入100万円がすべて給与所得になってしまいますが、給与所得控除のおかげで所得が減額されています(35万円)。所得が減ることでかけられる税金も減ることになります。

計算例)収入200万円のときの給与所得は?
たとえば、年間の給与収入が200万円のとき、上記の表と照らし合わせると給与所得控除額は、

200万円給与収入 × 30% + 18万円 = 78万円給与所得控除

となります。したがって、給与所得は、

200万円給与収入78万円給与所得控除 = 122万円給与所得
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

となります。

控除がなければ給与収入200万円がすべて給与所得になってしまいますが、給与所得控除のおかげで所得が減額されています(122万円)。所得が減ることでかけられる税金も減ることになります。

そしてこの給与所得をもとに、年末調整確定申告のときに所得税や住民税といった税金を計算することになります。

所得控除しょとくこうじょとの違いってなに?

給与所得控除と似たような名前の制度で「所得控除」というものがあります。どちらも税金の負担を軽くしてくれるものなんですが、それぞれ少し違いがあります。
控除の意味については、控除とは?を参照。

■給与所得控除と所得控除のちがいは?
簡単に説明すると、給与所得控除は給与所得を計算するときにつかうもので、所得控除は課税所得を計算するときにつかうものです。以下に計算式を示して説明します。

給与所得控除とは
給与所得控除は「給与所得」を計算するときにつかうもの。

こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

所得控除とは
所得控除は「課税所得」を計算するときにつかうもの。

所得控除については、所得控除とは?を参照。
課税所得については、課税所得とは?を参照。

給与所得控除きゅうよしょとくこうじょのおかげで税金が安くなる!

税金は所得が多ければ多いほどかかってきます。したがって、所得が少なければそのぶん税金も少なくなります。
所得についてはこちらを参照。

なので、収入から給与所得控除が引かれることによって所得金額が少なくなれば税金の負担は軽くなるということです。

収入ぜんぶに税金がかけられたら負担が重くなってしまいます。それだと経費がないサラリーマンなどの方はかわいそうですもんね。

今回のコラムはここまでです。給与所得控除についてなんとなくわかっていただけました?

【役に立つページ】
くわしい給与所得控除については、こちらを参照。
所得税については、所得税とは?を参照。
所得税率については、こちらを参照。
所得控除については、所得控除とは?を参照。

給与所得控除とは?わかりやすく解説。給与所得や計算方法まで

この記事の目次
サラリーマンやアルバイトなどの税金の負担を軽くしてくれる給与所得控除。給与の額によって控除額も変わるのですが、「なにそれ?よくわかんない…」という方もいると思います。この記事では給与所得控除の計算の仕方について給与所得を計算していきながら説明していきます。
所得控除についてはこちら

給与所得とは?サラリーマンやアルバイトの所得

サラリーマンやアルバイトなどのように雇われて働くことでもらう給料は給与収入といいます。そしてこの給与収入をもとに給与所得を計算することになります。
所得の種類:所得は10種類に分けられています。

給与所得の計算は以下のように行います。

給与所得の計算

給与所得控除は給料の額によって変わります(以下で説明)
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

このように、もらった給料から給与所得控除額を差し引いた金額が給与所得になるんです。では次に給与所得控除についてみていきましょう。

給与所得控除きゅうよしょとくこうじょとは?税金を安くしてくれる?

給与所得控除とは、給料を貰っている方の税金の負担を軽くしてくれるものです。給与所得控除は給料の額によって次の表のように変わります。

給与所得控除の計算表(2019年)

計算例)収入100万円のときの給与所得は?
たとえば、年間の給与収入が100万円のとき、上記の表と照らし合わせると給与所得控除額は65万円となります。したがって、給与所得は、

100万円給与収入65万円給与所得控除 = 35万円給与所得
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

となります。

控除がなければ給与収入100万円がすべて給与所得になってしまいますが、給与所得控除のおかげで所得が減額されています(35万円)。所得が減ることでかけられる税金も減ることになります。

計算例)収入200万円のときの給与所得は?
たとえば、年間の給与収入が200万円のとき、上記の表と照らし合わせると給与所得控除額は、

200万円給与収入 × 30% + 18万円 = 78万円給与所得控除

となります。したがって、給与所得は、

200万円給与収入78万円給与所得控除 = 122万円給与所得
こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

となります。

控除がなければ給与収入200万円がすべて給与所得になってしまいますが、給与所得控除のおかげで所得が減額されています(122万円)。所得が減ることでかけられる税金も減ることになります。

そしてこの給与所得をもとに、年末調整確定申告のときに所得税や住民税といった税金を計算することになります。

所得控除しょとくこうじょとの違いってなに?

給与所得控除と似たような名前の制度で「所得控除」というものがあります。どちらも税金の負担を軽くしてくれるものなんですが、それぞれ少し違いがあります。
控除の意味については、控除とは?を参照。

■給与所得控除と所得控除のちがいは?
簡単に説明すると、給与所得控除は給与所得を計算するときにつかうもので、所得控除は課税所得を計算するときにつかうものです。以下に計算式を示して説明します。

給与所得控除とは
給与所得控除は「給与所得」を計算するときにつかうもの。

こちらのシミュレーションで給与所得の計算ができます。

所得控除とは
所得控除は「課税所得」を計算するときにつかうもの。

所得控除については、所得控除とは?を参照。
課税所得については、課税所得とは?を参照。

給与所得控除きゅうよしょとくこうじょのおかげで税金が安くなる!

税金は所得が多ければ多いほどかかってきます。したがって、所得が少なければそのぶん税金も少なくなります。
所得についてはこちらを参照。

なので、収入から給与所得控除が引かれることによって所得金額が少なくなれば税金の負担は軽くなるということです。

収入ぜんぶに税金がかけられたら負担が重くなってしまいます。それだと経費がないサラリーマンなどの方はかわいそうですもんね。

今回のコラムはここまでです。給与所得控除についてなんとなくわかっていただけました?

【役に立つページ】
くわしい給与所得控除については、こちらを参照。
所得税については、所得税とは?を参照。
所得税率については、こちらを参照。
所得控除については、所得控除とは?を参照。