産休とは?いつから取れるの?期間は?お金がもらえる?

2019.07.15 更新
この記事の目次
産休について「赤ちゃんが出来たら会社を休むことができる」くらいの認識の方が多いのではないでしょうか。女性にとっては身近なことですが男性はあまり知らない育児関係のこと。ここで学んでいきましょう。この記事では産休についてわかりやすく説明していきます。
産休とは?

産休とは産前および産後に仕事を休むことができる制度です。

産前とは出産日の前、産後とは出産日の翌日以降のことをいいます。産前と産後で以下の期間を休むことができます。妊婦さんに優しい制度なんです。

産前休業
出産予定日を含む42日間(6週間)

産後休業
出産日の翌日から56日間(8週間)

くわしい産休については、こちらを参照。
パートでも正社員でも関係なく取れる産休!

「産休は正社員しか取れないんでしょ?」と思っている方。産休は正社員でもパートの方でも関係なく取得することができます!

この制度があるおかげで家族は安心できますよね。産休を取るときは事前に申請をすることはお忘れなく。

産休中にお金がもらえる?

産休中は会社を休むので、その間のお金が心配になる方も多いと思います。

そんな方のために出産手当金というものがあります。これは「産休で会社を休んでいる間もお金が支給される」制度です。

ただし、出産手当金は誰でももらえるわけではなく、健康保険または共済組合の被保険者(保険料を払っている方)に支給される制度となっています。

健康保険については、健康保険とは?を参照。
共済組合については、共済組合とは?を参照。
出産手当金はどのくらいもらえるの?

出産手当金は、おおよそ1日につき( 月給 ÷ 30 )の3分の2の金額が支給されます。出産手当金は加入している医療保険から支給されます。
健康保険または共済組合

支給金額の例

▶月収が約18万円の場合
支給額は1日あたり4,000円となります。

▶月収が約36万円の場合
支給額は1日あたり8,000円となります。
出産手当金の計算方法
出産手当金は、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。
※標準報酬日額とはおおよそ( 月給 ÷ 30 )。
くわしい出産手当金については、出産手当金ページを参照。

このように国の医療保険には赤ちゃんにやさしい制度があるんです。

今回のコラムはここまでです。産休についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
くわしい産休については、こちらを参照。
育休については、育休とは?を参照。
児童手当については、児童手当とは?を参照。
医療保険については、医療保険とは?ページを参照。
出産にかかるお金については、出産っていくらかかるの?を参照。

産休とは?いつから取れるの?期間は?お金がもらえる?

この記事の目次
産休について「赤ちゃんが出来たら会社を休むことができる」くらいの認識の方が多いのではないでしょうか。女性にとっては身近なことですが男性はあまり知らない育児関係のこと。ここで学んでいきましょう。この記事では産休についてわかりやすく説明していきます。
産休とは?

産休とは産前および産後に仕事を休むことができる制度です。

産前とは出産日の前、産後とは出産日の翌日以降のことをいいます。産前と産後で以下の期間を休むことができます。妊婦さんに優しい制度なんです。

産前休業
出産予定日を含む42日間(6週間)

産後休業
出産日の翌日から56日間(8週間)

くわしい産休については、こちらを参照。
パートでも正社員でも関係なく取れる産休!

「産休は正社員しか取れないんでしょ?」と思っている方。産休は正社員でもパートの方でも関係なく取得することができます!

この制度があるおかげで家族は安心できますよね。産休を取るときは事前に申請をすることはお忘れなく。

産休中にお金がもらえる?

産休中は会社を休むので、その間のお金が心配になる方も多いと思います。

そんな方のために出産手当金というものがあります。これは「産休で会社を休んでいる間もお金が支給される」制度です。

ただし、出産手当金は誰でももらえるわけではなく、健康保険または共済組合の被保険者(保険料を払っている方)に支給される制度となっています。

健康保険については、健康保険とは?を参照。
共済組合については、共済組合とは?を参照。
出産手当金はどのくらいもらえるの?

出産手当金は、おおよそ1日につき( 月給 ÷ 30 )の3分の2の金額が支給されます。出産手当金は加入している医療保険から支給されます。
健康保険または共済組合

支給金額の例

▶月収が約18万円の場合
支給額は1日あたり4,000円となります。

▶月収が約36万円の場合
支給額は1日あたり8,000円となります。
出産手当金の計算方法
出産手当金は、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。
※標準報酬日額とはおおよそ( 月給 ÷ 30 )。
くわしい出産手当金については、出産手当金ページを参照。

このように国の医療保険には赤ちゃんにやさしい制度があるんです。

今回のコラムはここまでです。産休についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
くわしい産休については、こちらを参照。
育休については、育休とは?を参照。
児童手当については、児童手当とは?を参照。
医療保険については、医療保険とは?ページを参照。
出産にかかるお金については、出産っていくらかかるの?を参照。