育休中にお金がいくらもらえる?育児休業給付金とは?期間はいつまで?

2019.03.21 更新
この記事の目次
子どもを育てるために仕事をやすむ「育休」。みなさんは育休をしているあいだもお金がもらえるって知っていますか?この記事では育休中にもらえるお金について簡単に説明していきます。
育児休業給付金とは?

育休中にもらえるお金を「育児休業給付金」といいます。これは雇用保険に入っている方が育休を取ったときにもらえるものです。

雇用保険についてはこちら

育休については、育休とは?を参照。

では次に、もらえる金額について見ていきましょう。

もらえる金額は?

支給額はおおよそ(月給 ÷ 30) × 支給日数 × 67%です。

計算式は以下のとおりです。

支給額

くわしい計算内容は、育児休業給付金を参照。

支給額の例

【月収が約15万円の場合】
支給額は月額約10万円(約8万円)となります。

【月収が約20万円の場合】
支給額は月額約13万円(約10万円)となります。

【月収が約30万円の場合】
支給額は月額約20万円(約15万円)となります。

※( )内は6ヶ月経過後の金額
育休については、育休とは?を参照。
もらえる期間は?

育児休業給付金がもらえるのは子どもが1才になるまでです。

ただし、保育所に入れたいけど入れないなどの場合、最長2歳になるまで延長することができます。

もらえる条件は?

以下の要件にすべてあてはまる方が育児休業給付金の支給対象者となります。

支給要件

  • 1歳に満たない子を養育していること(保育園に入所できない等、一定要件を満たす場合最長2歳)
  • 育児休業を開始した日の前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が通算して12カ月以上あること

※原則、日給者は各月の出勤日数、月給者は各月の暦日数

今回のコラムはここまです。育児休業給付金についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい育児休業給付金についてはこちら

育休については、育休とは?を参照。
産休については産休とは?を参照。
出産にかかるお金については出産っていくらかかるの?を参照。
医療保険については医療保険とは?ページを参照。
年金については年金制度とは?ページを参照。
雇用保険については雇用保険とは?を参照。

育休中にお金がいくらもらえる?育児休業給付金とは?期間はいつまで?

この記事の目次
子どもを育てるために仕事をやすむ「育休」。みなさんは育休をしているあいだもお金がもらえるって知っていますか?この記事では育休中にもらえるお金について簡単に説明していきます。
育児休業給付金とは?

育休中にもらえるお金を「育児休業給付金」といいます。これは雇用保険に入っている方が育休を取ったときにもらえるものです。

雇用保険についてはこちら

育休については、育休とは?を参照。

では次に、もらえる金額について見ていきましょう。

もらえる金額は?

支給額はおおよそ(月給 ÷ 30) × 支給日数 × 67%です。

計算式は以下のとおりです。

支給額

くわしい計算内容は、育児休業給付金を参照。

支給額の例

【月収が約15万円の場合】
支給額は月額約10万円(約8万円)となります。

【月収が約20万円の場合】
支給額は月額約13万円(約10万円)となります。

【月収が約30万円の場合】
支給額は月額約20万円(約15万円)となります。

※( )内は6ヶ月経過後の金額
育休については、育休とは?を参照。
もらえる期間は?

育児休業給付金がもらえるのは子どもが1才になるまでです。

ただし、保育所に入れたいけど入れないなどの場合、最長2歳になるまで延長することができます。

もらえる条件は?

以下の要件にすべてあてはまる方が育児休業給付金の支給対象者となります。

支給要件

  • 1歳に満たない子を養育していること(保育園に入所できない等、一定要件を満たす場合最長2歳)
  • 育児休業を開始した日の前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が通算して12カ月以上あること

※原則、日給者は各月の出勤日数、月給者は各月の暦日数

今回のコラムはここまです。育児休業給付金についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい育児休業給付金についてはこちら

育休については、育休とは?を参照。
産休については産休とは?を参照。
出産にかかるお金については出産っていくらかかるの?を参照。
医療保険については医療保険とは?ページを参照。
年金については年金制度とは?ページを参照。
雇用保険については雇用保険とは?を参照。