育休とは?期間はいつまで?条件は?わかりやすく解説。

2019.06.28 更新
この記事の目次
育休について男性はあまり知らない方が多いですよね。「赤ちゃんが出来たら会社を休むことができる!」くらいの認識の方が多いんじゃないでしょうか。この記事では育休について簡単に説明していきます。
育休とはどんなもの?育児休業制度とは

育休とは、子どもを養育するために休業することができる制度です。
※雇われて働いている方は育休をもらえる権利が法律で定められています。

条件にあてはまれば育児休業として仕事を休むことができるのです。また、1人の子どもについて、父・母ともに1回取得することができます。

育休の条件は?誰でも?

育休は条件にあてはまれば取得できます。条件は以下のとおりです。

育休取得の条件
1歳になっていない子を育てている男女労働者
パートや派遣の方などは、1年以上雇用されていることなどの条件が加わります。
くわしくは、育児休業ページを参照。
育休はどれくらいの期間?

育休をとれる期間は子どもが1歳になるまでのあいだ(誕生日の前日まで)です。

ただし、保育所に入れたいけど入れないなどの場合、最長2歳になるまで育休を延長することができます。

延長できる場合などのくわしい内容は、育児休業ページを参照。
お母さんだけじゃなく、お父さんも取れる育休!

育休はお母さんだけじゃなくお父さんも取ることができます。父・母ともに育休を取る場合、条件にあてはまれば子どもが1歳2ヶ月になるまで育休の期間を延長できるんです。

子どもを育てる方にとってはありがたいですよね。

延長できる場合などのくわしい内容は、育児休業ページを参照。
育休中はお金がもらえる?

育休中にはお金がもらえる場合があります。その金額は給料の60%くらい!

これについての条件等は以下のページで説明しています。

今回のコラムはここまでです。育休についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい育休について

産休については、産休とは?を参照。
出産にかかるお金については、出産っていくらかかるの?を参照。
育休中にもらえるお金については、育児休業給付金とは?を参照。
医療保険については、医療保険とは?ページを参照。
年金については、年金制度とは?ページを参照。

育休とは?期間はいつまで?条件は?わかりやすく解説。

この記事の目次
育休について男性はあまり知らない方が多いですよね。「赤ちゃんが出来たら会社を休むことができる!」くらいの認識の方が多いんじゃないでしょうか。この記事では育休について簡単に説明していきます。
育休とはどんなもの?育児休業制度とは

育休とは、子どもを養育するために休業することができる制度です。
※雇われて働いている方は育休をもらえる権利が法律で定められています。

条件にあてはまれば育児休業として仕事を休むことができるのです。また、1人の子どもについて、父・母ともに1回取得することができます。

育休の条件は?誰でも?

育休は条件にあてはまれば取得できます。条件は以下のとおりです。

育休取得の条件
1歳になっていない子を育てている男女労働者
パートや派遣の方などは、1年以上雇用されていることなどの条件が加わります。
くわしくは、育児休業ページを参照。
育休はどれくらいの期間?

育休をとれる期間は子どもが1歳になるまでのあいだ(誕生日の前日まで)です。

ただし、保育所に入れたいけど入れないなどの場合、最長2歳になるまで育休を延長することができます。

延長できる場合などのくわしい内容は、育児休業ページを参照。
お母さんだけじゃなく、お父さんも取れる育休!

育休はお母さんだけじゃなくお父さんも取ることができます。父・母ともに育休を取る場合、条件にあてはまれば子どもが1歳2ヶ月になるまで育休の期間を延長できるんです。

子どもを育てる方にとってはありがたいですよね。

延長できる場合などのくわしい内容は、育児休業ページを参照。
育休中はお金がもらえる?

育休中にはお金がもらえる場合があります。その金額は給料の60%くらい!

これについての条件等は以下のページで説明しています。

今回のコラムはここまでです。育休についてなんとなくわかっていただけましたか?

くわしい育休について

産休については、産休とは?を参照。
出産にかかるお金については、出産っていくらかかるの?を参照。
育休中にもらえるお金については、育児休業給付金とは?を参照。
医療保険については、医療保険とは?ページを参照。
年金については、年金制度とは?ページを参照。