障害年金とは?老後の年金だけじゃない!わかりやすく説明。

2019.10.02 更新
年金といえば「老後にもらう年金」が有名ですが、年金にはそのほかにも「障害年金」というものがあります。「年金は歳をとったときだけ」と思っている方はここで学んでいきましょう。この記事では障害年金について簡単に説明していきます。
障害年金とは?老後にもらうお金のほかにもあるの?

障害年金とは、病気やケガなどで障害を負ったときにもらえる年金です。

病気やケガなどで障害を負うことは誰もがかかえるリスクです。年金は老後以外にも障害のリスクにも対応してくれているんです。
リスクに見舞われた方に年金が給付されます。

どれくらいの金額もらえる?

障害の状態(1級~3級)により、以下に示した金額が年金として給付されます。

障害年金のもらえる金額

たとえばどれくらいもらえるの?
※たとえば、勤務年数20年の会社員(平均月収30万円、配偶者有り、子が2人)で1級障害の場合、障害年金は約220万円となります。
病気やケガで障害を負ったとき、すべての方が加入する国民年金からは「障害基礎年金」がもらえます。さらにサラリーマンなど厚生年金から「障害厚生年金」がもらえます。

くわしい受給要件などは以下のページで説明しています。

今回のコラムはここまでです。障害年金についてわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
障害等級について知りたい方は、こちらを参照。
受給要件などくわしい障害年金については、障害年金ページを参照。
国民年金についてはこちらを参照。
厚生年金についてはこちらを参照。
老後にもらえる年金については、こちらを参照。

障害年金とは?老後の年金だけじゃない!わかりやすく説明。

年金といえば「老後にもらう年金」が有名ですが、年金にはそのほかにも「障害年金」というものがあります。「年金は歳をとったときだけ」と思っている方はここで学んでいきましょう。この記事では障害年金について簡単に説明していきます。
障害年金とは?老後にもらうお金のほかにもあるの?

障害年金とは、病気やケガなどで障害を負ったときにもらえる年金です。

病気やケガなどで障害を負うことは誰もがかかえるリスクです。年金は老後以外にも障害のリスクにも対応してくれているんです。
リスクに見舞われた方に年金が給付されます。

どれくらいの金額もらえる?

障害の状態(1級~3級)により、以下に示した金額が年金として給付されます。

障害年金のもらえる金額

たとえばどれくらいもらえるの?
※たとえば、勤務年数20年の会社員(平均月収30万円、配偶者有り、子が2人)で1級障害の場合、障害年金は約220万円となります。
病気やケガで障害を負ったとき、すべての方が加入する国民年金からは「障害基礎年金」がもらえます。さらにサラリーマンなど厚生年金から「障害厚生年金」がもらえます。

くわしい受給要件などは以下のページで説明しています。

今回のコラムはここまでです。障害年金についてわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
障害等級について知りたい方は、こちらを参照。
受給要件などくわしい障害年金については、障害年金ページを参照。
国民年金についてはこちらを参照。
厚生年金についてはこちらを参照。
老後にもらえる年金については、こちらを参照。