社会保険とは?どんな保険?わかりやすく解説!

2019.09.29 更新
この記事の目次
生活していれば必ず関わってくる社会保険。ですが「社会保険についてよくわからない…」という方もいると思います。この記事では社会保険について簡単に説明していきます。

※ここで説明する社会保険は会社で加入する「狭い意味での社会保険」とは異なります。

社会保険ってなに?

病気・ケガ・死亡などの生活上のリスク。これらのリスクは誰もが抱えており、避けることはできません。そこで、これらの生活上のリスクを社会全体で対処しようという考えのもと作られたのが社会保険です。

リスクにそなえて国民があらかじめお金(保険料)を出し合い、リスクに見舞われた方に必要なお金やサービスを支給する仕組みになっています。

会社で加入する社会保険とは違う?

この記事で説明する社会保険は会社で加入する「狭い意味での社会保険」とは異なります。会社で加入する社会保険については以下のページで説明しています。

社会保険は5つの保険制度

社会保険は5つの保険制度で構成されています。

➊医療保険とは
病気・ケガにそなえる。
医療保険とは健康保険や国保などのことをいいます。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
➋年金保険とは
年をとったときや障害を負ったときなどに年金を給付する。
年金保険とは国民年金や厚生年金のことをいいます。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
➌労災保険とは
仕事上の病気・ケガにそなえる。
労災保険については、労災保険とは?を参照。
➍雇用保険とは
失業などにそなえる。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。
➎介護保険とは
介護が必要になったときにそなえる。
介護保険については、介護保険とは?を参照。

これらが集まって社会保険はできているのです。

社会保険の保険料は高くなり過ぎたりしないようになっています。

社会保険はリスクにそなえてあらかじめお金(保険料)を出し合います。

ただし、社会保険は加入者の保険料だけで運営しているわけではありません。会社が支払う保険料税金なども社会保険を運営するために使われています。

そのため、たとえ年をとったり病気をしたりしてリスクが高くなっても、加入者の保険料が高くなり過ぎたりせずに必要な給付を受けられるようになっています。

今回のコラムはここまでです。社会保険についてなんとなくわかっていただけましたか?

会社で加入する社保についてはこちら

【役に立つページ】
社会保険(厚生年金・健康保険)の加入条件については、こちらを参照。
健康保険については、健康保険とは?を参照。
厚生年金については、厚生年金とは?を参照。
くわしい社会保険については、社会保険ページを参照。
社会保障制度については、こちらを参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
労災保険については、労災保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。

社会保険とは?どんな保険?わかりやすく解説!

この記事の目次
生活していれば必ず関わってくる社会保険。ですが「社会保険についてよくわからない…」という方もいると思います。この記事では社会保険について簡単に説明していきます。

※ここで説明する社会保険は会社で加入する「狭い意味での社会保険」とは異なります。

社会保険ってなに?

病気・ケガ・死亡などの生活上のリスク。これらのリスクは誰もが抱えており、避けることはできません。そこで、これらの生活上のリスクを社会全体で対処しようという考えのもと作られたのが社会保険です。

リスクにそなえて国民があらかじめお金(保険料)を出し合い、リスクに見舞われた方に必要なお金やサービスを支給する仕組みになっています。

会社で加入する社会保険とは違う?

この記事で説明する社会保険は会社で加入する「狭い意味での社会保険」とは異なります。会社で加入する社会保険については以下のページで説明しています。

社会保険は5つの保険制度

社会保険は5つの保険制度で構成されています。

➊医療保険とは
病気・ケガにそなえる。
医療保険とは健康保険や国保などのことをいいます。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
➋年金保険とは
年をとったときや障害を負ったときなどに年金を給付する。
年金保険とは国民年金や厚生年金のことをいいます。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
➌労災保険とは
仕事上の病気・ケガにそなえる。
労災保険については、労災保険とは?を参照。
➍雇用保険とは
失業などにそなえる。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。
➎介護保険とは
介護が必要になったときにそなえる。
介護保険については、介護保険とは?を参照。

これらが集まって社会保険はできているのです。

社会保険の保険料は高くなり過ぎたりしないようになっています。

社会保険はリスクにそなえてあらかじめお金(保険料)を出し合います。

ただし、社会保険は加入者の保険料だけで運営しているわけではありません。会社が支払う保険料税金なども社会保険を運営するために使われています。

そのため、たとえ年をとったり病気をしたりしてリスクが高くなっても、加入者の保険料が高くなり過ぎたりせずに必要な給付を受けられるようになっています。

今回のコラムはここまでです。社会保険についてなんとなくわかっていただけましたか?

会社で加入する社保についてはこちら

【役に立つページ】
社会保険(厚生年金・健康保険)の加入条件については、こちらを参照。
健康保険については、健康保険とは?を参照。
厚生年金については、厚生年金とは?を参照。
くわしい社会保険については、社会保険ページを参照。
社会保障制度については、こちらを参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
労災保険については、労災保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。