フリーターで130万円超えると損?それともお得?年収いくらがベスト?

2020.01.13 更新
自分の年収によって変わってくる税金や保険料。何もわからなくて不安になる方もいると思います。この記事ではフリーターの年収130万円が損なのか得なのかについて説明していきます。
この記事の目次
フリーターで130万円を超えると損?それともお得?

税金等について何もわからずに「年収130万円を超えると損になるの?」と不安になる方もいると思います。

簡単に説明すると、自分がフリーターで会社員の親族に扶養されているなら年収130万円が損得のボーダーラインになるということです。自分が会社員の親族に扶養されていないなら年収130万円を気にする必要はありません。気にしないでガンガン稼ぎましょう。

年収130万円が損得のボーダーラインのように言われているのはなぜ?

年収130万円は社会保険の扶養に入れるボーダーラインです。親族が社会保険に加入しており、あなたが年収130万円未満ならあなたは親族の社会保険の扶養になれるので、健康保険料を支払わなくてすむのです。つまり、130万円以上になると自分で支払う健康保険料が加算されてしまうので、年収130万円が損得のボーダーラインのように言われているということです。

ちなみに、親族に扶養されていない場合は年収130万円のボーダーラインは関係ありません。

親の税金は関係ある?

年収130万円と親の税金は関係ありません。

ちなみに、あなたが年収103万円以内だとあなたを扶養している親の税金が安くなるのですが、年収が103万円を超えると親の税金は安くなりません。したがって、年収130万円を超えて稼ごうとしている人にとっては親の税金のことは考えなくても問題ありません。

※103万円のボーダーラインについてはアルバイトやフリーターの年収103万円の壁?を参照。

年収いくらがベスト?働き方のパターン別で考えてみよう

フリーターの年収がいくらがお得なのかは社会保険に加入するかまたはどれだけ稼ぎたいかで変わってきます。以下にそれぞれのパターンで説明していきます。

社会保険の扶養に入っており、あまりガツガツ働きたくない場合は?
あなたが親族の社会保険の扶養に入っており、あまりたくさん働きたくない場合には、年収130万円未満におさえるのが一番お得な年収といえるでしょう。

ただし、働く時間などの社会保険の加入条件を満たした場合には年収130万円未満でも勤務先の社会保険に自分で加入することになるので注意してください。

※たとえば、年収120万円で勤務先の社会保険に加入した場合には、あなたが支払う保険料は年間約17万円になります。
社会保険の扶養に入っているが、扶養を外れてもっと稼ぎたい場合は?
以下の表はフリーターの年収別シミュレーションです。40歳未満・親族が社会保険に加入している・フリーターとして計算しています。

手取りを見てみると、扶養を外れて自分で勤務先の社会保険に加入してガンガン働きたい場合には、年間140万円以上稼がないと手取りが上回らないのでお得とはいえません。したがって、社会保険に自分で加入してたくさん稼ぎたいという方は年間140万円以上稼がないと損になります。年収130万円など気にせずにガンガン稼ぎましょう。

※国民年金については全額免除または納付猶予を受けているとしています。
※金額はおおよそです。シミュレーションは税金・保険料シミュレーションページで行いました。

扶養に入っていない場合は?
あなたが親族の社会保険の扶養に入っていない場合には、年収130万円のボーダーラインなどは関係ないので、勤務先の社会保険に加入してガンガン働いて稼いだほうが一番お得といえます。
まとめ

130万円付近の年収を稼ごうとすると損得の計算が少し複雑になりますが、そんなの気にせずにガンガン稼ぎたい人にとっては年収130万円のボーダーラインはあまり関係ありません。どんどん働いてお金を稼いでください。

ここまでのまとめ

  • 親族の扶養に入っているなら年収130万円未満におさえるのが一番お得
  • 親族の扶養を抜けてガンガン働くなら年収140万円以上稼がないと損

今回のコラムはここまでです。フリーターのお得な年収についてわかっていただけましたか?

フリーターで130万円超えると損?それともお得?年収いくらがベスト?

自分の年収によって変わってくる税金や保険料。何もわからなくて不安になる方もいると思います。この記事ではフリーターの年収130万円が損なのか得なのかについて説明していきます。
この記事の目次
フリーターで130万円を超えると損?それともお得?

税金等について何もわからずに「年収130万円を超えると損になるの?」と不安になる方もいると思います。

簡単に説明すると、自分がフリーターで会社員の親族に扶養されているなら年収130万円が損得のボーダーラインになるということです。自分が会社員の親族に扶養されていないなら年収130万円を気にする必要はありません。気にしないでガンガン稼ぎましょう。

年収130万円が損得のボーダーラインのように言われているのはなぜ?

年収130万円は社会保険の扶養に入れるボーダーラインです。親族が社会保険に加入しており、あなたが年収130万円未満ならあなたは親族の社会保険の扶養になれるので、健康保険料を支払わなくてすむのです。つまり、130万円以上になると自分で支払う健康保険料が加算されてしまうので、年収130万円が損得のボーダーラインのように言われているということです。

ちなみに、親族に扶養されていない場合は年収130万円のボーダーラインは関係ありません。

親の税金は関係ある?

年収130万円と親の税金は関係ありません。

ちなみに、あなたが年収103万円以内だとあなたを扶養している親の税金が安くなるのですが、年収が103万円を超えると親の税金は安くなりません。したがって、年収130万円を超えて稼ごうとしている人にとっては親の税金のことは考えなくても問題ありません。

※103万円のボーダーラインについてはアルバイトやフリーターの年収103万円の壁?を参照。

年収いくらがベスト?働き方のパターン別で考えてみよう

フリーターの年収がいくらがお得なのかは社会保険に加入するかまたはどれだけ稼ぎたいかで変わってきます。以下にそれぞれのパターンで説明していきます。

社会保険の扶養に入っており、あまりガツガツ働きたくない場合は?
あなたが親族の社会保険の扶養に入っており、あまりたくさん働きたくない場合には、年収130万円未満におさえるのが一番お得な年収といえるでしょう。

ただし、働く時間などの社会保険の加入条件を満たした場合には年収130万円未満でも勤務先の社会保険に自分で加入することになるので注意してください。

※たとえば、年収120万円で勤務先の社会保険に加入した場合には、あなたが支払う保険料は年間約17万円になります。
社会保険の扶養に入っているが、扶養を外れてもっと稼ぎたい場合は?
以下の表はフリーターの年収別シミュレーションです。40歳未満・親族が社会保険に加入している・フリーターとして計算しています。

手取りを見てみると、扶養を外れて自分で勤務先の社会保険に加入してガンガン働きたい場合には、年間140万円以上稼がないと手取りが上回らないのでお得とはいえません。したがって、社会保険に自分で加入してたくさん稼ぎたいという方は年間140万円以上稼がないと損になります。年収130万円など気にせずにガンガン稼ぎましょう。

※国民年金については全額免除または納付猶予を受けているとしています。
※金額はおおよそです。シミュレーションは税金・保険料シミュレーションページで行いました。

扶養に入っていない場合は?
あなたが親族の社会保険の扶養に入っていない場合には、年収130万円のボーダーラインなどは関係ないので、勤務先の社会保険に加入してガンガン働いて稼いだほうが一番お得といえます。
まとめ

130万円付近の年収を稼ごうとすると損得の計算が少し複雑になりますが、そんなの気にせずにガンガン稼ぎたい人にとっては年収130万円のボーダーラインはあまり関係ありません。どんどん働いてお金を稼いでください。

ここまでのまとめ

  • 親族の扶養に入っているなら年収130万円未満におさえるのが一番お得
  • 親族の扶養を抜けてガンガン働くなら年収140万円以上稼がないと損

今回のコラムはここまでです。フリーターのお得な年収についてわかっていただけましたか?