所得税・住民税関連
更新日:2019年11月6日
地震保険料控除の書き方(保険料控除申告書の記入例)
年末調整で地震保険料控除の申請をするには給与所得者の保険料控除申告書の該当箇所に記入して提出しなければなりません。2019年度(令和元年)の記入例は以下に示したとおりです。

年末調整の書き方については、こちらを参照。
地震保険料控除の記入例
▶契約している保険会社から送られてくる「地震保険料控除証明書」に記載されている金額等を以下の青枠の中に記入してください。
記入手順
契約している保険会社の名前を記入する。
保険の種類を記入する。
たとえば「地震」や「積立〇〇」など。
保険期間を記入する。
契約者の名前を記入する。
契約している保険の対象者の名前を記入する。
たとえば契約者本人や本人の親族など。
➎との続柄を記入する。
契約している保険の区分に〇を記入する。
「地震保険料控除証明書」に記載された保険料の金額を記入する。
地震保険料の合計額を記入する。
旧長期損害保険料の合計額を記入する。
➒の金額を記入する。
※50,000円以上の場合は50,000円と記入
➓の金額を記入する。
※15,000円以上の場合は15,000円と記入
⓫と⓬の合計を記入する。
※50,000円以上の場合は50,000円と記入
※※保険会社から送られてきた「地震保険料控除証明書」は申告書に添付して提出してください。無くした場合は契約している保険会社に連絡して再発行の依頼をしてください。
年末調整の書き方については、こちらを参照。
年末調整の申請の仕方は?
年末調整を行うには勤務先に年末調整関係書類を提出する必要があります。

年末調整の書き方については、こちらを参照。
扶養控除の申請については、こちらを参照。
配偶者控除の申請については、こちらを参照。
障害者控除の申請については、こちらを参照。
勤労学生控除の申請については、こちらを参照。