所得税・住民税関連
更新日:2021年9月25日
基礎控除申告書の書き方(年末調整)
給与所得者の基礎控除申告書の2021年度(令和3年)の記入例は以下に示したとおりです。

記入のやり方についても以下で説明しているのでチェックしておきましょう。

※申告書は年末調整の時期に勤務先から配布されます。
※年末調整の書き方については2021年末調整の書き方を参照。
給与所得者の基礎控除申告書の記入例
▶以下の書類が給与所得者の基礎控除申告書の記入例です。年末調整の時期に勤務先から配布されます。
記入のやり方
手順①収入金額欄に「本人の1年間の年収(給料およびボーナス等の総支給額)」を記入する。その次に、所得金額欄に給与所得を記入する。※給与所得についてはこちらで計算できます。
※12月までの給料等の正確な金額がわからなければ1年間の見込み額でOK。

手順②給料以外の収入があれば記入する。
※たとえば副業(ブログやウーバー、YouTubeの広告収入など)で手に入れた雑所得など。ただし、副業が禁止されている会社に勤めている場合、この項目に記入して副業をしていることがバレてしまうと契約違反で注意されてしまう可能性があります(会社によっては解雇されてしまう場合も)。したがって、副業でたくさんお金を稼いでいる方はこの項目は空欄にして自分で確定申告することをおすすめします。確定申告をする際は副業がバレないように手続きをすることをオススメします。

手順合計所得金額の見積額を記入する。
手順④合計所得金額の見積額に該当する判定結果にチェック
※2,500万円を超える場合はチェック不要。
手順配偶者がいる場合には区分Ⅰに手順④の判定結果のA,B,Cを記入する
手順⑥手順④の判定結果に沿って48万円、32万円、16万円のいずれかを記入する

基礎控除申告書への記入はここまでです。
※基礎控除については基礎控除とは?を参照。

配偶者控除や所得調整控除を申請するかたは以下のページに進んでください。

配偶者控除などを申請する場合は以下のページに進む
配偶者控除等申告書については配偶者控除等申告書の書き方を参照。
所得金額調整控除申告書については所得金額調整控除申告書の書き方を参照。

ほかにも記入する箇所があるのか不安な方は下記の年末調整の書き方ページでチェックしておきましょう。
※年末調整の書き方については2021年末調整の書き方を参照。

年末調整の申請の仕方は?
年末調整を行うには勤務先に年末調整関係書類を提出する必要があります。