所得税・住民税関連
更新日:2021年9月25日
所得金額調整控除申告書の書き方(年末調整)
所得金額調整控除申告書の2021年度(令和3年)の記入例は以下に示したとおりです。

ちなみに、2021年から創設された所得金額調整控除についてはこちらのページで説明しています。

※申告書は年末調整の時期に勤務先から配布されます。
※年末調整の書き方については2021年末調整の書き方を参照。
給与所得者の所得金額調整控除申告書の記入例
▶以下の書類が給与所得者の所得金額調整控除申告書の記入例です。年末調整の時期に勤務先から配布されます。
記入のやり方Part1
該当する要件にチェックを入れる
※あなたの年収が850万円以下の場合、所得金額調整控除は適用されないので空欄でかまいません。
※扶養親族については扶養親族とは?を参照。
※同一生計配偶者については同一生計配偶者とは?を参照。
記入のやり方Part2
要件欄にチェックをつけた配偶者または扶養親族の氏名、個人番号、生年月日等を記入する。アルバイトなどをしており所得がある場合は1年間の所得金額を記入する。
※給与所得についてはこちらで計算できます。
※個人番号は勤務先によって記入しなくてよい場合があります。
※「特別障害者に該当する事実」欄には障害の等級や障害手帳の交付年月日などの特別障害者に該当する事実を記入する(「扶養控除等(異動)申告書」に記載している特別障害者と同一である場合には、「扶養控除等申告書のとおり」と記載すればOK)。

申告書への記入はここまでです。ほかにも記入する箇所があるのか不安な方は下記の年末調整の書き方ページでチェックしておきましょう。
※年末調整の書き方については2021年末調整の書き方を参照。
所得金額調整控除についてはこちらのページで説明しています。

年末調整の申請の仕方は?
年末調整を行うには勤務先に年末調整関係書類を提出する必要があります。