年金・保険関連
更新日:2020年6月3日
国民年金の追納とは
国民年金の追納制度とは、お金が無くて保険料の支払いの免除や猶予を受けていた人があとからさかのぼって保険料を納めることができる制度です。追納をすると、老後にもらう年金が減額してしまうのを防ぐことができます。

ちなみに、10年以内であれば保険料の追納をすることができます。将来受け取る年金額を減らしたくない人は経済的に余裕が出来てから追納をしましょう。
※たとえば2019年4月ぶんは2029年4月末まで。

追納の手続きはどうやる?
お近くの年金事務所で申し込みをすると納付書が渡されるので、その納付書を用いて保険料を納めることになります。