保険ってなに?大人も子供も関係ある?保険の種類

2022.09.05 更新
保険が何のためにあるのかよく知らずに「大人なら保険に入らなきゃいけないんでしょ?」みたいな考えになっている方もいると思います。この記事では保険とは何かについてわかりやすく簡単に説明しています。

保険とは?

保険とは「リスクにそなえて保険料を支払っておき、万が一何かがあったときにお金などを支給してもらう」ものです。

わたしたちが住んでいる日本では、すべての方が関係する社会保険が代表的な存在となっています。

保険のしくみは以下のようになります。保険について何も知らない方はチェックしておきましょう。

保険のしくみ
➊リスクにそなえてあらかじめお金(保険料)を出し合う。
➋リスクに見舞われたひとに必要なお金やサービスが保険から支給される。

そして、保険は大きく分けると「社会保険」と「民間保険」に分けられます。すべてのひとが必ず関わることになる保険が社会保険です。

ガン保険や生命保険などの民間保険は、加入したい人が自分で保険会社と契約して保険料を支払うことになります。したがって、民間保険に加入するときは「自分のライフスタイルに民間保険が必要かどうか」を考える必要があります。
※「大人なら生命保険に入っておこう」みたいな意味不明な理由で加入しようとしている方は保険についてちゃんと理解しておきましょう。

それぞれの違いについて気になる方は下記の記事をチェックしておきましょう。