家族が亡くなったときは。国民年金から死亡一時金。

2019.11.13 更新
この記事の目次
国民年金に加入している方が亡くなったとき、条件にあてはまれば遺族年金が給付されますが、条件にあてはまらないと遺族年金を受けとれません。そんな方のために国民年金から給付される「死亡一時金」というものがあります。この記事では死亡一時金について簡単に説明していきます。
死亡一時金とは?

死亡一時金とは国民年金に加入している方が亡くなったときに家族に給付されるものです。
国民年金第1号被保険者として保険料納付済期間が36月以上ある方

遺族年金は条件にあてはまらないと給付されません。そんな方のためにあるのが死亡一時金です。

▶こんなページも見られています

死亡一時金の金額は?

死亡一時金の金額を以下に示します。死亡一時金は最大で32万円です。

死亡一時金

死亡日の翌日から2年を経過した場合、請求することができなくなるので注意してください。
くわしい死亡一時金についてはこちらを参照。

遺族年金についてはこちら
死亡一時金を受けとれる家族

死亡一時金は遺族の中で優先順位の高い方に給付されます。

優先順位は配偶者が一番で兄弟姉妹が最下位となっています。

優先順位
1.配偶者
2.子
3.父母
4.孫
5.祖父母
6.兄弟姉妹

今日のコラムはここまでです。死亡一時金についてなんとなくわかっていただけましたか?
くわしい死亡一時金についてはこちらを参照。

家族が亡くなったときは。国民年金から死亡一時金。

この記事の目次
国民年金に加入している方が亡くなったとき、条件にあてはまれば遺族年金が給付されますが、条件にあてはまらないと遺族年金を受けとれません。そんな方のために国民年金から給付される「死亡一時金」というものがあります。この記事では死亡一時金について簡単に説明していきます。
死亡一時金とは?

死亡一時金とは国民年金に加入している方が亡くなったときに家族に給付されるものです。
国民年金第1号被保険者として保険料納付済期間が36月以上ある方

遺族年金は条件にあてはまらないと給付されません。そんな方のためにあるのが死亡一時金です。

▶こんなページも見られています

死亡一時金の金額は?

死亡一時金の金額を以下に示します。死亡一時金は最大で32万円です。

死亡一時金

死亡日の翌日から2年を経過した場合、請求することができなくなるので注意してください。
くわしい死亡一時金についてはこちらを参照。

遺族年金についてはこちら
死亡一時金を受けとれる家族

死亡一時金は遺族の中で優先順位の高い方に給付されます。

優先順位は配偶者が一番で兄弟姉妹が最下位となっています。

優先順位
1.配偶者
2.子
3.父母
4.孫
5.祖父母
6.兄弟姉妹

今日のコラムはここまでです。死亡一時金についてなんとなくわかっていただけましたか?
くわしい死亡一時金についてはこちらを参照。