仕事でケガをした…そんなときの病院代は無料!労災保険の療養補償給付とは?

2019.04.26 更新
仕事でケガをしたら労災保険が役に立つ!
「仕事でケガをした…病院にいかなきゃ…。」仕事中のケガは誰もが抱えるリスクです。ケガをしたら病院代を払わなきゃいけなくなります。そんなときに役に立つのが労災保険です。この記事では労災保険の給付のひとつである療養補償給付りょうようほしょうきゅうふについて説明していきます。
療養補償給付りょうようほしょうきゅうふとは?病院代は無料に?

労災保険の給付のひとつである療養補償給付とは、簡単に説明すると仕事で病気・ケガをしたときに病院での治療や薬の処方が無料で受けられるものです。

治療の代金は労災保険が肩代わりしてくれることになっています。

労災保険についてはこちら

無料にしてくれる期間はどのくらい?

治療や薬代を無料で受けられる給付期間はどのくらいなのかというとその症状が「ゆ」するまでです。したがって、治るまで給付を行ってくれるということです。
※治ゆとは、傷病の症状が安定し、医学上一般にみとめられた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった状態(症状固定)をいいます。

休んでいるときにもお金がもらえる?

長期間休まなければいけないときは生活費などが心配ですよね。治療代が無料になるとはいえ、仕事を休まなきゃならなくなるので給料がもらえません。

そんなときに役に立つのが休業補償給付です。簡単に説明すると、仕事中のケガで休んでいる間にもお金がもらえるというものです。

くわしくは以下の記事で説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の療養補償給付りょうようほしょうきゅうふについてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
休業補償給付きゅうぎょうほしょうきゅうふについては、こちらを参照。
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。

仕事でケガをした…そんなときの病院代は無料!労災保険の療養補償給付とは?

仕事でケガをしたら労災保険が役に立つ!
「仕事でケガをした…病院にいかなきゃ…。」仕事中のケガは誰もが抱えるリスクです。ケガをしたら病院代を払わなきゃいけなくなります。そんなときに役に立つのが労災保険です。この記事では労災保険の給付のひとつである療養補償給付りょうようほしょうきゅうふについて説明していきます。
療養補償給付りょうようほしょうきゅうふとは?病院代は無料に?

労災保険の給付のひとつである療養補償給付とは、簡単に説明すると仕事で病気・ケガをしたときに病院での治療や薬の処方が無料で受けられるものです。

治療の代金は労災保険が肩代わりしてくれることになっています。

労災保険についてはこちら

無料にしてくれる期間はどのくらい?

治療や薬代を無料で受けられる給付期間はどのくらいなのかというとその症状が「ゆ」するまでです。したがって、治るまで給付を行ってくれるということです。
※治ゆとは、傷病の症状が安定し、医学上一般にみとめられた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった状態(症状固定)をいいます。

休んでいるときにもお金がもらえる?

長期間休まなければいけないときは生活費などが心配ですよね。治療代が無料になるとはいえ、仕事を休まなきゃならなくなるので給料がもらえません。

そんなときに役に立つのが休業補償給付です。簡単に説明すると、仕事中のケガで休んでいる間にもお金がもらえるというものです。

くわしくは以下の記事で説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の療養補償給付りょうようほしょうきゅうふについてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
休業補償給付きゅうぎょうほしょうきゅうふについては、こちらを参照。
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。