知っておこう!社会保障制度とは何のことなのか?

2020.11.22 更新
社会保障について考えようっていわれても…

「社会保障の問題について考えようっていわれても…」社会保障のことを知らない状態では問題を考えることもできません。そのような方のためにこの記事では「社会保障」について説明していきます。

みんな暮らしの中でリスクを抱えている。

歳をとったり、ケガをしたり、病気や死亡…。暮らしのなかでわたしたちは様々なリスクを抱えています。このようなリスクは頑張っても避けられるものではありません。

そこで重要になってくるのが社会保障制度です。

社会保障制度とは?

社会保障制度とは、簡単に説明すると「病気や貧困などのひとりでは支えきれない生活上のリスクをみんなで、国で、社会全体で対応する」制度です。
※セーフティネットなどの詳しい社会保障制度については社会保障制度ってなに?で解説しています。


この制度のおかげで、わたしたちはリスクに必要以上におびえることなく自立した生活を送ることができているのです。

4つの制度でリスクに対応!

社会保障は4つの制度からなっています。これらの制度がわたしたちの暮らしを支えてくれています。
※セーフティネットの役割などくわしい社会保障制度については社会保障制度ページで説明しています。


その社会保障のなかでも有名なのが社会保険です。「社会保険は聞いたことある!」という方も結構いると思います。
※保険については保険ってなに?大人も子供も関係ある?を参照。


このように、社会保障制度はわたしたちの暮らしに密接に関わっている制度なんです。

社会保障は4つの制度で出来ている

今回のコラムはここまでです。社会保障についてわかっていただけましたか?