仕事によるケガが治らない…そんなときは労災保険の傷病補償年金。

2019.08.06 更新
仕事によるケガや病気が治らないときは?

「仕事でケガをした…しばらく会社を休んだけど治らない…。」仕事で被ったケガや病気が治らないくらいの症状だったときは大変です。そんなときは労災保険から年金が支給されます。

この記事では労災保険の給付のひとつである傷病補償年金について説明していきます。

▶労災保険についてはこちら

傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんとは?年金がもらえる?

簡単に説明すると、傷病補償年金とは仕事が原因の病気・ケガの治療後1年6ヶ月を経っても治らないときに支給されるものです。

もう少しくわしく
※もう少しくわしく説明すると、つぎの2つの要件にあてはまったときに支給されるものです。
【要件】
・その病気やケガが治っていないこと(治ゆしていないこと)
・その病気やケガによる障害の程度が傷病等級表の傷病等級に該当すること

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

では、傷病補償年金はいったいどのくらいもらえるのでしょうか。

その金額は以下のようになっており、ケガや病気の程度によって変わります。

どのくらいの金額?

傷病等級表については、こちらを参照。
給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因のケガや病気が治らないときには労災保険から年金や一時金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんについてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

くわしい傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんについては、こちらを参照。
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。

仕事によるケガが治らない…そんなときは労災保険の傷病補償年金。

仕事によるケガや病気が治らないときは?

「仕事でケガをした…しばらく会社を休んだけど治らない…。」仕事で被ったケガや病気が治らないくらいの症状だったときは大変です。そんなときは労災保険から年金が支給されます。

この記事では労災保険の給付のひとつである傷病補償年金について説明していきます。

▶労災保険についてはこちら

傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんとは?年金がもらえる?

簡単に説明すると、傷病補償年金とは仕事が原因の病気・ケガの治療後1年6ヶ月を経っても治らないときに支給されるものです。

もう少しくわしく
※もう少しくわしく説明すると、つぎの2つの要件にあてはまったときに支給されるものです。
【要件】
・その病気やケガが治っていないこと(治ゆしていないこと)
・その病気やケガによる障害の程度が傷病等級表の傷病等級に該当すること

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

では、傷病補償年金はいったいどのくらいもらえるのでしょうか。

その金額は以下のようになっており、ケガや病気の程度によって変わります。

どのくらいの金額?

傷病等級表については、こちらを参照。
給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因のケガや病気が治らないときには労災保険から年金や一時金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんについてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

くわしい傷病補償年金しょうびょうほしょうねんきんについては、こちらを参照。
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。