所得税・住民税関連
更新日:2019年11月4日
社会保険料控除の書き方(保険料控除申告書の記入例)
年末調整で社会保険料控除の申請をするには給与所得者の保険料控除申告書の該当箇所に記入して提出しなければなりません。2019年度(令和元年)の記入例は以下に示したとおりです。

年末調整の書き方については、こちらを参照。
社会保険料控除の記入例
▶社会保険料控除を申請する場合は以下の青枠の中を記入してください。
記入手順
支払った社会保険の種類を記入する。
たとえば子供の国民年金を支払ったときや自分が学生のときに納付猶予などで支払っていなかった国民年金を今年度になってから支払ったときなどに記入してください。
※厚生年金などの毎月の給料から差し引かれる保険料については申告しなくてOKです。

保険料の支払い先の機関名を記入する。
たとえば国民健康保険なら保険料を支払う市区町村を記入する。
保険料を支払うことになっている方の名前を記入する。
たとえば自分の保険料なら自分の名前、家族の保険料なら家族の名前を記入。
あなたとの続柄を記入する。
たとえば自分なら「本人」と記入。
1月~12月の間に支払った保険料を記入する
合計額を記入する。
※国民年金または国民年金基金についての保険料を支払った場合は支払ったことを証明する書類(保険料納付証明書など)を添付してください。それ以外の保険料について必要ありません。
年末調整の書き方については、こちらを参照。
年末調整の申請の仕方は?
年末調整を行うには勤務先に年末調整関係書類を提出する必要があります。

年末調整の書き方については、こちらを参照。
扶養控除の申請については、こちらを参照。
配偶者控除の申請については、こちらを参照。
障害者控除の申請については、こちらを参照。
勤労学生控除の申請については、こちらを参照。