出産・育児関連
更新日:2016年1月1日
出産育児一時金とは
出産育児一時金とは、出産したときに支給されるものです。公的医療保険の被保険者・被扶養者の方に支給されます(後期高齢者医療制度は除く)。支給を受けるには申請が必要。

出産の費用は、病気やケガではないため保険が適用されず、全額自己負担となります。出産育児一時金制度は、その経済的負担を軽減するための制度となっています。

産休については、産休とはを参照。
育休については、育休とはを参照。
出産手当金とは、出産のため会社を休んだときにお金を支給してくれるもの。
支給金額
支給額は1児につき、42万円です。双子以上の場合は、人数×42万円が支給されます。

※妊娠週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度対象出産では無い場合は、40.4万となります。
※国民健康保険では、支給額は市区町村の定めるところによります。