仕事の事故で家族を亡くした…。労災保険の遺族補償給付とは?

2019.04.28 更新
この記事の目次
「仕事の事故で家族が亡くなってしまった…」
仕事中の死亡はだれもが抱えるリスクです。一家の大黒柱が亡くなってしまうことがあるかもしれません。そんなときには遺族に向けて労災保険から年金が支給されます。この記事では労災保険の給付のひとつである遺族補償年金について説明していきます。
労災保険についてはこちら

遺族補償年金いぞくほしょうねんきんとは?

遺族補償年金とは簡単に説明すると、仕事が原因で家族が亡くなったときに遺族に支給されるものです。

ただし、受けとることができる遺族は決まっています。

誰が受けとれるの?

遺族のなかで遺族補償年金を受けとることができる方は誰なのか。

遺族補償年金を受けとることができる遺族は、亡くなった方の収入によって生計を維持していた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹です。
※受給資格者のうち最先順位者(受給権者)に対して支給されます。

受給資格者

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

遺族補償年金の金額は以下のようになっており、遺族補償年金、遺族特別支給金、遺族特別年金が支給されます。

支給額

給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因で家族が亡くなったときには労災保険から年金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

「でも、うちには受けとることができる(受給資格を満たす)家族がいない…」という方もいると思います。

そんな方に支給されるものがあります。次で見ていきましょう。

受けとることができる遺族がいないときは?

受けとることができる遺族がいないために遺族補償年金を受けとれないという方には遺族補償一時金いぞくほしょういちじきんが支給されます。

どういうときに支給される?
つぎのまたはにあてはまるときに支給されます。
①被災労働者の死亡当時、遺族補償年金を受ける遺族がいないとき
②省略。くわしくは、こちらを参照。

支給される金額と受けとることができる遺族は以下のようになっています。

支給額

受けとることができる遺族


給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

今回のコラムはここまでです。労災保険の遺族補償給付についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。

仕事の事故で家族を亡くした…。労災保険の遺族補償給付とは?

この記事の目次
「仕事の事故で家族が亡くなってしまった…」
仕事中の死亡はだれもが抱えるリスクです。一家の大黒柱が亡くなってしまうことがあるかもしれません。そんなときには遺族に向けて労災保険から年金が支給されます。この記事では労災保険の給付のひとつである遺族補償年金について説明していきます。
労災保険についてはこちら

遺族補償年金いぞくほしょうねんきんとは?

遺族補償年金とは簡単に説明すると、仕事が原因で家族が亡くなったときに遺族に支給されるものです。

ただし、受けとることができる遺族は決まっています。

誰が受けとれるの?

遺族のなかで遺族補償年金を受けとることができる方は誰なのか。

遺族補償年金を受けとることができる遺族は、亡くなった方の収入によって生計を維持していた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹です。
※受給資格者のうち最先順位者(受給権者)に対して支給されます。

受給資格者

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

遺族補償年金の金額は以下のようになっており、遺族補償年金、遺族特別支給金、遺族特別年金が支給されます。

支給額

給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因で家族が亡くなったときには労災保険から年金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

「でも、うちには受けとることができる(受給資格を満たす)家族がいない…」という方もいると思います。

そんな方に支給されるものがあります。次で見ていきましょう。

受けとることができる遺族がいないときは?

受けとることができる遺族がいないために遺族補償年金を受けとれないという方には遺族補償一時金いぞくほしょういちじきんが支給されます。

どういうときに支給される?
つぎのまたはにあてはまるときに支給されます。
①被災労働者の死亡当時、遺族補償年金を受ける遺族がいないとき
②省略。くわしくは、こちらを参照。

支給される金額と受けとることができる遺族は以下のようになっています。

支給額

受けとることができる遺族


給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

今回のコラムはここまでです。労災保険の遺族補償給付についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。