仕事上のケガで障害が残ってしまった…。労災保険の障害補償給付とは?

2019.08.06 更新
仕事によるケガや病気で障害が残ったときは?

「仕事でケガをした…障害が残ってしまった…。」仕事中のケガ・病気はだれもが抱えるリスクです。それが障害が残ってしまうくらいの症状だったときは大変です。そんなときには労災保険から年金が支給されます。

この記事では労災保険の給付のひとつである障害補償給付について説明していきます。

労災保険についてはこちら

障害補償給付しょうがいほしょうきゅうふとは?

障害補償給付とは簡単に説明すると、仕事が原因の病気・ケガが治ったとき(治ゆしたとき)に身体に障害が残っている場合に支給されるものです。
※治ゆとは、傷病の症状が安定し、医学上一般にみとめられた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった状態(症状固定)をいいます。

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

では、障害補償給付はいったいどのくらいもらえるのでしょうか。

その金額は以下のようになっており、障害の程度によって変わります。

どのくらいの金額?


障害等級表については、こちらを参照。
給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因のケガや病気で障害が残ったときには労災保険から年金や一時金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の障害補償給付についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。

仕事上のケガで障害が残ってしまった…。労災保険の障害補償給付とは?

仕事によるケガや病気で障害が残ったときは?

「仕事でケガをした…障害が残ってしまった…。」仕事中のケガ・病気はだれもが抱えるリスクです。それが障害が残ってしまうくらいの症状だったときは大変です。そんなときには労災保険から年金が支給されます。

この記事では労災保険の給付のひとつである障害補償給付について説明していきます。

労災保険についてはこちら

障害補償給付しょうがいほしょうきゅうふとは?

障害補償給付とは簡単に説明すると、仕事が原因の病気・ケガが治ったとき(治ゆしたとき)に身体に障害が残っている場合に支給されるものです。
※治ゆとは、傷病の症状が安定し、医学上一般にみとめられた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった状態(症状固定)をいいます。

では、いったいどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。

どのくらいの金額がもらえるの?

では、障害補償給付はいったいどのくらいもらえるのでしょうか。

その金額は以下のようになっており、障害の程度によって変わります。

どのくらいの金額?


障害等級表については、こちらを参照。
給付基礎日額、算定基礎日額については、こちらを参照。

このように、仕事が原因のケガや病気で障害が残ったときには労災保険から年金や一時金が支給されるのです。

もらえる要件などは以下のページで詳しく説明しています。

今回のコラムはここまでです。労災保険の障害補償給付についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】
労災保険については、労災保険とは?保険料は払うの?を参照。
医療保険については、医療保険とは?を参照。
年金保険については、年金制度とは?を参照。
介護保険については、介護保険とは?を参照。
雇用保険については、雇用保険とは?を参照。