年金・保険関連
更新日:2020年11月25日
業務災害の場合を「遺族補償一時金」、通勤災害の場合を「遺族一時金」といいます。
遺族(補償)一時金とは
遺族(補償)一時金は、遺族(補償)年金を受け取る遺族がいない場合に支給される一時金で、次の①、②のいずれかにあてはまるときに支給されます。

被災労働者の死亡当時、遺族(補償)年金を受ける遺族がいない場合

遺族(補償)年金の受給権者が最後順位者まですべて失権したとき、受給権者であった遺族の全員に対して支払われた年金の額および遺族(補償)年金前払一時金の額の合計額が、給付基礎日額の1000日分に満たない場合
遺族(補償)一時金とは
支給される額は下記の表1のとおりです。受給権者が複数の場合は等分されて支給されます。

給付基礎日額、算定基礎日額については、給付基礎日額ページ参照。
表1 遺族(補償)一時金
受け取ることができる遺族(受給資格者)
遺族(補償)一時金を受け取ることができる遺族は、下記の表2のとおりです。受給資格者のうち最先順位者が受給権者となります(②と③の中では記載の順)。

なお、同順位者が2人以上いる場合は、それぞれ受給権者となります。
表2 受給資格者
遺族(補償)一時金はどれくらいもらえる?
たとえば、亡くなった方の給料が月収30万円でボーナスを年間70万円もらっているとすると、事故が10月に発生した場合、給付基礎日額と算定基礎日額は以下のように計算されます。

30万円収入 × 3ヶ月 ÷ 92日※1 = 9,782円給付基礎日額


70万円ボーナス ÷ 365日 = 1,917円算定基礎日額
※1 七月は31日間、八月は31日間、九月は30日間、賃金締切日が月末として計算
※給付基礎日額とは直前3ヶ月間に支払われた賃金総額のこと。くわしくは給付基礎日額・算定基礎日額を参照。

したがって、遺族に支給される一時金の合計は、

9,782円給付基礎日額 × 1000日 = 約980万円遺族補償一時金


1,917円算定基礎日額 × 1000日 = 約190万円遺族特別一時金


約980万円遺族補償一時金 + 約190万円遺族特別一時金 + 300万円遺族特別支給金 = 約1470万円一時金の合計

となります(受給権者が複数の場合は等分されて給付)。
※遺族(補償)一時金は、被災労働者が亡くなった日の翌日から5年を経過すると時効により請求権が消滅します。

給付が認められる条件
労災保険の給付を受けるには業務災害または通勤災害であることが認められなければ受けられません。

業務災害とは

業務災害とは、簡単に説明すると「業務によって被った病気・ケガまたは死亡」のこと。
くわしい業務災害については、業務災害とはを参照。

通勤災害とは

通勤災害とは、簡単に説明すると「通勤によって被った病気・ケガまたは死亡」のこと。
くわしい通勤災害については、通勤災害とはを参照。

  • 遺族(補償)一時金は、被災労働者が亡くなった日の翌日から5年を経過すると、時効により請求権が消滅します。