年末調整をしていないサラリーマンやアルバイトの確定申告のやりかた

2020.12.31 更新
年末調整をしていなくて税金を支払いすぎた状態になっているひとは確定申告をして税金を返してもらいましょう。この記事では年末調整をしていないひとの確定申告について説明していきます。
この記事の目次

年末調整をしてないひとはなぜ確定申告をするの?

年末調整とは、給料をもらっているひとが「年末に税金の調整を会社にしてもらう」ための大切な手続きのことです。なので、年末調整をしていない場合には「税金を納め過ぎている」状態になってしまいます。

この場合、確定申告をしなければ支払い過ぎた税金は返ってきません。

したがって、年末調整をしていないサラリーマンやアルバイトは確定申告をして支払いすぎた税金を返してもらいましょう。

税金を納め過ぎている?

サラリーマンやアルバイトは給料をもらうとき、会社が行う源泉徴収によってあらかじめ給料から税金が差し引かれることになっています。
源泉徴収によって引かれる税金額は「前年の年間所得を目安にしている」ので、年末調整を受ける前に退職してしまうと多めに税金が徴収されている状態になってしまうんです。

いつまでに確定申告をすればいいの?

年末調整をしていなくて税金を納めすぎている場合の確定申告(税金を返してもらう手続き)は翌年1月1日以降から受け付けてもらえます。

たとえば、2019年1月~12月までの収入における税金を返金してもらう場合は2020年の1月以降に確定申告をすればOKです(5年以内までなら返金を受け付けてくれます)。

同じ年にすぐ再就職するなら確定申告は不要?
退職などで年末調整をしていなくても、同じ年にすぐに再就職する場合には、再就職先に年末調整を行ってもらうことになるので自分で確定申告をする必要はありません。
※ただし、12月に再就職が決まった場合には会社によっては年末調整が終わっていて手続きしてもらえないこともあるので、その場合には自分で確定申告をすることになります。

確定申告をしてみよう

サラリーマンやアルバイトなどの確定申告は源泉徴収票があればとてもかんたんに出来ます。

今はネットでかんたんに申告書を作成できるので、サラリーマンやアルバイトなど今まで一度も確定申告したことがないという方もやってみましょう。

作成した申告書を税務署に郵送すれば確定申告は完了します。なので、もし確定申告をするのが不安な方はためしにテキトーに金額を入力して申告書作成の練習をしてみてもいいかもしれません。

以下の作成手順を参考にして確定申告書を作成してみましょう。

※最初の確認
給料のほかに所得がある方は以下のリンクを参照。無ければ以下の➊に進んでください。

ギャンブル等で所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
仮想通貨や広告収入などで雑所得がある方の確定申告はこちらの手順を参照。
国税庁の確定申告書等作成コーナーにアクセス

作成開始をクリック
※※スマホで入力するひとはスマホで確定申告のやり方・手順は?を見ながらすすめてください。

印刷して書面提出をクリック

同意して次へをクリック

所得税の欄をクリック

青枠をクリック

つづき(➐から申告書作成の完成まで)は以下のページで説明しています。

退職したときの手続きは?

サラリーマンなどを退職した場合は、今まで加入していた社会保険を脱退することになるので、新しく国民健康保険に加入する手続きをしなければいけません。


国民健康保険の運営はお住まいの市区町村が行っているので、これから国保に加入する方はお住まいの役所で申請の手続きをしましょう。

さらに、厚生年金から国民年金へ新しく加入することになるので、同じくお住いの役所で申請の手続きを行いましょう。

くわしい手続きは?社会保険から国保に?


国保に加入するときに必要なものなどくわしい手続きについては国民健康保険に加入する手続きは?で説明しています。社会保険(健康保険)から国保に変更する場合など説明しています。

今回のコラム(年末調整をしていないサラリーマンやアルバイトの確定申告のやりかた)はここまでです。

関連記事