お金を増やすにはリスクがある?3

お金をつかって(投資をして)お金を増やす リスクは?

投資をすれば自分が働かなくてもお金を増やすことができますが、お金が減ってしまうリスクもあります。
※投資のしくみはページ5で説明しています。

あなたが投資をした会社が成長すれば「あなたが買った株の価値」は上がるのであなたのお金は増えますが、あなたが投資した会社がまったく成長しなければ「あなたが買った株の価値」はそのままになるので投資したお金は増えも減りもしません。
もし、あなたが投資した会社が仕事に失敗すれば「あなたが買った株の価値」は下がってしまいます。
さらに、仕事に失敗した会社が倒産してしまえば「あなたが買った株の価値」は0円になってしまいます。

テキトーな投資はダメ

以上のように、会社が成長しなければ投資したお金は減ってしまいます。したがって、投資をするときはテキトーに投資をしないように気をつけましょう。投資する会社についてしっかり調べて「成長が期待できる」と思ったときに投資するように心がけましょう。
※自分で投資をするのが不安なかたは「投資信託」を購入する方法もあります。投資信託とは、投資の専門家がいろいろな会社等に投資して得た利益の一部をもらうことができる「金融商品」です。あなたが投資信託の金融商品を購入する(お金をわたす)ことで、専門家に投資をまかせることができます。専門家が投資に失敗すればあなたも損することになります。

ここまで4つのお金を増やす方法とリスクについて説明しました。
リスクを知ったうえで自分に合ったお金を増やす方法を取り入れてみましょう。
←前のページ

お金を増やすにはリスクがある?2

次のページ→

内容に関する問い合わせ

8 / 9ページ中

■保険や年金などのテキスト一覧■