給料をもらっている人は給与所得

サラリーマンやアルバイトなどがあてはまる

サラリーマンやアルバイトなどのように雇われて働くことで稼いだお金は給与所得にあてはまります。
たとえば、会社からもらった給料が1年間で200万円なら、給与所得は132万円になります。
※サラリーマンには経費が無いかわりに給与所得控除が経費の役割を担っています。これのおかげで所得が減り、かけられる所得税も少なくなる仕組みになっているんです。
そして、税金は所得にかけられるので、サラリーマンにかけられる所得税は図のように計算されます。

給与所得控除の計算のしかた

給与所得控除はもらった給料によって金額がかわります。給料をたくさんもらっていれば、給与所得控除の金額も増えます。くわしく知りたい方はこちらのページを参照。
←前のページ

商売をしてかせいだお金は事業所得

次のページ→

ギャンブルなどのお金は一時所得

■保険や年金などのテキスト一覧■