ギャンブルなどのお金は一時所得

ギャンブルなど一時的な収入を得た人があてはまる

ギャンブルなどの一時的な臨時収入として得たお金は一時所得にあてはまります。
たとえば、競馬の馬券を10万円で購入して100万円が手に入ったとき、一時所得は40万円になります。
そして、税金は所得にかけられるので、一時所得にかけられる所得税は図のように計算されます。
※一時所得はその半分の金額に税金がかけられます。

50万円までは税金がかからない?

一時所得の計算式を見てわかるように、特別控除50万円が必ず引かれるので、たとえばギャンブルで儲かったお金が50万円以内なら税金はかからないんです。大人になってギャンブルをしようと思っている人は覚えておきましょう!
←前のページ

給料をもらっている人は給与所得

次のページ→

フリマなどのお金は雑所得

■保険や年金などのテキスト一覧■