在職老齢年金とは?給料をもらいながらだと年金が減る?わかりやすく説明

2021.11.11 更新

年金をもらえる年齢を迎えても働いてお金を稼いでいる場合、年金が減額される場合があるのをご存知でしょうか。この記事では在職老齢年金についてわかりやすく説明していきます。
この記事の目次
在職老齢年金ってなに?

年金がもらえる年齢になってからも会社で働きながら厚生年金保険に加入している場合、老後にもらえる厚生年金が一部停止または全額支給停止なるときがあります。


これを在職老齢年金といいます。
※在職老齢年金は、給料と老後にもらう年金の合計額によって年金の支給を一定程度我慢してもらう制度です。


老後にもらえる厚生年金が一部または全額支給停止になる条件は一定以上の稼ぎがあるときです。くわしくは下記で説明しているので見ていきましょう。

この記事の要点

  • 老後の年金をもらいながら勤務先の厚生年金にも加入している場合、年金が減額される場合がある。
    ※国民年金(老齢基礎年金)については全額支給されます。

  • 在職老齢年金で減額される年金は老齢厚生年金のみ。

  • 65歳未満の場合は月給と年金の合計額が28万円を超えると減額される。
    ※年金は老齢厚生年金のこと。

  • 65歳以降の場合は月給と年金の合計額が47万円を超えると減額される。
    ※年金は老齢厚生年金のこと。

では最初に、65歳未満の在職老齢年金について下記で説明していきます。60歳以降も働こうと考えている方はチェックしておきましょう。


60歳から65歳未満の在職老齢年金は?

65歳未満で老後の厚生年金を受けとっており、さらに会社で働いて厚生年金の被保険者となっている場合、「厚生年金の保険料を支払いながら老後の年金を受給」することになります。


ただし、年金をもらいながら働く場合、一定以上の稼ぎがあると老後にもらえる厚生年金が減額(または全額停止)されることになります。


会社で働きながら年金をもらうつもりの方はチェックしておきましょう。
※給料と老後にもらう年金の合計額によって年金の支給を一定程度我慢してもらう制度を「在職老齢年金」といいます。

年金の一部が支給停止する?

かんたんに説明すると、「賃金の月額 + 支給される厚生年金の月額」が28万円を上回ると老後の年金が減額されます(支給が一部停止される)。
※厳密には「基本月額と総報酬月額相当額」の合計額。
※さらに、一定の金額を超えると老後の年金が全額支給停止されます。



したがって、上記の金額が28万円以下なら老後の年金は減りません。老後にもらう年金を減らされたくない人は合計額が28万円を超えないようにしましょう。

※老後にもらえる国民年金(老齢基礎年金)については関係なく支給されます。
※参照:日本年金機構在職中の年金

では次に、具体的に金額をあてはめてどれくらい年金が減額されるのかシミュレーションしていきます。

どれくらい減額する?60歳から65歳未満の在職老齢年金をシミュレーション

では、具体的にどれくらい年金が減額されるかシミュレーションしてみましょう。

60歳から65歳未満のサラリーマンとして計算していきます。あなたが65歳未満であり、老後の厚生年金をもらっている場合はチェックしておきましょう。
※あなたが65歳未満であり、まだ老後の年金の給付が開始されていない方は関係ありません。

減額される年金額はどれくらい?65歳未満の場合

▶基本月額とは
1年間の老齢厚生年金 ÷ 12
※加給年金は除く。

▶総報酬月額相当額とは
標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)
※参照:日本年金機構在職中の年金


年収180万円、基本月額10万円のときの在職老齢年金をシミュレーション

条件
65歳未満で年収180万円(月収15万円)、直近1年間にボーナス無し、基本月額が10万円の場合。
※基本月額 = 1年間の老齢厚生年金 ÷ 12


ここからシミュレーション
上記の条件の場合、標準報酬月額は15万円になります。したがって、基本月額と総報酬月額相当額の合計は25万円になります。この場合上記のフローチャートと照らし合わせると、あなたの老後の年金は減額されません。
※総報酬月額相当額 = 標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)


年収300万円、基本月額10万円のときの在職老齢年金をシミュレーション

条件
65歳未満で年収300万円(月収25万円)、直近1年間にボーナス無し、基本月額が10万円の場合。
※基本月額 = 1年間の老齢厚生年金 ÷ 12


ここからシミュレーション
上記の条件の場合、標準報酬月額は24万円になります。したがって、基本月額と総報酬月額相当額の合計は34万円になります。この場合、あなたの老後の年金は減額(一部支給停止)されます。
※総報酬月額相当額 = 標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)

上記のフローチャートと照らし合わせると、減額される年金は①に該当します。①に基本月額などをあてはめて計算すると減額される年金は以下のようになります。

100,000円基本月額 + 240,000円総報酬月額相当額 – 28万円)÷ 2 = 3万円(減額される年金額)

したがって、あなたの老齢厚生年金の月額は10万円から3万円を差し引いた7万円になります。

では次に、65歳以降の在職老齢年金について下記で説明していきます。65歳以降も働こうと考えている方はチェックしておきましょう。


65歳以降の在職老齢年金は?

65歳以降で老後の厚生年金を受けとっており、さらに会社で働いて厚生年金の被保険者となっている場合、「厚生年金の保険料を支払いながら老後の年金を受給」することになります。


ただし、年金をもらいながら働く場合、一定以上の稼ぎがあると老後にもらえる厚生年金が減額(または全額停止)されることになります。


会社で働きながら年金をもらうつもりの方はチェックしておきましょう。
※給料と老後にもらう年金の合計額によって年金の支給を一定程度我慢してもらう制度を「在職老齢年金」といいます。

年金の一部が支給停止する?

かんたんに説明すると、「賃金の月額 + 支給される厚生年金の月額」が47万円を上回ると老後の年金が減額されます(支給が一部停止される)。
※厳密には「基本月額と総報酬月額相当額」の合計額。
※さらに、一定の金額を超えると老後の年金が全額支給停止されます。



したがって、上記の金額が47万円以下なら老後の年金は減りません。老後にもらう年金を減らされたくない人は合計額が47万円を超えないようにしましょう。

※老後にもらえる国民年金(老齢基礎年金)については関係なく支給されます。
※参照:日本年金機構在職中の年金

では次に、具体的に金額をあてはめてどれくらい年金が減額されるのかシミュレーションしていきます。

どれくらい減額する?65歳以降の在職老齢年金をシミュレーション

では、具体的にどれくらい年金が減額されるかシミュレーションしてみましょう。

65歳以降のサラリーマンとして計算していきます。あなたが65歳以降であり、老後の厚生年金をもらっている場合はチェックしておきましょう。

減額される年金額はどれくらい?65歳以降の場合

▶基本月額とは
1年間の老齢厚生年金 ÷ 12
※加給年金は除く。

▶総報酬月額相当額とは
標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)
※月給に直近1年間のボーナスを12で割った金額を足した額のこと。
※参照:日本年金機構在職中の年金


年収360万円、基本月額15万円のときの在職老齢年金をシミュレーション

条件
65歳未満で年収360万円(月収30万円)、直近1年間にボーナス無し、基本月額が15万円の場合。
※基本月額 = 1年間の老齢厚生年金 ÷ 12


ここからシミュレーション
上記の条件の場合、標準報酬月額は30万円になります。したがって、基本月額と総報酬月額相当額の合計は45万円になります。この場合上記のフローチャートと照らし合わせると、あなたの老後の年金は減額されません。
※総報酬月額相当額 = 標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)


年収420万円、基本月額15万円のときの在職老齢年金をシミュレーション

条件
65歳未満で年収420万円(月収35万円)、直近1年間にボーナス無し、基本月額が15万円の場合。
※基本月額 = 1年間の老齢厚生年金 ÷ 12


ここからシミュレーション
上記の条件の場合、標準報酬月額は34万円になります。したがって、基本月額と総報酬月額相当額の合計は49万円になります。この場合、あなたの老後の年金は減額(一部支給停止)されます。
※総報酬月額相当額 = 標準報酬月額 +(直近1年間のボーナスの合計 ÷ 12)

上記の年金の減額式にあてはめて計算すると減額される年金は以下のようになります。

150,000円基本月額 + 340,000円総報酬月額相当額 – 47万円)÷ 2 = 1万円(減額される年金額)

したがって、あなたの老齢厚生年金の月額は15万円から1万円を差し引いた14万円になります。

在職老齢年金の注意点は?

在職老齢年金についての注意点は以下のとおりです。

サラリーマンとして働きながら年金も受け取るつもりの方はチェックしておきましょう

注意点

・在職老齢年金で支給停止される年金は老齢厚生年金のみ
※老後にもらえる国民年金(老齢基礎年金)については支給停止されません。


・支給される年金がマイナスになるとき、全額支給停止となり、加給年金も支給停止となります。


・年金の繰下げ受給をする方は要注意。在職老齢年金で年金が減額される方が繰下げ受給をする場合は、減額後の年金が繰下げ受給による増額の対象となります。したがって、在職老齢年金によって減額される年金については繰下げ受給の対象外となります。


・退職して1か月を経過すると年金額の一部または全部支給停止がなくなり、全額支給されます。
※退職した翌月分の年金額から見直されます。
※参照:日本年金機構在職中の年金

以上のように、サラリーマンとして働きながら年金も受け取る場合には年金が減額されるケースがあるので覚えておきましょう。

ですが、60歳を超えてもガンガン稼いでおり、現役世代のサラリーマンと同等もしくはそれ以上に稼げる力があるなら年金が減額することなんて気にしないで働くことをオススメします。