住民税の計算方法は?

住民税の計算はかんたん

所得割と均等割の合計が住民税になります。

ためしに住民税を計算してみよう
【計算のながれ➊】

たとえば、会社からもらった給料が1年間で200万円なら、給与所得は132万円になります。
※サラリーマンには経費が無いかわりに給与所得控除が経費の役割を担っています。

【計算のながれ➋】

給与所得のほかに所得が無いとすると、所得の合計は132万円となります。そして、所得控除を72万円とすると、所得割は6万円になります。
※所得控除は6ページで説明しています。
※税率は7ページで説明しています。

【計算のながれ➌】

均等割は一律5,000円なので、住民税は65,000円になります。
※ただし、未成年の場合は年収約204万円まで住民税が0円になります。
←前のページ

住民税は学生でも関係ある?

次のページ→

所得が100~500万円だったら住民税は?

■保険や年金などのテキスト一覧■