1年間でいくら使われているの?【国民医療費の財源内訳】

2019.06.26 更新
1年間でどのくらい医療に使われているの?

みんなの病気やケガなどを治すための診療費用。歯医者さんで歯を治療するための費用。医療費は他にもいろいろありますが、いったい1年間でどのくらいの金額が医療に使われているのでしょうか。

この記事では1年間の医療費(財政)について簡単に説明していきます。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

税金や年金などの財源についてはこちら

どれくらい金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が医療に使われているのか見ていきましょう。下の図に医療の費用と財源を示します。

なんと、その額約40兆円。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

医療の費用
※国民医療費とは、簡単に説明すると、病院に行ったときや入院したときなどにつかわれるお金のこと。

 
医療のための財源

▶こんなページも見られています

医療費については医科診療医療費が約7割で最も多くを占めており、薬局調剤医療費が2割を占めています。

財源については保険料による負担が約5割、公費(税金など)による負担が約4割、患者自身による負担は約1割を占めています。

このように国民医療費の財源には保険料や公費(税金など)や患者自身による負担金があり、これらを財源として医療(約40兆円)が行われているんです。

医療保険については、医療保険とは?で解説しています。
1年間の税金の財源については、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の年金制度の財源については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。
医療費は増え続けている。

医療費は年々増え続けていっています。

もし財源が足りない状況になったときには今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。

それをどうしていくかは私たち国民が考えていかなければなりません。

だけど、こんなふうに金額を見せられても「なんかよくわからない」と思いますよね。

なので「これだけの金額がつかわれているんだ」ということを知っておくだけで大丈夫です。とりあえず「知っておくことが大事」ということですね。
学生向けの税金・保険等の教科書については、こちらを参照

今回のコラムはここまです。国民医療費についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

医療保険については、医療保険とは?を参照。
社会保険については、社会保険とは?を参照。
税金のつかいみちについては、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の年金制度の財源については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。

1年間でいくら使われているの?【国民医療費の財源内訳】

1年間でどのくらい医療に使われているの?

みんなの病気やケガなどを治すための診療費用。歯医者さんで歯を治療するための費用。医療費は他にもいろいろありますが、いったい1年間でどのくらいの金額が医療に使われているのでしょうか。

この記事では1年間の医療費(財政)について簡単に説明していきます。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

税金や年金などの財源についてはこちら

どれくらい金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が医療に使われているのか見ていきましょう。下の図に医療の費用と財源を示します。

なんと、その額約40兆円。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

医療の費用
※国民医療費とは、簡単に説明すると、病院に行ったときや入院したときなどにつかわれるお金のこと。

 
医療のための財源

▶こんなページも見られています

医療費については医科診療医療費が約7割で最も多くを占めており、薬局調剤医療費が2割を占めています。

財源については保険料による負担が約5割、公費(税金など)による負担が約4割、患者自身による負担は約1割を占めています。

このように国民医療費の財源には保険料や公費(税金など)や患者自身による負担金があり、これらを財源として医療(約40兆円)が行われているんです。

医療保険については、医療保険とは?で解説しています。
1年間の税金の財源については、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の年金制度の財源については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。
医療費は増え続けている。

医療費は年々増え続けていっています。

もし財源が足りない状況になったときには今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。

それをどうしていくかは私たち国民が考えていかなければなりません。

だけど、こんなふうに金額を見せられても「なんかよくわからない」と思いますよね。

なので「これだけの金額がつかわれているんだ」ということを知っておくだけで大丈夫です。とりあえず「知っておくことが大事」ということですね。
学生向けの税金・保険等の教科書については、こちらを参照

今回のコラムはここまです。国民医療費についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

医療保険については、医療保険とは?を参照。
社会保険については、社会保険とは?を参照。
税金のつかいみちについては、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の年金制度の財源については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。