年金って1年間でいくら使われている?【年金制度費用の財源内訳】

2019.03.19 更新
1年間でどのくらい年金制度に使われているの?

歳をとったとき。障害を負ったとき。遺族になったとき。年金制度はわたしたちに年金を給付してくれます。

では、いったい1年間でどれくらいの金額が年金制度に使われているのでしょうか。この記事では1年間の年金制度の財政について説明していきます。
学生向けの教科書(年金など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

税金などの財源についてはこちら

年金制度とは?

まず、年金制度について簡単に説明すると、年金制度とは歳をとったときや障害が残ったとき、亡くなったときの生活を国民みんなで支えようという考えのもと作られた制度です。

老後の年金はもちろん、障害を負ったときや一家の働き手が亡くなって遺族になったときに年金を給付してくれます。

年金制度についてはこちら

どれくらいの金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が年金制度に使われているのでしょうか。下の図に年金制度の財源と支出を示します。

なんと、その金額は約50兆円。
学生向けの教科書(年金など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

年金制度の財源

年金制度の支出

▶こんなページも見られています

財源については保険料による収入が約6割、次いで国庫・公経済負担が約2割、年金積立金の運用収入は約1割を占めています。

支出は約50兆円となっています。

このように年金制度の財源にはわたしたち国民が支払う保険料のほかにも年金積立金の運用収入や国庫等負担(税金など)があり、これら約50兆円を財源として年金制度は運営されています。

1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の医療費については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。
年金をもっと手厚くしてほしい!

老後にもっと年金がほしい!もっと手厚くしてほしい!そう思う方もいますよね。しかし、手厚くしてほしいのなら今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。

それをどうしていくかはわたしたち国民が考えていかなければなりません。

だけど、「年金制度には年間約50兆円かかってる!」とか金額を見せられても「なんかよくわからない」と思いますよね。

なので「これだけの金額がつかわれているんだ」ということを知っておくだけで大丈夫です。とりあえず「知っておくことが大事」ということですね。
学生向けの税金・保険等の教科書については、こちらを参照

今回のコラムはここまです。年金制度の費用についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

年金制度については、年金制度とは?で解説しています。
社会保険については、社会保険とは?で解説しています。
税金のつかいみちについては、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の医療費については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。

年金って1年間でいくら使われている?【年金制度費用の財源内訳】

1年間でどのくらい年金制度に使われているの?

歳をとったとき。障害を負ったとき。遺族になったとき。年金制度はわたしたちに年金を給付してくれます。

では、いったい1年間でどれくらいの金額が年金制度に使われているのでしょうか。この記事では1年間の年金制度の財政について説明していきます。
学生向けの教科書(年金など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

税金などの財源についてはこちら

年金制度とは?

まず、年金制度について簡単に説明すると、年金制度とは歳をとったときや障害が残ったとき、亡くなったときの生活を国民みんなで支えようという考えのもと作られた制度です。

老後の年金はもちろん、障害を負ったときや一家の働き手が亡くなって遺族になったときに年金を給付してくれます。

年金制度についてはこちら

どれくらいの金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が年金制度に使われているのでしょうか。下の図に年金制度の財源と支出を示します。

なんと、その金額は約50兆円。
学生向けの教科書(年金など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

年金制度の財源

年金制度の支出

▶こんなページも見られています

財源については保険料による収入が約6割、次いで国庫・公経済負担が約2割、年金積立金の運用収入は約1割を占めています。

支出は約50兆円となっています。

このように年金制度の財源にはわたしたち国民が支払う保険料のほかにも年金積立金の運用収入や国庫等負担(税金など)があり、これら約50兆円を財源として年金制度は運営されています。

1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の医療費については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。
年金をもっと手厚くしてほしい!

老後にもっと年金がほしい!もっと手厚くしてほしい!そう思う方もいますよね。しかし、手厚くしてほしいのなら今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。

それをどうしていくかはわたしたち国民が考えていかなければなりません。

だけど、「年金制度には年間約50兆円かかってる!」とか金額を見せられても「なんかよくわからない」と思いますよね。

なので「これだけの金額がつかわれているんだ」ということを知っておくだけで大丈夫です。とりあえず「知っておくことが大事」ということですね。
学生向けの税金・保険等の教科書については、こちらを参照

今回のコラムはここまです。年金制度の費用についてなんとなくわかっていただけましたか?

【役に立つページ】

年金制度については、年金制度とは?で解説しています。
社会保険については、社会保険とは?で解説しています。
税金のつかいみちについては、こちらを参照。
1年間の社会保障費については、こちらを参照。
1年間の医療費については、こちらを参照。
1年間の介護保険の財源については、こちらを参照。
1年間の労災保険の財源については、こちらを参照。
1年間の雇用保険の財源については、こちらを参照。