1年間でいくら使われているの?【雇用保険の財源内訳】

2020.05.15 更新
1年間でどのくらいの金額が雇用保険制度に使われているの?

仕事を失ったひとを援助したり、育休を取ったひとへお金を支給したりなど雇用保険の給付にはいろいろありますが、いったい1年間でどれくらいの金額が雇用保険制度の運営に使われているのでしょうか。

この記事では1年間の雇用保険制度の財政について説明していきます。
※学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

そもそも雇用保険制度ってなに?

まず、雇用保険制度について簡単に説明すると仕事を失ったときなどにお金等を支給してくれる制度です。

また、子どもや介護のために休んだときにお金を支給してくれるのも雇用保険なんです。

雇用保険についてはこちら
どれくらいの金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が雇用保険制度に使われているのでしょうか。下の図に雇用保険制度の財源と支出を示します。

なんと、その金額は約2兆円。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

財源と支出(集めたお金と使ったお金)
このように財源には被保険者や企業が支払う保険料のほかに、国庫負担(税金など)があり、これら約2兆円を財源として雇用保険制度は運営されています。約2兆円を仕事を失った方や育児のための給付等に使われているということになります。
そのほかの財源についてはこちらのページにまとめています。

もっと手厚い保障を!だけど…

仕事を失った方へお金を支給してくれる基本手当や子どもや介護のために仕事を休んだ方へお金の支給など、雇用保険はわたしたちの生活上の不安を軽くしてくれています。

ですが、「失業者にもっと手厚い保障をしてほしい!」などの要望が多くなれば、今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。それをどうしていくかはわたしたち国民が考えていかなければなりません。



今回のコラムはここまです。雇用保険制度の費用についてわかっていただけましたか?

1年間でいくら使われているの?【雇用保険の財源内訳】

1年間でどのくらいの金額が雇用保険制度に使われているの?

仕事を失ったひとを援助したり、育休を取ったひとへお金を支給したりなど雇用保険の給付にはいろいろありますが、いったい1年間でどれくらいの金額が雇用保険制度の運営に使われているのでしょうか。

この記事では1年間の雇用保険制度の財政について説明していきます。
※学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

そもそも雇用保険制度ってなに?

まず、雇用保険制度について簡単に説明すると仕事を失ったときなどにお金等を支給してくれる制度です。

また、子どもや介護のために休んだときにお金を支給してくれるのも雇用保険なんです。

雇用保険についてはこちら
どれくらいの金額が使われているの?

1年間でどれだけの金額が雇用保険制度に使われているのでしょうか。下の図に雇用保険制度の財源と支出を示します。

なんと、その金額は約2兆円。
学生向けの教科書(保険など)については、税金や保険を学ぼうを参照。

財源と支出(集めたお金と使ったお金)
このように財源には被保険者や企業が支払う保険料のほかに、国庫負担(税金など)があり、これら約2兆円を財源として雇用保険制度は運営されています。約2兆円を仕事を失った方や育児のための給付等に使われているということになります。
そのほかの財源についてはこちらのページにまとめています。

もっと手厚い保障を!だけど…

仕事を失った方へお金を支給してくれる基本手当や子どもや介護のために仕事を休んだ方へお金の支給など、雇用保険はわたしたちの生活上の不安を軽くしてくれています。

ですが、「失業者にもっと手厚い保障をしてほしい!」などの要望が多くなれば、今よりも税金や保険料の負担が増えるかもしれません。それをどうしていくかはわたしたち国民が考えていかなければなりません。



今回のコラムはここまです。雇用保険制度の費用についてわかっていただけましたか?