年金っていくらもらえるのでしょうか?国民年金編

2020.09.01 更新
65歳になったら給付される国民年金(老後に給付される年金を老齢基礎年金といいます)。老後にもらえる年金がいくらなのかって気になりますよね。この記事では年金の中でも老齢基礎年金のもらえる金額などを簡単に説明していきます。
この記事の目次
年金はいくらもらえる?国民年金の場合

20歳になるとすべての方が加入することになる国民年金。何もせずに老後に年金がもらえるわけではなく、65歳になってから年金をもらうためには保険料を支払わなければなりません。
※お金がなくて払えないという方は免除制度があります。


保険料を支払った期間によってもらえる年金額は増えたり減ったりするのですが、全期間(20歳から60歳になるまで)支払うと年間約80万円の年金が国民年金から給付されます。

もらえる年金額は以下のとおりです。
厚生年金に加入している方はさらに厚生年金がプラスされます。

老後にもらえる年金額(国民年金ver)
※年金がもらえるのは65歳になってからです。
※手続きにより60歳からもらうこともできます。

保険料を納めた期間 もらえる年金額
40年
(全額免除期間0年)
年金額は年間約80万円(満額)です。
30年
(全額免除期間10年)
年金額は年間約70万円です。
20年
(全額免除期間20年)
年金額は年間約60万円です。
10年
(全額免除期間30年)
年金額は年間約50万円です。
0年
(全額免除期間40年)
年金額は年間約40万円です。

厚生年金に加入している方はさらに年金額が増えます。くわしくは以下のページで解説しています。

▶こんなページも見られています

お金が無くて年金を払えない方は免除申請しよう

お金が無いなどの理由で年金が払えないときは年金の支払いを免除できます。ただし、もらえる年金額は減ってしまいます。

しかし、年金の免除を受けても10年以内であればあとから年金を納めることができます(追納)。追納することで年金を満額に近づけることができます。

お金がなくて年金を納めるのが難しい場合

厚生年金に加入している期間があれば年金額は増えます

厚生年金は主にサラリーマンや公務員の方が加入する年金です。厚生年金に加入していれば、国民年金に加えて厚生年金からの年金も貰えます。
※年金額は給料や厚生年金への加入期間によって変わります。厚生年金については、厚生年金とは?を参照。

今回のコラムはここまでです。老齢基礎年金がいくらもらえるのかわかりましたか?

年金っていくらもらえるのでしょうか?国民年金編

65歳になったら給付される国民年金(老後に給付される年金を老齢基礎年金といいます)。老後にもらえる年金がいくらなのかって気になりますよね。この記事では年金の中でも老齢基礎年金のもらえる金額などを簡単に説明していきます。
この記事の目次
年金はいくらもらえる?国民年金の場合

20歳になるとすべての方が加入することになる国民年金。何もせずに老後に年金がもらえるわけではなく、65歳になってから年金をもらうためには保険料を支払わなければなりません。
※お金がなくて払えないという方は免除制度があります。


保険料を支払った期間によってもらえる年金額は増えたり減ったりするのですが、全期間(20歳から60歳になるまで)支払うと年間約80万円の年金が国民年金から給付されます。

もらえる年金額は以下のとおりです。
厚生年金に加入している方はさらに厚生年金がプラスされます。

老後にもらえる年金額(国民年金ver)
※年金がもらえるのは65歳になってからです。
※手続きにより60歳からもらうこともできます。

保険料を納めた期間 もらえる年金額
40年
(全額免除期間0年)
年金額は年間約80万円(満額)です。
30年
(全額免除期間10年)
年金額は年間約70万円です。
20年
(全額免除期間20年)
年金額は年間約60万円です。
10年
(全額免除期間30年)
年金額は年間約50万円です。
0年
(全額免除期間40年)
年金額は年間約40万円です。

厚生年金に加入している方はさらに年金額が増えます。くわしくは以下のページで解説しています。

▶こんなページも見られています

お金が無くて年金を払えない方は免除申請しよう

お金が無いなどの理由で年金が払えないときは年金の支払いを免除できます。ただし、もらえる年金額は減ってしまいます。

しかし、年金の免除を受けても10年以内であればあとから年金を納めることができます(追納)。追納することで年金を満額に近づけることができます。

お金がなくて年金を納めるのが難しい場合

厚生年金に加入している期間があれば年金額は増えます

厚生年金は主にサラリーマンや公務員の方が加入する年金です。厚生年金に加入していれば、国民年金に加えて厚生年金からの年金も貰えます。
※年金額は給料や厚生年金への加入期間によって変わります。厚生年金については、厚生年金とは?を参照。

今回のコラムはここまでです。老齢基礎年金がいくらもらえるのかわかりましたか?