一家の主が亡くなったときにも?

遺族年金いぞくねんきんとは?

一家の大黒柱が亡くなったときにも年金がもらえます。これを遺族年金といいます。

年金は歳をとったときだけじゃないんです!

※たとえば勤務年数20年の会社員(平均月収30万円、配偶者有り、子が2人)が亡くなった場合、子のいる配偶者が受けとる遺族年金は年間約160万円となります。