年金保険料ってなに?

万が一のときどうする?

事故や災害などで万が一のことがあったとき。何も助けがなかったら生活が困ってしまいます。

保険料は万が一のときのために。

そんなときに年金をもらうためにあらかじめ納めておくお金を年金保険料といいます。

国民年金保険料は(月額)16,340円(平成30年度)
たとえば、障害基礎年金は(年間)974,125円(平成30年度)であり、厚生年金に加入している方はさらに年金額が上乗せされます。

大事なときに年金をもらうために。

保険料を支払って年金保険に加入することで以下のようなときに年金をもらうことができます。
 

①歳をとったとき
②大きなケガや病気をしたとき
③亡くなったときに残された家族へ

 
年金保険は事故や災害などで万が一のことがあったときのための保険なんです。