世帯主と被保険者の総所得金額合計とは?ケース別にシミュレーション

2020.06.30 更新
所得が少ない場合には保険料などが減額されます。その際に所得の審査として用いるのが世帯主と被保険者の総所得金額の合計です。この記事では世帯主と被保険者の総所得金額合計について説明していきます。
この記事の目次
世帯主と被保険者の総所得金額合計とは?

世帯主とは世帯の代表者、被保険者とは国民年金や国民健康保険に加入している人、総所得金額とは各種所得の合計のことをいいます。

つまり、世帯主と被保険者の総所得金額合計とは、世帯主および被保険者それぞれの総所得金額を合計した金額のことをいいます。この金額が少ない場合には国保の保険料などが減額されます。

世帯主と被保険者の総所得金額合計をケース別にシミュレーションしてみよう

総所得金額が少なければ国民年金や国民健康保険の保険料が安くなります。

世帯主と被保険者の総所得金額合計ってなに?という方のためにパターン別にシミュレーションして以下に説明していきます。

被保険者本人が世帯主の場合は?

被保険者本人が世帯主であり、本人以外に被保険者がいない場合には、本人の総所得金額のみが保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、あなたの収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のとき、給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。
※2020年1月から給与所得控除が一律10万円引き下げられました。

この場合、あなたは保険料減額の対象になります。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

世帯主が父親の場合は?

世帯主が本人以外の親族(父親など)の場合には、世帯主と被保険者本人の総所得金額の合計が保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、世帯主(父親)の収入が給与収入のみで年間500万円、被保険者本人の収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のケースでシミュレーションしてみましょう。

まず、世帯主の給与所得は356万円になります。収入は給与収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は356万円となります。

500万円給与収入144万円給与所得控除 = 356万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

次に、被保険者本人の給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

したがって、世帯主と被保険者の総所得金額を合計すると、

356万円世帯主の総所得金額 + 25万円被保険者の総所得金額 = 381万円総所得金額の合計
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

となります。この場合、所得の合計が多いので、被保険者は保険料減額の対象にはなりません。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

被保険者が複数いる場合は?

被保険者本人が世帯主であり、ほかにも親族に被保険者がいる場合には、世帯主と被保険者の総所得金額の合計が保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、世帯主を含めて被保険者の人数が3人おり、父親の収入が年金収入のみで年間150万円、母親の収入が年金収入のみで年間100万円、子供の収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のケースでシミュレーションしてみましょう。

まず、父親の年金所得(雑所得)は40万円になります。収入は年金収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は40万円となります。

150万円年金収入110万円公的年金控除 = 40万円雑所得(総所得金額)
年金にかかる税金は年金税金シミュレーションで計算できます。
公的年金控除については公的年金控除とは?を参照。
雑所得については雑所得とは?を参照。

次に、母親の年金所得(雑所得)は0円になります。収入は年金収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は0円となります。

100万円年金収入110万円公的年金控除 = 0円雑所得(総所得金額)
年金にかかる税金は年金税金シミュレーションで計算できます。
公的年金控除については公的年金控除とは?を参照。
雑所得については雑所得とは?を参照。

次に、子供の給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

したがって、被保険者3人の総所得金額を合計すると、

40万円父親の総所得金額 + 0円母親の総所得金額 + 25万円子供の総所得金額 = 65万円総所得金額の合計
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

となります。この場合、被保険者は保険料減額の対象になります。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

今回のコラムはここまでです。世帯主と被保険者の総所得金額の合計についてわかっていただけましたか?

世帯主と被保険者の総所得金額合計とは?ケース別にシミュレーション

所得が少ない場合には保険料などが減額されます。その際に所得の審査として用いるのが世帯主と被保険者の総所得金額の合計です。この記事では世帯主と被保険者の総所得金額合計について説明していきます。
この記事の目次
世帯主と被保険者の総所得金額合計とは?

世帯主とは世帯の代表者、被保険者とは国民年金や国民健康保険に加入している人、総所得金額とは各種所得の合計のことをいいます。

つまり、世帯主と被保険者の総所得金額合計とは、世帯主および被保険者それぞれの総所得金額を合計した金額のことをいいます。この金額が少ない場合には国保の保険料などが減額されます。

世帯主と被保険者の総所得金額合計をケース別にシミュレーションしてみよう

総所得金額が少なければ国民年金や国民健康保険の保険料が安くなります。

世帯主と被保険者の総所得金額合計ってなに?という方のためにパターン別にシミュレーションして以下に説明していきます。

被保険者本人が世帯主の場合は?

被保険者本人が世帯主であり、本人以外に被保険者がいない場合には、本人の総所得金額のみが保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、あなたの収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のとき、給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。
※2020年1月から給与所得控除が一律10万円引き下げられました。

この場合、あなたは保険料減額の対象になります。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

世帯主が父親の場合は?

世帯主が本人以外の親族(父親など)の場合には、世帯主と被保険者本人の総所得金額の合計が保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、世帯主(父親)の収入が給与収入のみで年間500万円、被保険者本人の収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のケースでシミュレーションしてみましょう。

まず、世帯主の給与所得は356万円になります。収入は給与収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は356万円となります。

500万円給与収入144万円給与所得控除 = 356万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

次に、被保険者本人の給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

したがって、世帯主と被保険者の総所得金額を合計すると、

356万円世帯主の総所得金額 + 25万円被保険者の総所得金額 = 381万円総所得金額の合計
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

となります。この場合、所得の合計が多いので、被保険者は保険料減額の対象にはなりません。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

被保険者が複数いる場合は?

被保険者本人が世帯主であり、ほかにも親族に被保険者がいる場合には、世帯主と被保険者の総所得金額の合計が保険料減額の所得審査の対象になります。

ここからシミュレーション
たとえば、世帯主を含めて被保険者の人数が3人おり、父親の収入が年金収入のみで年間150万円、母親の収入が年金収入のみで年間100万円、子供の収入がアルバイトの給与収入のみで年間80万円のケースでシミュレーションしてみましょう。

まず、父親の年金所得(雑所得)は40万円になります。収入は年金収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は40万円となります。

150万円年金収入110万円公的年金控除 = 40万円雑所得(総所得金額)
年金にかかる税金は年金税金シミュレーションで計算できます。
公的年金控除については公的年金控除とは?を参照。
雑所得については雑所得とは?を参照。

次に、母親の年金所得(雑所得)は0円になります。収入は年金収入のみであり、それ以外に所得がないので総所得金額は0円となります。

100万円年金収入110万円公的年金控除 = 0円雑所得(総所得金額)
年金にかかる税金は年金税金シミュレーションで計算できます。
公的年金控除については公的年金控除とは?を参照。
雑所得については雑所得とは?を参照。

次に、子供の給与所得は25万円となります。それ以外に所得がないので総所得金額は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得(総所得金額)
給与所得控除については給与所得とは?を参照。
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

したがって、被保険者3人の総所得金額を合計すると、

40万円父親の総所得金額 + 0円母親の総所得金額 + 25万円子供の総所得金額 = 65万円総所得金額の合計
総所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

となります。この場合、被保険者は保険料減額の対象になります。
※国民健康保険については所得が少ないと国民健康保険料が安くなる?を参照。
※国民年金については国民年金を免除すると0円になる?を参照。

今回のコラムはここまでです。世帯主と被保険者の総所得金額の合計についてわかっていただけましたか?