医療保険は4種類!国民はどれかにかならず加入します。

2020.03.28 更新
医療保険はいくつかあるけど、どれに加入するの?

日本に住んでいる人はかならず国の医療保険に加入しています。医療保険にはいくつか種類がありますが、「わたしはどの医療保険に入ってるの?」と不安になる人もいると思います。この記事では医療保険の種類などについて簡単に説明していきます。

国の医療保険は大きく分けると4種類

日本ではすべての方を国の医療保険に加入させる制度があり、これを「国民皆保険こくみんかいほけん」といいます。日本に住むすべての方は大きく分けて4種類ある国の医療保険のいずれかに加入することになっています。

子供でも大人でもみんな以下の4種類のいずれかに加入することになっています。会社に雇われている方は社会保険とよばれている健康保険に加入していることが多いでしょう。自分がどの医療保険に加入しているのかチェックしておきましょう。。

あなたはどれに加入している?国の4種類の医療保険

健康保険
サラリーマンまたはその家族などが加入する

共済組合
公務員またはその家族などが加入する

後期高齢者医療制度
75歳以上の方が加入する

国民健康保険
フリーランス・スポーツ選手・アーティスト・タレント・無業者・個人事業主など上記3つ以外の方が加入する

くわしい医療保険については、医療保険ページを参照。

4種類どの医療保険でもほとんど変わらない?

医療保険とは病気やケガをしたときなどに医療費の負担などをしてくれるものです。

国の医療保険があるおかげで安い値段でだれでも良質な医療を受けられる仕組みになっているんです。これは4種類どの医療保険も同じです。

そのほかにも医療保険は以下のようにさまざまな給付をしてくれるのですが、どの医療保険も給付の内容はほとんど変わりません。

こんなことをしてくれる国の医療保険
病気やケガで会社を休んだときにお金をくれる
会社を休むとお金がもらえる?を参照。
赤ちゃんを産むための費用を負担してくれる
出産の費用っていくらかかるの?を参照。
100万円などの高額な治療費を負担してくれる
医療費が高額になっても大丈夫を参照。

など。くわしくは以下の表を参照。

給付の内容
ガン保険などに加入する必要はあるの?

保険は、国が運営する「医療保険」だけではなく、民間企業が運営している保険(たとえば生命保険やガン保険など)にも加入することが出来ます。ですが、上記で説明したとおり、国の医療保険だけども様々な給付をしてくれています(病院代は安くなる・病気などで会社を休んだときにはお金がもらえるなど)。

それを理解したうえで、「それでも国の保険だけじゃ不安!ほかにもガンに対する保険もほしい!」などと思う方は民間企業のガン保険や生命保険に加入しましょう。民間保険に加入する際は「自分に必要な保険内容であるか、保険料は高すぎないか」等のことに気をつけましょう。

今回のコラムはここまでです。医療保険の種類についてわかっていただけましたか?

医療保険は4種類!国民はどれかにかならず加入します。

医療保険はいくつかあるけど、どれに加入するの?

日本に住んでいる人はかならず国の医療保険に加入しています。医療保険にはいくつか種類がありますが、「わたしはどの医療保険に入ってるの?」と不安になる人もいると思います。この記事では医療保険の種類などについて簡単に説明していきます。

国の医療保険は大きく分けると4種類

日本ではすべての方を国の医療保険に加入させる制度があり、これを「国民皆保険こくみんかいほけん」といいます。日本に住むすべての方は大きく分けて4種類ある国の医療保険のいずれかに加入することになっています。

子供でも大人でもみんな以下の4種類のいずれかに加入することになっています。会社に雇われている方は社会保険とよばれている健康保険に加入していることが多いでしょう。自分がどの医療保険に加入しているのかチェックしておきましょう。。

あなたはどれに加入している?国の4種類の医療保険

健康保険
サラリーマンまたはその家族などが加入する

共済組合
公務員またはその家族などが加入する

後期高齢者医療制度
75歳以上の方が加入する

国民健康保険
フリーランス・スポーツ選手・アーティスト・タレント・無業者・個人事業主など上記3つ以外の方が加入する

くわしい医療保険については、医療保険ページを参照。

4種類どの医療保険でもほとんど変わらない?

医療保険とは病気やケガをしたときなどに医療費の負担などをしてくれるものです。

国の医療保険があるおかげで安い値段でだれでも良質な医療を受けられる仕組みになっているんです。これは4種類どの医療保険も同じです。

そのほかにも医療保険は以下のようにさまざまな給付をしてくれるのですが、どの医療保険も給付の内容はほとんど変わりません。

こんなことをしてくれる国の医療保険
病気やケガで会社を休んだときにお金をくれる
会社を休むとお金がもらえる?を参照。
赤ちゃんを産むための費用を負担してくれる
出産の費用っていくらかかるの?を参照。
100万円などの高額な治療費を負担してくれる
医療費が高額になっても大丈夫を参照。

など。くわしくは以下の表を参照。

給付の内容
ガン保険などに加入する必要はあるの?

保険は、国が運営する「医療保険」だけではなく、民間企業が運営している保険(たとえば生命保険やガン保険など)にも加入することが出来ます。ですが、上記で説明したとおり、国の医療保険だけども様々な給付をしてくれています(病院代は安くなる・病気などで会社を休んだときにはお金がもらえるなど)。

それを理解したうえで、「それでも国の保険だけじゃ不安!ほかにもガンに対する保険もほしい!」などと思う方は民間企業のガン保険や生命保険に加入しましょう。民間保険に加入する際は「自分に必要な保険内容であるか、保険料は高すぎないか」等のことに気をつけましょう。

今回のコラムはここまでです。医療保険の種類についてわかっていただけましたか?