年金・保険関連
更新日:2018年8月22日
「所得割」・「均等割」・「平等割」・「資産割」とは
国民健康保険料は、「所得割」・「均等割」・「平等割」・「資産割」の合計で1年間の保険料が決定されます。また、後期高齢者医療制度の保険料は「所得割」・「均等割」の合計で1年間の保険料が決定されます。

所得割

前年の所得に応じて計算される部分

所得割 = (前年の所得の合計-33万円) × 所得割率

所得については所得とは?

※労災保険の給付(休業補償給付など)・失業手当(基本手当)・傷病手当金・児童手当・児童扶養手当・遺族年金・障害年金などは非課税所得なので所得割の所得に合計されません。
均等割

加入者の数に応じて計算される部分

均等割 = 均等割額 × 加入者数
平等割

1世帯に定額でかかる部分

平等割 = 定額
資産割

固定資産の価値に応じて計算される部分

資産割 = 固定資産税 × 資産割率

以下のページで保険料がいくらになるかシミュレーションすることができます。

国民健康保険料はいくらになる?

※所得割額の計算のもととなる所得金額については、お住まいの市区町村ホームページなどでご確認ください。
【例】国民健康保険料の計算(所得割などの計算)
  • 前年の所得:200万円
  • 所得割率:9.54%
  • 均等割額:51,000円
  • 加入者数:1人

とした場合、所得割は以下のようになります。

(200万円前年の所得 – 33万円) × 9.54%所得割率 = 159,318円所得割

均等割は以下のようになります。

51,000円均等割額 × 1人加入者数 = 51,000円均等割

したがって、国民健康保険料は以下のようになります。

159,318円所得割 + 51,000円均等割 = 210,318円国民健康保険料

以下のページで保険料がいくらになるかシミュレーションすることができます。

国民健康保険料はいくらになる?

※所得割額の計算のもととなる所得金額については、お住まいの市区町村ホームページなどでご確認ください。