サラリーマンで確定申告が必要な場合はどんなとき?年末調整してないとき?

2020.08.29 更新
サラリーマンも場合によっては確定申告で税金を納める必要があります。この記事ではサラリーマンの確定申告について説明していきます。
この記事の目次
サラリーマンは確定申告するの?

基本的に、サラリーマンは確定申告をする必要はありません。なぜかというと、勤務先の会社で源泉徴収年末調整をしてもらっているので、自分で確定申告をする必要がないのです。
確定申告とは:1年間の稼ぎを申告して税金を納める手続きのこと。

ですが、サラリーマンでも必要になる場合があります。気をつけないと知らずに脱税してしまう場合もあるのでチェックしておきましょう。

確定申告が必要になる場合は?

サラリーマンで確定申告が必要になる場合は以下のようなときです。自分があてはまる場合は確定申告をしましょう。

確定申告が必要なとき

➊会社を退職したために年末調整をやってもらっていない場合
くわしくは退職して年末調整を受けていない…確定申告はするの?を参照。
➋サラリーマンとしての仕事以外に副業をしており、副業による利益が20万円を超えたとき
くわしくは雑所得はいくらから税金がかかる?確定申告はする?を参照。
➌給料を2つの勤務先から受けており、年末調整されなかったほうの給料が20万円を超えているとき
くわしくはダブルワークをしている人の確定申告はどうやる?を参照。
➍給与収入が2000万円を超えているとき
➎競馬や競艇などのギャンブル収入が70万円を超えているとき
くわしくはギャンブルで勝った!税金はいくらかかる?確定申告しないとダメ?を参照。

など。

確定申告をする必要はないけどしたほうがいい場合は?

サラリーマンで確定申告をしたほうがいい場合は以下のようなときです。

以下のような場合は確定申告しなくても違反にはなりませんが、確定申告をすると払い過ぎた税金が戻ってくる場合があるので、自分があてはまる場合は確定申告をしてみましょう。

確定申告をしたほうがいいとき

➊年末調整を出すのを忘れて、税金を納め過ぎているとき
くわしくはアルバイト先に年末調整を出し忘れた…どうすればいい?を参照。
➋1年間に10万円以上の医療費を支払ったときなど
くわしくは医療費控除とは?を参照。
確定申告をしなくてもいいときは?

上記でも説明したとおり、サラリーマンは基本的には確定申告をする必要はありません。ですが、副業などをしていて「確定申告をしなくていいのか不安」という方は以下にあてはまるかチェックしてみましょう。

以下にあてはまるときは確定申告をしなくていいことになります。

確定申告をしなくてもいいとき

➊副業などしておらず、源泉徴収年末調整も勤務先にやってもらっているとき
➋サラリーマンとしての仕事以外に副業をしているが、副業による利益が20万円以内のとき
くわしくは雑所得はいくらから税金がかかる?確定申告はする?を参照。
➌給料を2つの勤務先から受けているが、年末調整されなかったほうの給料が20万円以内のとき
くわしくはバイト掛け持ちで税金はどうなる?確定申告は?を参照。
➍給料を2つの勤務先から受けているが、2つの勤務先の給料の合計が150万円以内のとき

今回のコラムはここまでです。サラリーマンが確定申告をする場合についてわかっていただけましたか?

サラリーマンで確定申告が必要な場合はどんなとき?年末調整してないとき?

サラリーマンも場合によっては確定申告で税金を納める必要があります。この記事ではサラリーマンの確定申告について説明していきます。
この記事の目次
サラリーマンは確定申告するの?

基本的に、サラリーマンは確定申告をする必要はありません。なぜかというと、勤務先の会社で源泉徴収年末調整をしてもらっているので、自分で確定申告をする必要がないのです。
確定申告とは:1年間の稼ぎを申告して税金を納める手続きのこと。

ですが、サラリーマンでも必要になる場合があります。気をつけないと知らずに脱税してしまう場合もあるのでチェックしておきましょう。

確定申告が必要になる場合は?

サラリーマンで確定申告が必要になる場合は以下のようなときです。自分があてはまる場合は確定申告をしましょう。

確定申告が必要なとき

➊会社を退職したために年末調整をやってもらっていない場合
くわしくは退職して年末調整を受けていない…確定申告はするの?を参照。
➋サラリーマンとしての仕事以外に副業をしており、副業による利益が20万円を超えたとき
くわしくは雑所得はいくらから税金がかかる?確定申告はする?を参照。
➌給料を2つの勤務先から受けており、年末調整されなかったほうの給料が20万円を超えているとき
くわしくはダブルワークをしている人の確定申告はどうやる?を参照。
➍給与収入が2000万円を超えているとき
➎競馬や競艇などのギャンブル収入が70万円を超えているとき
くわしくはギャンブルで勝った!税金はいくらかかる?確定申告しないとダメ?を参照。

など。

確定申告をする必要はないけどしたほうがいい場合は?

サラリーマンで確定申告をしたほうがいい場合は以下のようなときです。

以下のような場合は確定申告しなくても違反にはなりませんが、確定申告をすると払い過ぎた税金が戻ってくる場合があるので、自分があてはまる場合は確定申告をしてみましょう。

確定申告をしたほうがいいとき

➊年末調整を出すのを忘れて、税金を納め過ぎているとき
くわしくはアルバイト先に年末調整を出し忘れた…どうすればいい?を参照。
➋1年間に10万円以上の医療費を支払ったときなど
くわしくは医療費控除とは?を参照。
確定申告をしなくてもいいときは?

上記でも説明したとおり、サラリーマンは基本的には確定申告をする必要はありません。ですが、副業などをしていて「確定申告をしなくていいのか不安」という方は以下にあてはまるかチェックしてみましょう。

以下にあてはまるときは確定申告をしなくていいことになります。

確定申告をしなくてもいいとき

➊副業などしておらず、源泉徴収年末調整も勤務先にやってもらっているとき
➋サラリーマンとしての仕事以外に副業をしているが、副業による利益が20万円以内のとき
くわしくは雑所得はいくらから税金がかかる?確定申告はする?を参照。
➌給料を2つの勤務先から受けているが、年末調整されなかったほうの給料が20万円以内のとき
くわしくはバイト掛け持ちで税金はどうなる?確定申告は?を参照。
➍給料を2つの勤務先から受けているが、2つの勤務先の給料の合計が150万円以内のとき

今回のコラムはここまでです。サラリーマンが確定申告をする場合についてわかっていただけましたか?