パートとYouTubeで稼いでいるけど扶養外れる?

2022.06.01 更新
パートで収入を得ながらYouTuberとしてもお金を稼いでいる主婦は扶養に入っていられる範囲に気をつけましょう。この記事ではパートとYouTubeで収入を得ている場合の扶養について説明していきます。
この記事の目次
パートとYouTubeで稼いでいるけど扶養外れる?税金はどうなる?

パートとYouTubeの両方で稼いでいる人も、たくさんお金を稼げば扶養から外れます。


また、YouTubeでお金を稼げば税金がかかります。


パートをしながらYouTuber(ユーチューバー)として活動をしている主婦などは扶養の範囲や税金、確定申告の有無などチェックしておくことをおすすめします。

この記事の要点

  • パートとYouTubeの収入合計が1年間で130万円以上で社会保険の扶養から外れる。

  • 合計所得が1年間で95万円以上で配偶者の税金が徐々に上がっていく。

  • YouTubeでお金を稼いでいれば基本的に確定申告が必要。

  • YouTubeの収入がそれほど多くなければ確定申告をしなくてもいい。

では最初に、配偶者の税金について下記で説明していきます。パート収入とYouTubeの合計所得が95万円を超えると配偶者の税金が徐々に増えていくことを知っておきましょう。


合計所得が95万円から夫の税金が増え始める?

パートの給与所得とYouTubeの雑所得の合計所得が1年間(1月~12月まで)で95万円を超えたときから、配偶者(たとえば夫)の税金が少しずつ増えることになります。
※合計所得が増えるごとに配偶者特別控除の効果が弱くなっていくため。


「合計所得95万円ってなに?」という方のために以下でわかりやすく説明していきます。
給与所得と雑所得の合計所得については以下で説明しています。

YouTubeで合計所得金額95万円とは?

たとえばあなたが1年間(1月~12月まで)にYouTubeで稼いだ収入(雑収入)が95万円とすると、

95万円YouTubeの収入0円経費 = 95万円雑所得
※計算をわかりやすくするために経費は0円としています。
※YouTubeの収入(雑収入)は雑所得に分類されます。

となります。YouTube以外に収入が無いとすると、あなたの合計所得金額は

95万円雑所得 = 95万円合計所得金額
※合計所得金額については合計所得金額とは?を参照。

となります。この場合、1年間(1月~12月まで)の合計所得金額が95万円以下なので、あなたの配偶者の税金の負担は増えません。つまり、ほかに収入がなければ95万円までなら、YouTubeでお金を稼いだとしても配偶者の税金の負担は増えないということです。

では次に、YouTubeのほかにパート収入がある場合について下記で説明していきます。




YouTubeのほかにパート収入がある場合は?

パートの給料とYouTube収入の合計所得金額は以下の例のように計算されます。


給料と雑所得の2つの収入がある場合は?

例えば、あなたのアルバイト収入が1年間(1月~12月まで)で80万円、YouTubeなどで得た雑多な収入が1年間で70万円のとき。

まず、あなたの給与所得は25万円となります。

80万円給与収入55万円給与所得控除 = 25万円給与所得
給与所得控除については給与所得控除とは?を参照。

つづいて、あなたの雑所得は70万円となります。

70万円雑多な収入0円経費 = 70万円雑所得
計算をわかりやすくするために経費は0円としています。雑所得については雑所得とは?を参照。

したがって、あなたの合計所得金額は95万円となります。

25万円給与所得 + 70万円雑所得 = 95万円合計所得金額
合計所得金額とは:各種所得の合計金額のこと。

これ以上稼いで、あなたの合計所得金額が1年間(1月~12月まで)で95万円を超え始めると、下記の表のように夫の税金が少しずつ高くなっていきます。

では最初に、配偶者の税金について下記で説明していきます。パート収入とYouTubeの合計所得が95万円を超えると配偶者の税金が徐々に増えていくことを知っておきましょう。


夫の税金はいくら増える?

上記でも説明したように、1年間の合計所得金額が95万円を超えると、配偶者(たとえば夫)の税金の負担が徐々に増えていきます。


夫の年収にもよりますが、夫の税金の負担は約0.1~11万円増す場合が多いでしょう。
※夫の年収を250万円~900万円とした場合。


下記の目安表に妻の合計所得と夫の税金をシミュレーションしているのでチェックしておきましょう。

配偶者の負担額の目安をシミュレーション
妻の合計所得 夫の年収250~400万円のとき 夫の年収500~600万円のとき 夫の年収700~900万円のとき
95万円以下 税金は0円高くなります。
所得税0円
住民税0円
税金は0円高くなります。
所得税0円
住民税0円
税金は0円高くなります。
所得税0円
住民税0円
100万円以下 税金は約1,000円高くなります。
所得税1,000円
住民税0円
税金は約2,000円高くなります。
所得税2,000円
住民税0円
税金は約4,000円高くなります。
所得税4,000円
住民税0円
105万円以下 税金は約6,000円高くなります。
所得税3,500円
住民税2,000円
税金は約9,000円高くなります。
所得税7,000円
住民税2,000円
税金は約16,000円高くなります。
所得税14,000円
住民税2,000円
110万円以下 税金は約13,000円高くなります。
所得税6,000円
住民税7,000円
税金は約19,000円高くなります。
所得税12,000円
住民税7,000円
税金は約31,000円高くなります。
所得税24,000円
住民税7,000円
115万円以下 税金は約21,000円高くなります。
所得税8,500円
住民税12,000円
税金は約29,000円高くなります。
所得税17,000円
住民税12,000円
税金は約46,000円高くなります。
所得税34,000円
住民税12,000円
120万円以下 税金は約28,000円高くなります。
所得税11,000円
住民税17,000円
税金は約39,000円高くなります。
所得税22,000円
住民税17,000円
税金は約61,000円高くなります。
所得税44,000円
住民税17,000円
125万円以下 税金は約36,000円高くなります。
所得税13,500円
住民税22,000円
税金は約49,000円高くなります。
所得税27,000円
住民税22,000円
税金は約76,000円高くなります。
所得税54,000円
住民税22,000円
130万円以下 税金は約43,000円高くなります。
所得税16,000円
住民税27,000円
税金は約59,000円高くなります。
所得税32,000円
住民税27,000円
税金は約81,000円高くなります。
所得税64,000円
住民税27,000円
133万円以下 税金は約48,000円高くなります。
所得税17,500円
住民税30,000円
税金は約65,000円高くなります。
所得税35,000円
住民税30,000円
税金は約100,000円高くなります。
所得税70,000円
住民税30,000円
133万円超え 税金は約52,000円高くなります。
所得税19,000円
住民税33,000円
税金は約71,000円高くなります。
所得税38,000円
住民税33,000円
税金は約109,000円高くなります。
所得税76,000円
住民税33,000円

配偶者の税金が増えることを知っておきましょう
以上のように、あなたが配偶者に扶養されている場合、合計所得が95万円を超えると徐々に配偶者の税金が増えていきます(配偶者控除の効果がどんどん弱くなっていくため)。
※くわしくは配偶者特別控除とは?を参照。

こんなページもみられています
パート主婦は年収いくらがお得なの?103~150万円の年収別まとめ

では次に、社会保険の扶養について下記で説明していきます。扶養から外れたときの保険料がどうなるのか等についてチェックしておきましょう。


収入130万円以上で夫の社会保険の扶養から外れる?
YouTubeとパートの合計収入が130万円以上になると社会保険の扶養から外れる

パート収入とYouTube収入の合計が130万円以上になると社会保険の扶養から外れてしまいます。
※1年間の収入の合計見込みが130万円以上。
社会保険の扶養に入っている場合に限ります。
※加入している保険組合によっては雑所得を含まない場合があります。また、その収入が定期的なものではなく、一時的な収入である場合、収入に含めない場合があります。くわしくは加入している健康保険組合を確認することをオススメします。



たとえば社会保険の扶養に入っている妻は国民年金と健康保険の保険料がどちらも0円になるメリットを受けられます。


ですが、1年間の収入が130万円以上になって社会保険の扶養から外れた場合には自分で保険料を支払うことになります。
扶養から外れたときの保険料の例を以下に示します。

社会保険の扶養から外れたとき、自分で支払う保険料はいくら?

勤務先の社会保険に加入する場合
パート収入が100万円、YouTube収入が30万円の場合、1年間の社会保険料は約15万円(健康保険料が約50,000円、厚生年金保険料が約100,000円)になります。



国民健康保険と国民年金に加入する場合
パート収入が100万円、YouTube収入が30万円の場合、1年間の保険料は合計約28.5万円になります(国保の保険料が約85,000円、国民年金保険料が約200,000円)。
※東京都世田谷区に在住で加入者1人の場合。国民健康保険料は住んでいる地域で料金が変わります。くわしくは市区町村ホームページを参照。

以上のように、1年間の収入が130万円以上になって社会保険の扶養から外れたときは、それなりの保険料を支払うことになるので覚悟しておきましょう。


パートとYouTubeの収入を合わせたシミュレーション

1月~12月までの1年間のパート収入とYouTube収入によって税金や保険料がいくらになるか計算してまとめました。

自分の手取りや夫の税金の負担がどう変わるかなどもチェックしておきましょう。

パート収入100万円・YouTube収入20万円のとき

※40歳未満のパート主婦、夫が社会保険に加入している場合。

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約36,000円です。
所得税8,500円、住民税が約27,000円。
夫の社会保険の扶養から外れる? 収入の合計が120万円なら社会保険の扶養から外れません。
※夫が社会保険に加入している場合。
あなたの保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で0円です。
※社会保険の扶養に入っている場合。国民健康保険に加入している場合は、国保の保険料が年間約7.6万円、国民年金が年間約20万円かかります。
夫の税金の負担は? 合計所得が65万円なので、あなたの夫の税金は高くなりません。
※ただし、1年間の合計所得が95万円を超えると配偶者特別控除による控除額が少しずつ減っていくため、夫の税金の負担が徐々に重くなっていきます。くわしくは配偶者特別控除とは?を参照。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約1,160,000円です。
※社会保険の扶養に入っていない場合、あなたの手取りは約917,000円になります。

※税金や手取りなどはこちらのシミュレーションで計算しています。

パート収入100万円・YouTube収入30万円のとき

※40歳未満のパート主婦、夫が社会保険に加入している場合。

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約9,000円です。
所得税0円、住民税が約8,500円。
※勤務先の社会保険に加入した場合、あなたにかかる税金は約27,000円です(所得税5,900円、住民税が約21,000円)。
夫の社会保険の扶養から外れる? 収入の合計が130万円以上になると社会保険の扶養から外れてしまいます。したがって、自分で保険に加入することになります。
あなたの保険料は? あなたが支払う国民健康保険料と国民年金保険料の合計は1年間で約285,000円※です(内訳、国民年金が約20万円、国民健康保険が約8.5万円)。
※勤務先の社会保険に加入した場合は約150,000円。
※東京都世田谷区に在住で加入者1人の場合。国民健康保険料は住んでいる地域で料金が変わります。
夫の税金の負担は? 合計所得が75万円なので、あなたの夫の税金は高くなりません。
※ただし、1年間の合計所得が95万円を超えると配偶者特別控除による控除額が少しずつ減っていくため、夫の税金の負担が徐々に重くなっていきます。くわしくは配偶者特別控除とは?を参照。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約1,000,000円です。
※勤務先の社会保険に加入した場合は約1,120,000円。

※税金や手取りなどはこちらのシミュレーションで計算しています。

では次に、パートとYouTubeでお金を稼いでいるときの確定申告について下記で説明していきます。


確定申告をする必要はある?

パートやアルバイトをしながらYouTubeの収益もあるときは確定申告をする必要があります。


ただし、YouTubeの収益が1年間(1月~12月まで)で20万円以下なら確定申告をする必要がありません。
※確定申告をしない場合、住民税の申告は必要になります。

20万円以下なら確定申告しなくていい?
給料のほかにYouTubeの利益が加われば税金が増えることになります。
しかし、アルバイトや会社員などのように勤務先から給料をもらっている方の場合、雑所得(YouTubeの利益)が1年間(1月~12月まで)で20万円以下ならば確定申告をしなくてもいい決まりになっています。

※給与所得と雑所得のみである場合。
※確定申告をする場合は、20万円以下だとしても副業の収入を申告しなければいけません。
※出典:国税庁確定申告を要しない場合の意義
※出典:国税庁給与所得者で確定申告が必要な人

※経費は0円としています。雑所得の計算式などは雑所得とは?を参照。
※厳密には、給与を1ヶ所から受けており、そのほかの各種所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の場合
20万円以下でも住民税の申告が必要?

YouTubeの利益(雑所得)が20万円以下でも、確定申告をしない場合は住民税の申告が必要になります。

確定申告をする場合は住民税の申告は必要ありません。住民税の申告は手書きで提出する場合が多いですが、確定申告はネットで簡単にできるので、確定申告をすることをオススメします。確定申告のやり方は下記で説明しています。

では次に、YouTube収入があるときの確定申告のやり方について下記で説明していきます。ネットで作成して確定申告をサッと終わらせましょう。


YouTube収入があるときの確定申告のやり方は?

YouTubeの収入がある場合の確定申告のやり方は以下のとおりです。

今はネットでかんたんに申告書を作成できるので、今まで一度も確定申告したことがないという方でも安心してください。

ちなみに、確定申告の期間については翌年2月16日~3月15日までの間です。
※たとえば2021年1月~12月までの稼ぎを申告する場合は2022年の2月16日からになります。
※遅れても申告はできますが延滞金が発生する場合があります。


YouTube収入があるときの確定申告のやりかたは?

確定申告のながれ
STEP➊源泉徴収票など必要なものを用意する
STEP➋確定申告書を作成する
STEP➌確定申告書を郵送する(所得税を納めるまたは払い戻される)

※下記の記事を参考に、確定申告書をサッと作成して提出しましょう。

もし、確定申告をするのが不安な方は試しにテキトーに金額を入力して申告書のつくりかたを練習してみてもいいかもしれません。
※税務署に郵送する申告書に正しい金額を入力すれば問題ないので、ためしに申告書を何枚も作ってみましょう。


YouTubeでがっつり稼ぐ場合は?

専業主婦などの方がYouTubeで活動しており、YouTubeを本気で取り組んでがっつり稼ぐつもりなら「個人事業主」になることを検討に入れましょう。

YouTubeを事業として行っているのなら、稼いだお金は事業所得になります。

YouTubeの収入を事業所得として申告すれば、割と簡単に節税することができます。
※事業所得だと青色申告特別控除により65万円の控除を受けることができるので税金などが安くなります。


つまり、YouTubeでの稼ぎを事業所得として申請すれば税金や保険料が安くなるメリットを受けることができます。
※YouTubeを本気で取り組み、個人事業主としてがっつり稼ぐつもりの方は下記の記事をチェックしておくことをオススメします。

YouTubeの収入を事業所得にした場合にどれくらい手取りが変わるのかシミュレーションしています。ユーチューバーとして本気で取り組むつもりの方は上記の記事をチェックしておきましょう。


ここまでのまとめ(YouTubeの収入にかかる税金は?)

ここまで説明したように、配偶者の扶養に入っている方がパートとYouTubeでお金をたくさん稼げば扶養から外れます。
※ただし、稼ぐ金額がそれほど多くなければ扶養のままでいられることを覚えておきましょう。


YouTubeでお金を稼いでいる主婦は下記のまとめをチェックしておきましょう。

ここまでのまとめ

  • パートとYouTubeの収入合計が1年間で130万円以上で社会保険の扶養から外れる。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • パートとYouTubeの合計所得が1年間で95万円以上で配偶者の税金が徐々に上がっていく。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • YouTubeの収入が1年間で20万円以下なら確定申告をしなくてもいい。
    ※くわしくは上記で説明しています。

  • YouTubeを本気で取り組むつもりなら個人事業主になる手続きをして節税のメリットを受けたほうが良い。
    ※くわしくは上記で説明しています。

YouTubeの収入にかかる税金は?
YouTuberやインフルエンサーなどとしてたくさんお金を稼げる見込みがあるなら、扶養なんて気にせずに集中してガンガン稼いだほうが賢明です。

扶養を外れても約20~30万円の負担増になるだけなので、数百万円・数千万円のような大金が稼げそうなら扶養なんて気にせずにガンガン稼いでください。
※年収ごとの手取りや税金がいくらになるかは下記の記事でまとめています。