雑所得10~1,000万円で税金はいくら?【収入別シミュレーション】

2020.05.16 更新
フリマやYouTubeで稼ごうと思っている人は収入によって税金がいくらかかるか気になると思います。この記事では雑所得10万円~1,000万円儲けたときの税金について説明していきます。
この記事の目次
フリマなどの雑多な収入にも税金はかかる?

フリマやハンドメイド商品を販売したりして雑多な収入(雑所得)があったときにも当然税金がかかります。また、雑多な収入があったときには確定申告をして納税をする必要があります。次でくわしく見ていきましょう。

確定申告の必要は?

サラリーマンなどは会社がやってくれる源泉徴収年末調整によって税金を納めますが、収入がフリマ販売などの「雑所得のみ」という方は確定申告によって収入の申告をして税金を納めなければなりません。
※現在無職の方は、たとえ収入が少額でも確定申告をすることをオススメします。収入が少なければ年金や保険料を減額してくれる制度を利用することができますが、本人の収入が確認できないと制度を利用できない場合があるので無収入でも確定申告をしておきましょう。


ただし、フリマやハンドメイド商品を販売したりして雑多な収入(雑所得)があったときには、その金額が45万円以下までなら税金はかかりません。
※45万円を超えると住民税がかかり始め、48万円を超えると所得税がかかり始めます(所得控除を基礎控除のみとした場合)。

確定申告は必要?職業別まとめ
サラリーマンやアルバイトの場合
副業によって利益があれば税金がかかりますが、サラリーマンやアルバイトなど勤務先から給料をもらっている方は雑所得が20万円以内ならば確定申告は必要ありません。
※経費は0円としています。雑所得の計算式などは雑所得とは?を参照。
個人事業主の場合
個人事業主の場合は雑所得が発生すれば申告をする必要があります。
※雑所得の計算式などは雑所得とは?を参照。
無職の場合
無職の方は雑所得が48万円以内なら所得税が0円となります。48万円を超えた場合には確定申告をしなくてはいけません。
※ただし、無職の方は所得が0円でも確定申告をすることをオススメします。本人の所得が0円であることを役所で確認できれば保険料などが減額されるので、確定申告をして自分の所得を申告しておきましょう。
雑多な収入を得た場合の税金シミュレーション

フリマなどで雑多な収入があった場合に税金がどれくらいになるか収入別にシミュレーションしました。以下に表でまとめています。

1年間で10万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は0円です。
所得税0円、住民税が0円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。全額免除または納付猶予をした場合は保険料は0円になります。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約53,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。保険料が減額された場合には約14,000円になります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約-150,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で50万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は5,000円です。
所得税0円、住民税が5,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。全額免除または納付猶予をした場合は保険料は0円になります。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約69,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。保険料が減額された場合には2~5割減額されます。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約230,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で100万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約40,000円です。
所得税10,200円、住民税が約30,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。免除制度をした場合は保険料は軽減されます。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約120,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約640,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で200万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約176,000円です。
所得税約55,500円、住民税が約120,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約210,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約1,400,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で300万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約314,000円です。
所得税約104,000円、住民税が約210,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約300,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約2,200,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で400万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約500,000円です。
所得税約195,000円、住民税が約300,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約400,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約2,900,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で500万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約730,000円です。
所得税約338,000円、住民税が約390,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約493,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約3,580,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で600万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,000,000円です。
所得税約519,000円、住民税が約480,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約590,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約4,200,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で700万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,270,000円です。
所得税約700,000円、住民税が約570,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約680,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約4,850,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で800万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,540,000円です。
所得税約880,000円、住民税が約660,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約780,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約5,480,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で900万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,850,000円です。
所得税約1,090,000円、住民税が約760,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約820,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約6,130,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で1,000万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約2,180,000円です。
所得税約1,320,000円、住民税が約860,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約820,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約6,800,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

給料をもらっている方が副業で雑所得を得ているときの税金についてはこちらを参照

今回のコラムはここまでです。雑所得と税金の関係についてわかっていただけましたか?

雑所得10~1,000万円で税金はいくら?【収入別シミュレーション】

フリマやYouTubeで稼ごうと思っている人は収入によって税金がいくらかかるか気になると思います。この記事では雑所得10万円~1,000万円儲けたときの税金について説明していきます。
この記事の目次
フリマなどの雑多な収入にも税金はかかる?

フリマやハンドメイド商品を販売したりして雑多な収入(雑所得)があったときにも当然税金がかかります。また、雑多な収入があったときには確定申告をして納税をする必要があります。次でくわしく見ていきましょう。

確定申告の必要は?

サラリーマンなどは会社がやってくれる源泉徴収年末調整によって税金を納めますが、収入がフリマ販売などの「雑所得のみ」という方は確定申告によって収入の申告をして税金を納めなければなりません。
※現在無職の方は、たとえ収入が少額でも確定申告をすることをオススメします。収入が少なければ年金や保険料を減額してくれる制度を利用することができますが、本人の収入が確認できないと制度を利用できない場合があるので無収入でも確定申告をしておきましょう。


ただし、フリマやハンドメイド商品を販売したりして雑多な収入(雑所得)があったときには、その金額が45万円以下までなら税金はかかりません。
※45万円を超えると住民税がかかり始め、48万円を超えると所得税がかかり始めます(所得控除を基礎控除のみとした場合)。

確定申告は必要?職業別まとめ
サラリーマンやアルバイトの場合
副業によって利益があれば税金がかかりますが、サラリーマンやアルバイトなど勤務先から給料をもらっている方は雑所得が20万円以内ならば確定申告は必要ありません。
※経費は0円としています。雑所得の計算式などは雑所得とは?を参照。
個人事業主の場合
個人事業主の場合は雑所得が発生すれば申告をする必要があります。
※雑所得の計算式などは雑所得とは?を参照。
無職の場合
無職の方は雑所得が48万円以内なら所得税が0円となります。48万円を超えた場合には確定申告をしなくてはいけません。
※ただし、無職の方は所得が0円でも確定申告をすることをオススメします。本人の所得が0円であることを役所で確認できれば保険料などが減額されるので、確定申告をして自分の所得を申告しておきましょう。
雑多な収入を得た場合の税金シミュレーション

フリマなどで雑多な収入があった場合に税金がどれくらいになるか収入別にシミュレーションしました。以下に表でまとめています。

1年間で10万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は0円です。
所得税0円、住民税が0円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。全額免除または納付猶予をした場合は保険料は0円になります。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約53,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。保険料が減額された場合には約14,000円になります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約-150,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で50万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は5,000円です。
所得税0円、住民税が5,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。全額免除または納付猶予をした場合は保険料は0円になります。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約69,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。保険料が減額された場合には2~5割減額されます。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約230,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で100万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約40,000円です。
所得税10,200円、住民税が約30,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。免除制度をした場合は保険料は軽減されます。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約120,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約640,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で200万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約176,000円です。
所得税約55,500円、住民税が約120,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約210,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約1,400,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で300万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約314,000円です。
所得税約104,000円、住民税が約210,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約300,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約2,200,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で400万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約500,000円です。
所得税約195,000円、住民税が約300,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約400,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約2,900,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で500万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約730,000円です。
所得税約338,000円、住民税が約390,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約493,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約3,580,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で600万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,000,000円です。
所得税約519,000円、住民税が約480,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約590,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約4,200,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で700万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,270,000円です。
所得税約700,000円、住民税が約570,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約680,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約4,850,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で800万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,540,000円です。
所得税約880,000円、住民税が約660,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約780,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約5,480,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で900万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約1,850,000円です。
所得税約1,090,000円、住民税が約760,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約820,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約6,130,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

1年間で1,000万円の収入を得たとき
※40歳未満・独身とした場合。
※結果がわかりやすいように経費は0円としています。
※収入は雑所得のみとして計算しています。
 

あなたの税金は? あなたにかかる税金は約2,180,000円です。
所得税約1,320,000円、住民税が約860,000円。
年金保険料は? あなたが支払う年金保険料は1年間で198,480円です。
国民年金に加入している場合。
国民健康保険料は? あなたが支払う保険料は1年間で約820,000円です。
※世田谷区で計算した場合。国民健康保険料はお住まいの市区町村で保険料は変わります。
あなたの手取りは? あなたの手取りは約6,800,000円です。
※金額はこちらのページでシミュレーションしました。

※サラリーマンなどは副業すると税金はいくら増える?のシミュレーション結果を参照。
※シミュレーション結果はおおよその金額です。

給料をもらっている方が副業で雑所得を得ているときの税金についてはこちらを参照

今回のコラムはここまでです。雑所得と税金の関係についてわかっていただけましたか?